「2つの国−6つの場所」、ベトナムと中国が観光の「黄金ルート」開設

2023/03/30 16:47 JST配信

 ハノイ市で28日、ベトナムと中国が「2つの国−6つの場所」と名付けた観光ルートのプロモーションを展開するための会議が開かれた。

(C) vtv
(C) vtv

 中国が3月中旬からベトナムへの団体旅行を許可したこともあり、会議には両国の旅行会社300社の代表者など、多数の関係者が出席した。

 「6つの場所」に指定されたのは、中国の昆明、紅河ハニ族イ族自治州、ベトナムの西北部地方ラオカイ省、ハノイ市、北部紅河デルタ地方ハイフォン市、東北部地方クアンニン省

 中国がベトナムへの団体旅行を許可して間もないことや、またベトナムのビザ制度緩和方針もあり、この観光ルートは、中国人観光客を迎えるための絶好の機会となりそうだ。

 コロナ禍を経て中国人の旅行ニーズにも様々な変化が見られており、両国の旅行会社は、体験をより増やす形で観光商品を一新する必要性があると認識している。

 ある中国の旅行会社の社長は、「中国人はベトナムに旅行に行くことをとても楽しみにしている。ベトナムは、ハロン湾のような魅力的な自然景観が多く、弊社でもすでに1000組ほどの申し込みがあった」と話す。

 また国内大手旅行会社ハノイツーリスト(Hanoitourist)のレ・ホン・タイ社長は、「体験型の商品を用意している。料金に見合う価値のある商品を提供し、顧客の満足度こそが、その尺度になると考えている」と話した。

 コロナ禍前は、中国がベトナムを訪れる観光客の30%あまりを占める「お得意様」だったこともあり、両国の各地方は、この観光プロモーションの早期展開に向けて連携を急ぐ。

 ベトナムは今年、年間800万人の外国人観光客の誘致を目指す。

タイトルとURLをコピー
[VTV 21:31 28/03/2023, F]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 ファム・ミン・チン首相は11日、離任の挨拶に訪れた山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使と会見し、ベ...
 株式会社マイナビグローバル(東京都千代田区)は15日、日本在留外国人の日本での就労意欲・特定技能への...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 東北部地方クアンニン省人民裁判所は12日、公式領収書の不正売買事件に関与したとして詐欺罪などに問わ...
 南中部沿岸地方クアンナム省在住のチャン・ビン・フオンさん(男性・32歳)は、もともと楽器の演奏者だっ...
 4月15日のホーチミン市場は、1274.02(▲0.20%)で寄り付いた後、プラス圏に浮上、1281.81(+0.41%)まで上...
 国防省傘下の携帯通信大手ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は11日、シンガポールの通...
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)傘下のサイゴン鉄道運輸会社(Saigon Railway Transport)は1...
 インドの航空会社エア・インディア(Air India)は6月1日から、首都ニューデリーとベトナム最大の人口を...
 地場系ティンタイングループ(Tin Thanh Group)は9日、品質認証・企業開発センター(QCC)との間で、温室...
 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の南部解放記念日(4月30日)とメーデー(5月1日)の祝日につい...
 アジア開発銀行(ADB)が11日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」によると、...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電
 世界で流行中の「バーンアウェイケーキ(Burn-away Cake)」はベトナムでも人気があり、多くのケーキ屋が...
 ハノイ市における2024年1~3月期のマンション販売価格は一次市場と二次市場の両方で共に急上昇したこと...
トップページに戻る