IT業界の人材不足が深刻化、20年は10万人不足

2019/12/13 15:15 JST配信

 情報技術(IT)分野の求人サイト「トップデブ(TopDev)」によると、ベトナムではIT業界の人材不足が深刻化しており、2020年には10万人が不足すると見込まれている。

イメージ画像
イメージ画像

 2020年のIT人材需要は40万人の見込みだが、供給はその75%にあたる30万人程度に留まる。さらに2021年には19万人が不足する見通しだ。

 この背景には、企業が生産性の向上に向けてデジタルトランスフォーメーションを進めていること、また公共セクターも透明性の向上と腐敗防止に向けて電子政府事業を積極的に推進していることがある。

 こうした中、ベトナムを代表するIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)は需要に対応すべく、向こう3年でIT人材1万~2万人を新たに採用する計画だ。

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)もこのほど、小売り部門を譲渡し、ITと製造分野に注力する方針を明らかにした。同社は既に大学50校に対し10万人ものIT人材の育成を依頼している。

 国営セクターをみてみると、ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)はIT人材1500人を雇用しているが、2025年までにさらに5000人を新たに採用する。また、国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)も毎年500~1000人を採用する方針だ。

 なお、教育訓練省によると、全国の大学235校のうち153校がIT人材育成コースを設けている。毎年約5万人がコースを卒業しているが、すぐに仕事についていける卒業生は3割程度に留まり、残る7割についてはさらなる研修が必要だという。

タイトルとURLをコピー
[Bao Dau Tu 08:21 10/12/2019, A]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 情報技術(IT)分野の求人サイト「トップデブ(TopDev)」によると、2021年4~6月期までのIT業界の月給は、...
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下でベトナ...

新着ニュース一覧

 ハノイ市人民委員会は、家屋などの識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入する計画を発表した。 ...
 スーパーマーケット事業を手掛ける株式会社ヤオコー(埼玉県川越市)は、 今後の成長戦略の布石として地...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)はこのほど発表したベトナムのマクロ経済に...
 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社
 ベトナムを代表する情報技術(IT)最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation
 西北部地方イエンバイ省イエンビン郡(huyen Yen Binh)にあるイエンバイセメン
 栃木県は、ハノイ市に「とちぎベトナムサポートハブ(とちぎハブ)」を開設し、24日より活動を開始した。...
 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)グループの日本法人F
 金属プレス加工や部品組み立てなどを手掛ける河政工業株式会社(東京都葛飾区)は、北部紅河デルタ地方バ...
 国会常務委員会は20日、第15期(2021年~2026年任期)国会の第7回会議の会期を5月20日から6月8日までと6...
 台湾の大手自転車製造メーカーのジャイアント(Giant)は22日、ベトナム事業拡大を目的に、1億2000万USD(...
 MIRARTHホールディングス株式会社(東京都千代田区)のグループ会社である株式会社タカラレーベン(東京都...
 南中部沿岸地方ダナン市ダナン国際空港の国際線ターミナルを運営するダナン国際ターミナル投資開発(Da ...
トップページに戻る