WEF旅行・観光開発指数ランキング、越は119か国中59位

2024/05/24 16:30 JST配信
  • ベトナムはスコア3.96、19年比+3.2%上昇
  • 日本はスコア5.09で3位
  • 東南アジアトップはシンガポールで13位

 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2024年版旅行・観光開発指数(The Travel & Tourism Development Index 2024)」のランキングによると、ベトナムはスコアが3.96で世界119か国・地域中59位となった。2019年と比べると、順位は+4ランク上昇、スコアは+3.2%上昇した。

イメージ写真
イメージ写真

 日本はスコアが5.09で3位。2019年と比べると、順位は変わらず、スコアは▲0.3%低下した。

 同ランキングは、◇可能にする環境、◇旅行・観光に関する政策と可能にする諸条件、◇インフラストラクチャーとサービス、◇旅行・観光資源、◇旅行・観光の持続可能性の5分野の17項目を指数化したもので、数値が高いほど魅力的であることを示す。

 東南アジア各国の順位は、◇シンガポール:13位(スコア4.76)、◇インドネシア:22位(同4.46)、◇マレーシア:35位(同4.28)、◇タイ:47位(同4.12)、◇ベトナム:59位(同3.96)、◇フィリピン:69位(同3.84)、◇カンボジア:86位(同3.57)、◇ラオス:91位(同3.48)となっている。

 同ランキングのトップ10は以下の通り(カッコ内はスコア)。

◇1位:米国(5.24)

◇2位:スペイン(5.18)

◇3位:日本(5.09)

◇4位:フランス(5.07)

◇5位:オーストラリア(5.00)

◇6位:ドイツ(5.00)

◇7位:英国(4.96)

◇8位:中国(4.94)

◇9位:イタリア(4.90)

◇10位:スイス(4.81)

[World Economic Forum 21/05/2024, A]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2021年版旅行・観光開発指数(The Travel & Tourism Development I...
 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2019年版
 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2017年版旅行・観光競争力レポート(The Travel & Tourism Competi...

新着ニュース一覧

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業...
 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエ...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・テ...
 南部メコンデルタ地方ビンロン省チャーオン郡に暮らすグエン・トゥイ・チャンさん(女性・22歳)は、力強...
 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領...
 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニ...
 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決...
 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032...
 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した...
 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)
 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後...
 外国人観光客がベトナムを訪れた際に、よくお世話になる配車アプリ。少しハードルが高いかもしれないが...
 グローバルマーケティング事業を展開しているアウンコンサルティング株式会社(東京都千代田区)はこのほ...
 フィリピンのニノイ・アキノ国際空港で、オーバーステイの追加料金の支払いを請求されたベトナム人女性...
トップページに戻る