1本の親指で生み出すメロディ、事故から再起した音楽家

2024/04/14 10:05 JST配信

 南中部沿岸地方クアンナム省在住のチャン・ビン・フオンさん(男性・32歳)は、もともと楽器の演奏者だったが、7年前に事故に遭って四肢が麻痺し、今は手の1本の親指しか動かすことができない。

(C) VnExpress
(C) VnExpress
(C) VnExpress
(C) VnExpress

 フオンさんはクアンナム省ホイアン市タインハー街区の農家に生まれ、姉とフオンさんの2人姉弟だ。幼いころから、クアンナム省の民謡や、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産にも登録されているベトナム中部の民俗遊び「バイチョイ(Bai Choi)」の歌に熱中し、様々な種類の民族楽器を演奏することができた。

 2014年、高校を卒業したフオンさんは、北中部地方トゥアティエン・フエ省にあるフエ音楽院の伝統音楽学部に入学し、二胡(ダンニ=Dan Nhi)を専攻した。しかし、2年生のときに家族の問題により退学し、ホイアン市に戻った。それからは、レストランやホテル、リゾートで二胡を演奏し、お金を稼いで家族を支えた。

 2017年11月末、ホイアン市は洪水に見舞われ、多くの道路が冠水した。そんな中、暗い夜にバイクで帰宅中だったフオンさんは事故に遭い、意識を失った。クアンナム省に隣接する南中部沿岸地方ダナン市にあるダナン病院の医師らは、脊髄損傷と診断。手術後は四肢麻痺となり、一生車椅子生活になるだろうとのことだった。

 フオンさんは人生の逆境に直面し、生活のすべてを母親に頼らざるを得なくなった。しかし、フオンさんは日々リハビリに励み、3年後には数歩歩くことができるようになり、親指1本を動かせるようになった。

 「毎日車椅子に座り、母に車椅子を押してもらって家の前に出て、通りを眺めていました。四方を壁に囲まれた部屋の中にいるときは、何をすべきだろうか、このまま家族の重荷になっていていいのだろうか、と自問していました」とフオンさん。

 フオンさんは将来について考え始めたが、方向性がわからなかった。フオンさんは本を書いてみたり、オンラインで商品を売ってみたりしたが、どれも行き詰まってしまった。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 01:19 23/03/2024, A]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 外国為替市場でベトナムドン安・米ドル高が進んでいることを受け、ベトナム国家銀行(中央銀行)のファム...
 米マイクロソフト(Microsoft)が先般発表した職場における人工知能(AI)導入状況に関する調査結果による...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 韓国女性家族省はこのほど、2020~2023年における国際結婚仲介業の利用者と、2022年末時点で事業者登録...
 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味と...
 ベトナム国内で電気自動車(EV)によるタクシーサービスが導入されてから、1年余りが経過した現在、全国...
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は6月25日、ハノイ市ノイバイ国際空
 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2024年1~5月期のFDI...
 金融・流通・クレジット業務を中心としたシステム構築およびコンサルティングなどを手掛けるエス・エー...
 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan ...
 商工省および複数の省・市における違反事件に関与したとして、同省傘下電力・再生エネルギー局のフオン...
 米クレジットカード大手ビザ(Visa)はこのほど、ベトナムのモバイル決済アプリ大手であるモモ(MoMo)、VN...
 ハノイ市警察は、同市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての...
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は25日、島根県の出雲縁結び空港か
 地場総合インターネットメディア運営会社VNGコーポレーション[VNZ](VNG C
トップページに戻る