ベトナムの富裕層、海外不動産への投資需要が急増

2024/05/28 17:37 JST配信
  • 富裕層向け不動産管理会社2社が市場参入
  • 海外不動産投資を希望する富裕層が急増
  • ベトナムの高級不動産市場も急成長

 今年に入ってから、世界の富裕層向け不動産管理会社2社がベトナム市場に参入した。英国のサヴィルズ・ザ・プライベート・オフィス(Savills The Private Office)とクリスティーズ・インターナショナル・リアルエステート(Christie’s International Real Estate)で、いずれもベトナムについて、海外不動産への投資を希望する富裕層が急増している新興市場だとみている。

(C) znews
(C) znews

 サヴィルズ会長のジョナサン・ヒューレット(Jonathan Hewlett)氏によると、裕福なベトナム人の最初のニーズは英語圏に海外留学する子どものための住宅の賃貸または購入で、その次は子どもが卒業した後の海外定住のための不動産投資だという。

 同社のプライベート部門が東南アジアに進出したのは、タイとシンガポールに次いでベトナムが3か国目となる。ヒューレット氏は進出の狙いについて「ベトナム市場が有する潜在的可能性とチャンスをつかむため」と強調した。

 クリスティーズで欧州・中東・アフリカ・アジア・太平洋地域を兼任する責任者ヘレナ・モヤス・デ・フォートン(Helena Moyas de Forton)氏は、「ベトナムは世界で最も急速に成長している高級不動産市場の一つで、国内外からの投資で数十の高級物件があり、世界の富裕層の投資先になっている。一方で、海外の不動産投資を希望するベトナムの富裕層が増加している」との認識を示した。

 クリスティーズは、ベトナムの富裕層向けにロンドン(英国)やパリ(フランス)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、オーストラリア、米国などの市場を中心に物件を紹介するサービスを展開する方針だ。

[Znews 06:00 27/05/2024, O]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 ホーチミン市1区グエンフエ通り68番地で6日、「阮(グエン)朝王宮博物館」と「ベトナム54民族宝飾品博物...
 金融系サイト「InsiderMonkey」がこのほど発表したアジアの美女大国トップ20によると、ベトナムは韓国...
 日刊紙「中央日報」などを擁する韓国のメディア企業である中央グループ(JoongAng Group)傘下のテレビ局...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 北部紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡ソンホー村に暮らすブー・ミン・ハンさんは、愛車の「ミ...
 財政省は、政府に提出した特別消費税法改正案の中で、ビール・アルコール類の特別消費税(SCT)をロード...
 韓国電力公社(KEPCO)とベトナム電力グループ(EVN)はこのほど、気候変動に対応する新技術、および次世代...
 中国の大手自動車メーカーである奇瑞汽車(Chery Automobile)傘下のオモダ&ジェコ自動車(Omoda & Jaeco...
 11日に行われた米国カリフォルニア州サンフランシスコ市当局の投票の結果、ベトナム語が同市の公用語の...
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、ニャチャン湾内の4区域でのダイビング活動の試行案...
 調査会社スタートアップブリンク(StartupBlink)が発表した「グローバルスタートアップエコシステムイン...
 インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によると、ベトナムと海外を結ぶ光海底ケーブル5本のうち...
 労働傷病兵社会省児童局のダン・ホア・ナム局長は、このほど開かれた児童労働の防止をテーマとしたセミ...
 欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)に輸入されるベトナム製の即席めんを含む輸入食品に対する規制を7月2日...
 英国タイムズ紙(The Times)が発行する高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(The Time...
 デシジョンラボ(Decision Lab)が発表した「2024年のトラベルブランドランキング」によると、
トップページに戻る