丸紅、ベトナムでフロン類回収・破壊事業を開始 専焼炉導入

2021/04/29 13:18 JST配信

 丸紅株式会社(東京都中央区)は、北部紅河デルタ地方バクニン省のトゥアンタイン社(Thuan Thanh)廃棄物処理場でフロン類の回収および回収後の破壊事業を開始する。

(C) 丸紅
(C) 丸紅

 同事業は、日本の環境省の「二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism=JCM)を利用した代替フロン等の回収・破壊プロジェクト補助事業」(採択年度:2018年度~2020年度)のもとで行うもの。

 これに先立ち丸紅は、廃棄家電や大型空調設備、廃棄自動車などから回収するフロン類の破壊を目的とした専焼炉を途上国で初めて導入し、試運転を行った。今後、事業の有効性を確認し、クレジットの獲得を目指すとともに、ベトナムでのフロン類回収・破壊スキームの普及を目指す。

 丸紅は、京都議定書第一約束期間(2008年~2012年)において、中国でCDM(途上国が実施する温室効果ガス(GHG)排出量削減への取り組みを先進国が資金や技術で支援し、達成したGHG削減分を先進国のGHG削減の一部に充当することができる制度)プロジェクトに登録されたフロン類破壊事業を行い、年間600万tのGHG削減を実現し、日本の京都議定書の目標達成に貢献した。

 今後もベトナムをはじめとした途上国で日本企業の協力を得ながら、廃棄家電や大型空調設備、廃棄自動車などからのフロン類の回収数量を増やすとともに、規制やクレジット化によるインセンティブを活用した回収・破壊スキームの確立を目指す。

Clip to Evernote
[2021年4月26日 丸紅株式会社ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
VIETJOでは顧客サポートをお手伝い頂ける日本人スタッフを募集しています。 【パー...
 新型コロナウイルスワクチンの海外からの納入が遅れ、国内の供給量が限られているものの、保健省は...
 ロシアのネットセキュリティ大手カスペルスキー(Kaspersky)が先般発表したデータによる...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防止国家指導委員長を務めるブー・ドゥック・ダム副...
 グエン・タイン・ロン保健相は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第4波が急拡大し...
 地場コングロマリット(複合企業)フェニカーグループ(Phenikaa Group)は、路線バス情報...
 公安省刑事警察局はこのほど、ホーチミン市警察と協力して警察官100人を動員し、国内19か所の...
 文化スポーツ観光省はこのほど、「ベトナムの有形文化遺産」をテーマとした第1回ベトナム文化遺産...
 日本の財務省が発表した2021年5月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する16日午後の発表によると、6省・...
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する16日正午の発表によると、5省・...
 ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)はこのほど、2020年にビットコ...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が拡大していることを受け、ホーチミン市の旅...
 石油・ガソリン小売大手のPVオイル[OIL](PV Oil)はこのほど、新型コロナ
 スピーカや音響機器・電子機器の製造・販売を手掛けるフォスター電機株式会社(東京都昭島市)は、中...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited