ベトナムで初の特定技能1号評価試験を実施、建設分野

2021/02/19 03:19 JST配信

 日本の建設業の新たな担い手として期待される外国人材を即戦力として受け入れるため、他の分野に先駆けて建設分野の特定技能1号評価試験がベトナムで3月23日(火)に実施される。これは、日本の在留資格「特定技能1号」を建設分野で取得するために必要な試験となる。

イメージ写真
イメージ写真

 日本では、深刻化する人手不足に対応するため、2019年4月より14の特定産業分野で外国人技能労働者を就労者として日本人と同等の待遇で受け入れる、在留資格「特定技能」による受け入れがスタートした。

 このうち、技能労働者の高齢化が進む建設業では現在1319人が就労している。ただし、ほぼ全てが未経験者として訪日し、技能実習を通じて教育を受けてきた人材で、これまで建設分野で即戦力として国外から直接技能労働者を受け入れたことはなかった。

 今回、3月9日・10日のフィリピン(「電気通信」職種)と3月23日のベトナム(「鉄筋施工」職種)での試験が即戦力人材の受け入れの皮切りとなる。

 試験実施主体は建設技能人材機構(JAC)、試験会場は第一建設短期大学(ハノイ市)、定員は30人。申し込み期間は2月18日(木)から25日(木)正午(ベトナム時間)まで。受験料は75万5000VND(約3500円)となる。

 なお、ベトナムでは試験に先立ち、現地の教育訓練校で2月下旬より技能教育訓練が実施される。今後、試験の合格者は国土交通省の計画審査や出入国在留管理庁の在留資格審査などを経て、最短で今年の夏より就労を開始する見込み。

Clip to Evernote
[2021年2月18日 国土交通省報道発表 / 2021年2月18日 在ベトナム日本国大使館プレスリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 年2回主要なベトナム大手企業の業績・情報を更新する「2021年度下半期版 ベトナム上場企業 T...
 新型コロナウイルスワクチンの共同調達に関する国際的な枠組みである「コバックス・ファシリティ(C...
 第54回ASEAN外相会議(AMM-54)が2日、オンライン形式で開催され、ASEAN加盟10か国の外...
 卸売業者で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したこと...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)はこのほど、決済サービス料...
 国内最大手の格安航空会社ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2021年4
 ホーチミン市では7月26日以降、配達・宅配サービスについて、1つの区・郡またはトゥードゥック...
 新型コロナの国内第4波の感染が広がっているホーチミン市はこのほど、ワクチン接種の加速を目指し...
 掲示板監視・投稿監視等のアウトソーシングサービスを手掛けるイー・ガーディアン株式会社(東京都...
 保健省の3日午前の発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は前日...
 保健省は2日朝、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として各自治体が独自の判断で...
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)によると、7月31日の時点で保健省からホーチミン市に...
 ベトナム政府はこのほど、電気料金値下げ案に関する政府決議第83号/NQ-CPを公布した。値下...
 ハノイ市のドンドー私立大学(Dong Do University)が違法に学生を募集し、多数の大学卒...
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2021年1~7月期に全国で新規設立された企業は...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited