非現金決済に関する新政令、電子マネーを初めて定義

2024/05/24 15:55 JST配信
2024/05/27 10:10 JST最終更新
  • 越政府が非現金決済に関する新政令
  • 7月1日施行、電子マネーを初めて定義
  • 国内の決済アプリユーザーは3600万人

 政府は、非現金決済に関する政令第52号/2024/ND-CPを公布した。これは、政令第101号/2012/ND-CPと政令第80号/2016/ND-CPに置き換わるもので、7月1日に施行される。

イメージ写真
イメージ写真

 新政令によると、「電子マネー」は、電子マネー決済サービスを提供する商業銀行、海外銀行支店、決済代行サービス提供業者に顧客が前払いした金額に応じて電子的手段で保管される金額(ベトナムドン)と定義される。ベトナムの法規文書において、「電子マネー」が定義されるのはこれが初めて。

 「電子マネー決済サービス」とは、商業銀行、海外銀行支店、決済代行サービス提供業者が顧客に対して、決済アプリの登録口座への出入金および決済取引のために提供する一連のサービスのこと。

 電子マネーの保管手段としては、決済アプリとプリペイド(前払い)カードの2種類が認められる。商業銀行と海外銀行支店は、決済アプリとプリペイドカードを提供・発行することが可能。また、決済代行サービス提供業者は、銀行に開設した電子マネー決済を保証するための口座の残高合計が、顧客に発行された決済アプリでの登録口座の残高合計を下回らないようにしなければならない。

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、仮想通貨をはじめとした管轄機関の管理を受けない決済手段を排除するために、「電子マネー」について明確に規定する必要があるとしている。 

 2024年5月現在、国内では40社余りの決済アプリ業者が事業展開している。地場金融情報サービス大手フィングループ(FiinGroup)によると、国内では2023年末時点で、延べ約3600万人の決済アプリユーザーがいる。

 なお、中央銀行によると、仮想通貨に関する法規定は整備されておらず、禁止もされていない。ただし、中銀はビットコインなどの仮想通貨について、「電子マネーではなく、法定通貨の機能を果たすことはできない」と説明しており、合法的な決済手段としては認めていない。

[VTV 14:55 23/05/2024 / Thu Vien Phap Luat 10:33 23/05/2024 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 米クレジットカード大手ビザ(Visa)はこのほど、ベトナムのモバイル決済アプリ大手であるモモ(MoMo)、VN...
 40種類以上の電子決済アプリがあり熾烈な競争が繰り広げられている電子決済サービス業界は、電子商取引(eコマース=EC)の急拡大に伴い...
 アプリに関する市場データと分析ツールを提供している「data.ai」がこのほど発表した「ベトナムの金融...
 米国ニューヨークに本社を置く、ブロックチェーンソフトウェア技術企業コンセンシス(ConsenSys)は、次...
 コイン98インサイツ(Coin98 Insights)が先般発表した「ベトナム暗号市場レポート2022」によると、ベト...

新着ニュース一覧

 ファム・ミン・チン首相は13日、副首相4人の役割分担を決定した。これに先立つ6月上旬、日本留学経験が...
 ベトナム全国の映画館の興行収入データを分析するボックスオフィス・ベトナム(Box Office Vietnam)によ...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 ベトナムの子供向けMV「Mot Con Vit(童謡アヒルの歌)」がこのほど、YouTubeの再生回数10億回を突破した...
 UEFA EURO2024(ユーロ2024)が6月14日にドイツで開幕して、連日グループステージの熱戦が繰り広げられて...
 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業...
 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエ...
 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・テ...
 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領...
 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニ...
 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決...
 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032...
 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した...
 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)
 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後...
トップページに戻る