ソンドン洞窟、水中で新たな洞窟群を発見―タイの洞窟で少年救出したダイバーら

2019/04/11 16:02 JST配信

 北中部地方クアンビン省にある世界最大のソンドン洞窟が、現在確認されている以上に大きい可能性があることが分かった。同省人民委員会と英国洞窟研究協会(BCRA)、ソンドン洞窟の探検ツアーを運営するチュアメーダット社(オサリス=Oxalis)が、4月初旬に行った洞窟の潜水調査を報告する記者会見で明らかにした。

(C) vnexpress.net
(C) vnexpress.net

 ソンドン洞窟はこれまで地上部分の調査はされてきたが、水に浸かった部分については調査が行われていなかったことから、同省人民委員会がBCRAに依頼して今回の潜水調査が実現した。

 潜水チームはリック・スタントン氏、ジェイソン・マリンソン氏、クリス・ジュエル氏の英国人ダイバー3人からなり、英国人洞窟専門家のハワード・リンバート氏がサポートを行った。ダイバー3人は2018年に、タイの洞窟で起きた増水により18日間にわたり洞窟に閉じ込められた少年たちの救助活動にあたったことでも知られている。

 潜水チームは深さ60mで複数の洞窟が連なっているのを発見し、洞窟は深くなるほど大きくなっていることを発見した。深さ77m地点でボンベが酸素不足となり引き返したが、深さは100m以上に及ぶ可能性があるという。

 潜水調査にかかった費用は概算で5万3000USD(約590万円)で、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)が調査団の渡航費や調査に使用する設備機器の費用を支援した。

 報告会でマリンソン氏は、チームはこれまでに多くの洞窟を調査してきたがソンドン洞窟は未だかつてない規模で、今回の調査で洞窟の底までたどり着けなかったのが残念だとコメントした。次回の調査でチームは120mまで潜れるようボンベを使用する計画。

 同省の世界自然遺産フォンニャ・ケバン国立公園の一部となるソンドン洞窟は、1990年にベトナム人ガイドのホー・カイン氏が発見した後、2009年からリンバート氏らの調査チームが本格的な調査を行ってきた。これまでの調査で全長約9km、幅200m、最大高は240mに及ぶとされていたが、実際にはこれを大きく上回る規模である可能性が出てきており、今後の調査結果に期待が集まる。

[https://vnexpress.net/du-lich/chuyen-gia-phat-hien-them-he-thong-hang-ngam-bi-an-o-son-doong-3907006.html,https://www.afpbb.com/articles/-/3220192?cx_part=top_category&cx_position=1]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 北中部地方クアンビン省トゥエンホア郡ラムホア村共産党委員会のグエン・バン・フック書記はこのほど、...
 カナダの旅行雑誌「ザ・トラベル(The Travel)」はこのほど、「世
 英国洞窟研究協会(BCRA)はこのほど、3月3日から20日にかけて北中部地方クアンビン省で実施した2020年度...
 英紙ガーディアン(The Guardian)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で移動が制限される中、世界中...
 南中部高原地方ザライ省イアグライ郡イアデル村(xa Ia Der, huyen Ia Grai)で20日15時頃、地元警察と救...
 世界自然遺産フォンニャ・ケバン国立公園を擁する北中部地方クアンビン省で7月20日(土)から8月20日(火)...
 北中部地方クアンビン省の世界自然遺産フォンニャ・ケバン国立公園にある世界最大級のソンドン洞窟の容...
 地場ハイアウ航空(Hai Au Aviation)は、6月に開催される2019年クアンビン洞窟フェスティバルに合わせて...

新着ニュース一覧

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった...
 年をとっても子供や孫には迷惑をかけたくないと、グエン・ティ・ゴック・アインさん(女性・65歳)は昼夜...
 デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ(Agoda)」を運営するアゴダ・カンパニー(Agoda Company、シンガ...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 北海道札幌市で8月10日(土)と11日(日)の2日間、「ベトナムフェスティバルin札幌2024」が開催される。会...
 情報通信省はこのほど、「2025年までのベトナム移動通信ネットワークの品質向上計画」を承認した。同計...
 2024年1~6月期にベトナムから海外に派遣された労働者数は7万8640人で、前年同期から微増となり、年間...
 統計総局(GSO)による全国63省・市を対象とした2023年の世帯生活水準調査(確定値)によると、全国の1人当...
 ベトナム全国で多くの道路・橋梁プロジェクトを落札している建設会社トゥアンアングループ(Thuan An Gr...
 情報通信省はこのほど、ベトナムで海外の電子署名の認証サービスを提供する組織の認定、ベトナムにおけ...
 国会財政予算委員会のレ・タイン・バン常務委員(男・60歳)が、北部紅河デルタ地方タイビン省警察によっ...
 高齢者介護事業を手掛ける韓国のケアドク(Caredoc)はこのほど、ベトナムの4つの人材育成機関との間で、...
 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー
 トー・ラム国家主席は11日、ラオス公式訪問を開始した。13日までの日程でラオスとカンボジアを歴訪する...
 東北部地方バクザン省でジフテリアの感染者として確認されたM・T・Bさん(女性・18歳)と濃厚接触があっ...
 小型潜水艦の「チュオンサ号」や「ホアンサ号」を自主設計・製造したことで知られる実業家のグエン・ク...
トップページに戻る