明電舎、ベトナム配電盤メーカーに追加出資 社名変更も

2021/04/29 03:01 JST配信

 電力・エネルギー事業などを手掛ける株式会社明電舎(東京都品川区)のシンガポール全額出資子会社である明電アジア(Meiden Asia)は28日、ベトナムの配電盤メーカーであるベトスター・インダストリー(Vietstar Industry、ホーチミン市)に増資を行い、同時にベトスターの社名変更を決定した。

(C) 明電舎
(C) 明電舎

 明電アジアは2020年、ベトナム電力市場への参入とメコン地域での業容拡大を目的として、ベトスター株44.8%を取得した。今回の追加出資により、出資比率は69.7%となり、これに合わせて社名を「ベトスター明電(Vietstar Meiden)」に変更した。

 ベトスターは、主に低電圧・中電圧の配電盤を製造・販売しており、ベトナム国内の電力会社と民需分野に強力な商流を持ち、ベトナムメーカーとしてはトップクラスの位置付けにある。

 今回の増資と社名変更により、ベトスターの商流・生産能力を最大限に活用し、明電グループとしてベトナム電力市場への参入を図るとともに、ベトスター明電をメコン地域での基幹製造拠点と位置付け、バリューチェーンを強化していく。

Clip to Evernote
[2021年4月28日 株式会社明電舎ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 「ザ・ミナト・レジデンス(The Minato Residence)」は、ベトナム北部最大の港湾都市で...
 地場ナノゲン社(Nanogen、ホーチミン市)が開発中の新型コロナウイルスワクチン「ナノコバ...
 東北部地方ハザン省バッククアン郡ベトクアン町(thi tran Viet Quang, huyen Bac Quan...
 世界銀行(WB)グループの国際金融公社(IFC)によると、ベトナムにおける新型コロナウイルス...
 ホーチミン市新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会は、市内のホテルを必要...
 ハノイ市情報通信局はこのほど、市内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を補助す...
 仏アコーホテルズ(AccorHotels)はこのほど、南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市に...
 ブー・ドゥック・ダム副首相はこのほど、南部メコンデルタ地方カントー市における集中技術情報区の...
 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、ハノイ市内に常設の日本産食品サンプルショールームを設置して現...
 保健省によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により5355人目の感染者(男性・7...
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2ha...
 保健省によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により4118人目の感染者(女性・6...
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生以降、日本国内では急速にデジタルトランスフォ...
 南部メコンデルタ地方ドンタップ省ライブン郡(huyen Lai Vung)にある第2ライブン高校...
 保健省によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により4115人目の感染者(女性・6...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited