サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに

2021/06/13 10:32 JST配信

 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェックイン」スポットの1つとなっている。

(C) dantri
(C) dantri
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 この農園には各地から毎年3万人が訪れ、イチゴ狩りを体験している。最新技術を使った温室栽培が行われ、農薬や化学物質も使われていないため、イチゴは高品質かつ安全で、農園で摘んだイチゴをその場ですぐに食べることができる。

 この農園はサパで初めての大規模ハイテクイチゴ農園でもある。毎年15~16tが収穫でき、年間売上高は30億VND(約1440万円)に上る。

 このハイテクイチゴ農園は、ドー・ティ・キム・ズンさんとトゥアン・ギアさん夫婦が5年の歳月をかけて形作ったものだ。ギアさんは中国のホンハー学院で農業工学を学んでいた。

 2016年に夫婦と友人2人で資金を出し合ってイチゴ農園を開いたが、経験も技術的な知識もなかったため、イチゴは病気で腐ってしまった。それでも、費用を収益でカバーできたことは幸いだった。

 夫婦はその年の経験を生かし、翌年には自作の竹製ネットを使ったハウス栽培を始め、新しい品種の栽培の試行も続けた。しかしながら、まだ技術的な知識が十分でなかったため、収穫量は少なく、果実も酸っぱくなり、多くの病害虫の被害にも遭った。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Dan Tri 14:30 07/05/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 年2回主要なベトナム大手企業の業績・情報を更新する「2021年度下半期版 ベトナム上場企業 T...
 新型コロナウイルスワクチンの共同調達に関する国際的な枠組みである「コバックス・ファシリティ(C...
 第54回ASEAN外相会議(AMM-54)が2日、オンライン形式で開催され、ASEAN加盟10か国の外...
 卸売業者で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したこと...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)はこのほど、決済サービス料...
 国内最大手の格安航空会社ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2021年4
 ホーチミン市では7月26日以降、配達・宅配サービスについて、1つの区・郡またはトゥードゥック...
 新型コロナの国内第4波の感染が広がっているホーチミン市はこのほど、ワクチン接種の加速を目指し...
 掲示板監視・投稿監視等のアウトソーシングサービスを手掛けるイー・ガーディアン株式会社(東京都...
 保健省の3日午前の発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は前日...
 保健省は2日朝、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として各自治体が独自の判断で...
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)によると、7月31日の時点で保健省からホーチミン市に...
 ベトナム政府はこのほど、電気料金値下げ案に関する政府決議第83号/NQ-CPを公布した。値下...
 ハノイ市のドンドー私立大学(Dong Do University)が違法に学生を募集し、多数の大学卒...
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2021年1~7月期に全国で新規設立された企業は...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited