ベトテル、顔認証に関する国際認証取得 ディープフェイク検出可

2024/06/25 13:17 JST配信
  • レベル2の顔認証ISO規格適合、国内初
  • 金融や保険、通信などの企業で導入済
  • 手続きの簡略化や時間短縮に寄与

 携帯通信大手の軍隊工業通信グループ(Viettel Group=ベトテル)は、オンライン本人確認サービス「Viettel eKYC (Viettel electronic Know Your Customer)」がISO認証機関Taylorcoxからレベル2の顔認証(Face ID)に関する国際認証「ISO 30107-3」を取得したと発表した。

(C)thanhnien
(C)thanhnien

 国内企業がレベル2の「ISO 30107-3」を取得したのはこれが初めて。Viettel eKYCは、ベトテル人工知能データサービスセンター(Viettel AI)が開発したもの。

 同システムは、約3000回のテストをクリアしており、紙やカードにプリントされた顔だけでなく、シリコンマスクや特殊スキャナー、ディープフェイク(AIを応用した映像合成技術)など高度なテクノロジーで作られた立体的なフェイクでも100%の精度で検出でき、本人が認識されないということもなかった。

 なお、ベトテルは、ICチップ入り身分証明による認証サービスを提供する公安省のパートナーにもなっている。Viettel eKYCは運用が始まった2020年から現在までに、金融や保険、通信など多くの企業のシステムに統合されており、事務手続きの簡略化や所要時間の大幅な短縮を実現している。

[Thanh Nien 10:31 24/06/2024 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 元国営4大銀行の一角で、みずほ銀行が資本参加するベトコムバンク[VCB](V
 VPバンク[VPB](VPBank)はこのほど、オンライン上で本人確認を完結する「eKYC(electron

新着ニュース一覧

 ベトナムの最高指導者であるベトナム共産党グエン・フー・チョン書記長が19日に死去したことを受け、ジ...
 ベトナム共産党の葬儀委員会は、7月19日に80歳で死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと...
 グエン・フー・チョン書記長が19日に死去したことを受けて、岸田文雄内閣総理大臣は同日、ファム・ミン...
 北中部地方クアンビン省人民評議会は、ドンホイ市バオニン村(xa Bao Ninh, TP. Dong Hoi)を走る道路を...
 国際的なオープンガバメント推進機関であるシンガポールのOpenGov Asiaが発表した2023年における東南ア...
 地場ブンタウ・ケーブルカー観光社(Vung Tau Cable Car Tourism)は先般開いた記者会見で、2019年10月か...
 フィンテック(ITを活用した金融サービス)事業を展開する韓国のウェブキャッシュ・グループ(Webcash Gro...
 南シナ海で現地時間21日午前、台風2号(アジア名:プラピルーン、日本では台風4号)が発生した。今後あま...
 情報通信省は、第4/5世代移動通信システム(4G/5G)の普及およびデジタル変革の一環として、第3世代移動...
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2024年6月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+21.9%増の...
 北部紅河デルタ地方ハイフォン市トゥイグエン郡(huyen Thuy Nguyen)と東北部地方クアンニン省クアンイ...
 ハノイ市で17日夜、2024年パリオリンピックに出場するベトナム選手団の出陣式が行われた。出陣式後、国...
 ベンタインツーリスト(BenThanh Tourist)は7月22日から、ホーチミン市無料ウォーキングツアーを催行す...
トップページに戻る