国内線の搭乗条件を大幅緩和、ワクチン未接種でも搭乗可

2021/10/22 16:57 JST配信

 交通運輸省が20日に発出した、10月21日から11月30日までの国内線運航に関する決定第1840号/QD/BGTVTでは、国内線の乗客に対する搭乗条件が大幅に緩和されている。

(C) dantri
(C) dantri

 10月10日から20日までの期間に適用された旧規定では、乗客は2回のワクチン接種を完了し、最後の接種から14日以上が経過していること、または6か月以内に新型コロナに感染して回復済みであること、さらに搭乗前72時間以内の新型コロナウイルス検査(PCR検査または抗原検査)で陰性であることが条件だった。

 一方、新たに出された決定第1840号によると、搭乗前にレベル4(超高リスク)のレッドゾーン、または隔離・封鎖区域に滞在していた乗客、またタンソンニャット国際空港(ホーチミン市)、カントー国際空港(南部メコンデルタ地方カントー市)を出発する便の乗客は、搭乗前72時間以内の新型コロナウイルス検査で陰性を証明する必要があるが、ワクチン接種は求められない。

 その他の乗客は、以下のいずれかの条件を満たす必要がある。

◇ワクチン接種完了(搭乗日から逆算して1年以内に接種し、最後の接種から14日以上が経過していること)

◇6か月以内に新型コロナに感染して回復済み

◇搭乗前72時間以内の新型コロナウイルス検査(PCR検査または抗原検査)で陰性

 なお、乗客は搭乗にあたり健康申告を徹底しなければならない。咳や発熱、息苦しさ、筋肉痛、喉の痛み、味覚障害などの症状がある場合は搭乗を禁止する。機内では常にマスクを着用し、手指消毒を心がけ、他人との接触を控えなければならない。

Clip to Evernote
タイトルとURLをコピー
[VOV 07:24 21/10/2021 / Dan Tri 22:26 20/10/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項

新着ニュース一覧

 Webセミナー参加申込はこちら  電子サインセミナー第2弾!富士フイルムビジネスイノベ...
 2020年2月に週刊ベッター編集部から刊行された、製造関連企業向け「調達ガイドブック」と「調...
 交通運輸省は11月30日、12月1日以降の国内線の増便を決定した。中でもハノイ市、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン...
 ホーチミン市人民委員会は1日、市内の小中学校・高校の対面授業を再開すると発表した。  計画によると、市内の小...
 ブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」を開発したベトナムのスタートアップ企...
 香港の市場調査会社カウンターポイント・リサーチ(Counterpoint Research)が発表した2021年7~9月におけるベトナム国...
 在ベトナムの米国商工会議所(AmCham Vietnam)が先般発表した調査結果によると、米国企業の80%近くがベトナムの中長期...
 双日株式会社(東京都千代田区)はこのほど、国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM
 外貨取扱業務に強みを持つ中堅銀行マリタイムバンク[MSB](Maritime Bank)
 東南アジア金融投資貿易協力研究所(SEAFIT)は28日、ベトナム4.0企業協会を設立すると発表した。  ベトナム4.0企業...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の外国人訪問者数(推定値)は前月比+42.4%増の1万5030人で、前年同月比で▲15.2%減...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の小売売上高(推定値)は前月比で+6.2%増、前年同月比では▲12.2%減の397兆0700億V...
 統計総局(GSO)の発表によると、11月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率(推定値)は前月比で+5.5%増、前年同月比では+5.6%...
 ハノイ市党委書記の#nolinkディン・ティエン・ズン氏は29日午後、党常任委員会が学生の対面授業再開について検討し意...
 スイス系総合人財サービス企業アデコグループ(Adecco)のベトナム現地法人、アデコベトナム(Adecco Vietnam)が先般実施...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited