ラムドン省:リエンクオン空港が南中部高原地方初の国際空港に

2024/06/25 04:40 JST配信
  • リエンクオン空港が国際空港化
  • 当面は国内・国際線でターミナル共用
  • 30年までに第2旅客ターミナル建設

 交通運輸省の決定により、南中部高原地方ラムドン省リエンクオン空港は、22日より正式に国際空港としての運用が開始され、海外からの航空機および軍用機の受け入れが可能となった。同空港は、南中部高原地方で初の国際空港。

(C)Dan Tri
(C)Dan Tri

 インフラについて、同空港には現在、旅客ターミナルが一つしかなく、国内線と国際線で共用しているが、税関や国境警察、入国管理など国際線の旅客受け入れに必要なサービスを提供するための新区画を増設した。

 計画によると、2030年までに既存の第1旅客ターミナル(T1)の東側に年間旅客処理能力300万人の第2旅客ターミナル(T2)を新たに建設する。これにより、T1とT2を合わせた年間旅客処理能力を500万人に増やす。

 さらに2050年までにT2を拡張して年間旅客処理能力を500万人に引き上げ、 T1とT2を合わせた年間旅客処理能力を700万人に増やす方針。

[Dan Tri 09:07 23/06/2024 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 交通運輸省は、2050年までを視野に入れた2030年までの南中部高原地方ラムドン省リエンクオン国際空港改...
 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)はこのほど、交通運輸省に対して、2050年までを視野に入れた...

新着ニュース一覧

 ベトナムの最高指導者であるベトナム共産党グエン・フー・チョン書記長が19日に死去したことを受け、ジ...
 公安省捜査警察機関は19日、不動産デベロッパーであるクオッククオン・ザライ
 ベトナム共産党の葬儀委員会は、7月19日に80歳で死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社
 グエン・フー・チョン書記長が19日に死去したことを受けて、岸田文雄内閣総理大臣は同日、ファム・ミン...
 北中部地方クアンビン省人民評議会は、ドンホイ市バオニン村(xa Bao Ninh, TP. Dong Hoi)を走る道路を...
 国際的なオープンガバメント推進機関であるシンガポールのOpenGov Asiaが発表した2023年における東南ア...
 地場ブンタウ・ケーブルカー観光社(Vung Tau Cable Car Tourism)は先般開いた記者会見で、2019年10月か...
 フィンテック(ITを活用した金融サービス)事業を展開する韓国のウェブキャッシュ・グループ(Webcash Gro...
 南シナ海で現地時間21日午前、台風2号(アジア名:プラピルーン、日本では台風4号)が発生した。今後あま...
 情報通信省は、第4/5世代移動通信システム(4G/5G)の普及およびデジタル変革の一環として、第3世代移動...
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2024年6月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+21.9%増の...
 北部紅河デルタ地方ハイフォン市トゥイグエン郡(huyen Thuy Nguyen)と東北部地方クアンニン省クアンイ...
 ハノイ市で17日夜、2024年パリオリンピックに出場するベトナム選手団の出陣式が行われた。出陣式後、国...
トップページに戻る