ベトナムビザの30日ルール廃止など、改正案に国会は概ね合意

2019/10/31 06:29 JST配信

 国会は29日、ベトナムにおける外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する草案について議論した。

イメージ写真
イメージ写真

 トー・ラム公安相はこの席で草案策定の背景や目的などについて報告し、この中で電子ビザ発給や外国人のビザ更新手続きの簡素化などの必要性を主張した。

 同法の改正案では、電子ビザ発給に関する条項を正式に取り扱うこととしている。発給対象国については政府が決定する。なお、電子ビザ発給は、2年間の試行に関する政令第7号/2017/ND-CP(2017年2月1日施行)と、同政令の一部項目を改正・補足する政令第17号/2019/ND-CP (2019年2月1日施行、2年間有効)のもとで既に試行されている。

 また、一定の条件を満たす沿岸経済区に入る目的で入国し、滞在期間が30日以内の外国人に対してビザを免除する。条件は、◇国際空港を有すること、◇明確な地理的境界があること、◇外部と区別されていることなど。

 さらに、「外国人がベトナムのビザ免除措置を利用してベトナムに再入国する場合、前回の出国日から再入国日までの期間を30日以上あけなければならない」とする規定も廃止される。

 このほか、外国人が就業先との雇用契約のもとベトナムで働き、後から労働許可証(ワークパーミット)を取得し、入国目的変更のためビザ更新の必要性が生じた場合の手続きも簡素化される見通しだ。

 一部議員からは、入国条件を緩和することで外国人が国防・安全保障・治安を乱す問題の悪化につながるとの懸念もあがっていたが、国会は「国際統合や経済発展、社会発展にプラスに働く」、「損より利が大きい」としてこの案で概ね一致している。

ベトナムの観光・ビジネスビザ、レジデンスカード、労働許可証の取得はお任せください。

詳細はこちら

 

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 17:10 29/10/2019 / Bao Chinh Phu 16:43 29/10/2019, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 2008年、ベトナムから日本に留学することがまだ一般的ではない時期、あるベトナム人の学生が日...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する13日午後の発表によると、5省・...
 ハノイ市人民委員会は、13日正午から集団でのスポーツ活動の停止および市内全てのゴルフ場とゴル...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する13日正午の発表によると、7省・...
 ホーチミン市教育訓練局は12日午後、受験生に該当する9年生(中学4年生=日本の中学3年生に相...
 韓国のシネマコンプレックス(シネコン)大手CJ CGVは、2021年1~3月期に連結売上高1725...
 公安省ハイテク犯罪防止サイバーセキュリティ局(A05)は北部紅河デルタ地方ハナム省警察と協力...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第4波が流行する中、卒業試験の時期を迎える高校3...
 韓国最大のフードデリバリーアプリを提供する韓国系スタートアップ企業、ウーワブラザーズ(Woowa B...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する13日午前の発表によると、5省・...
 政府官房は11日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する政府会合でのファム...
 ベトナム映画「走れロム」の日本公開日が、当初予定の6月11日(金)から7月9日(金)に変更と...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は金融機関宛てに公文書第3029号/NHNN-TTGSNHを送付し、不...
 情報通信省はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防啓発を広く国民に呼び...
 南中部沿岸地方クアンガイ省人民委員会は、ファム・ミン・チン首相に対し、同省のリーソン島に空港...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited