日系15社がベトナムに生産移転へ 海外サプライチェーン多元化支援事業で

2020/07/22 03:34 JST配信

 日本貿易振興機構(ジェトロ)はこのほど、サプライチェーンの脆弱性への対策および日本・ASEAN経済産業協力関係の強化を目的とした海外サプライチェーン多元化等支援事業の第1回公募に採択された30社を発表した。

(C) cafef
(C) cafef

 それによると、30社は生産拠点を中国から東南アジア諸国にシフトし、政府から補助金を受けることになっている。移転先を見てみると、ベトナムが15社で最多。以下、タイが6社、マレーシアが4社、フィリピンが3社、インドネシアが1社、ミャンマーが1社と続いた。

 ベトナムに移転する15社のうち9社が中小企業、6社が大企業。製造品別では、医薬製造機器や医療用防護服・ガウン、医療用フェイスシールドなどの医療関連製品を生産する企業が全体の半分近くにあたる7社に上る。この他には、パワーモジュール部品やレアアースマグネット、半導体製造装置部品、エアコン部品などの製造企業も含まれる。

 なお、日本政府は東南アジアへの移転支援に向けて235億円を拠出するとしている。

Clip to Evernote
[Zingnews 11:26 19/07/2020 / Cafef 07:26 20/07/2020 U]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 アビームコンサルティングは日本発、アジア発のグローバルコンサルティングとして1981年4月の...
 成田国際空港到着時に受けた新型コロナウイルス検査で陽性が判明したベトナム帰りの日本人男性N・M...
 保健省はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療計画の第4次改定版で、感染...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波がベトナムを直撃している中、スマートロッ...
 商工省はこのほど開かれた政府定例会合で、2021年年初から生活用電気料金の算出方法を改定する...
 保健省と建設省の専門家らは5日午後、南中部沿岸地方ダナン市に設置したティエンソン野戦病院(benh...
 北部紅河デルタ地方バクニン省警察は5日、バクニン市ボークオン街区(Phuong Vo Cuong,...
 ベトナムで旅行事業を手掛けるHISベトナム(H.I.S. Song Han Tourist)は、菅沼グループ...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波により大きな打撃を受けている南中部沿岸地...
 保健省の5日午後6時と6日午前6時の発表によると、ベトナム国内で新たに計45人が新型コロナウ...
 ホーチミン市で10月に開幕する予定だった国内最大のオートサロン「ベトナムモーターショー2020(V...
 ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)傘下の総公社3社は...
 グエン・チュオン・ソン保健次官は6日午前、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染...
 創業38年の化粧品メーカーで、化粧品・健康食品の製造販売および海外輸出やOEM企画、日本国内...
 日本経済新聞およびマークイット社が発表した2020年7月のベトナム・日経PMI(製造業購買担...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)
上に戻る