韓国人との国際結婚、ベトナム人妻が約3割占め4年連続で最多

2020/11/10 05:23 JST配信

 韓国統計庁の発表によると2019年、妻か夫が外国人もしくは帰化者である国際結婚夫婦のうち妻の国籍ではベトナムが最多となった。

イメージ画像
イメージ画像

 国際結婚総数は2万4721件で前年比+4.0%増え、全体の婚姻数が23万9159人で▲7.2%減少したのと対照的となった。国際結婚では男性が年上の夫婦が78.5%に上り、年齢差10歳以上の夫婦が42.0%と最多を占めた。婚姻時の年齢が男性で45歳以上(29.5%)、女性で20代後半(25.8%)がもっとも多い点も明らかになっている。

 韓国を除く配偶者の国籍をみると、妻では30.4%のベトナムがもっとも多く、夫では中国(8.2%)、米国(6.1%)、ベトナム(2.6%)の順となった。ベトナム人妻は2016年から4年連続で最多を占めている。

 国際結婚夫婦に生まれた子どもは▲0.8%減の1万7939人。うちベトナムは母親の国籍でもトップとなる38.2%を占めた。ベトナム人母は数値が発表されている2009年から30%以上の高水準でトップを維持している。一方、ベトナム人父は中国(8.0%)と米国(4.3%)に続く3.5%。0.2%だった2012年から増え続けている。

 離婚数は▲3.8%減の9868件だった。離婚したベトナム人妻は中国(37.8%)に次ぐ26.5%に上る。ベトナム人夫は4番目となる1.1%だった。妻の離婚率は10.0%だった2009年以来、夫は0.1%だった2013年以来、それぞれ増加を続けている。

Clip to Evernote
[韓国統計庁 12:00 05/11/2020, S]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 昨年から続いているコロナ禍は、国内外の経済縮小により生産・受注減を引き起こしています。さらに...
 TAGGER TRAVELでは日本からベトナムへの渡航希望の方に向けた特別入国許可申請の代行...
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会(市役所)は、公的予算以外の資金を原資とする投資案件について...
 野村不動産ホールディングス株式会社(東京都新宿区)は1日、連結子会社であるベトナムの現地法人N...
 株式会社熊谷組(東京都新宿区)は、フランスを拠点に全世界15か国でエネルギー事業を手がけるQA...
 2020年におけるベトナムの新車自動車販売台数は前年比▲8%減の40万7487台で、タイ、イ...
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、地場ソビコ・カインホア(Sovico Khan...
 ベトナム国家大学ハノイ校の7番目の傘下大学で、日越共同の高等教育機関として2016年9月に開...
 2月28日午後17時30分ごろ、ハノイ市タインスアン区にあるマンション「グエンフイチュオン60B...
 ハノイ市で2月27日午前、人民軍および人民公安への新兵入隊式が行われた。今回は市内の30区・郡...
 公安省刑事警察局は東北部地方カオバン省で25日夜、中国への違法な新生児売買ルートを摘発した。...
 日本経済新聞およびマークイット社が発表した2021年2月のベトナム・日経PMI(製造業購買担...
 統計総局(GSO)の発表によると、2月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率は前月比で▲21.1%、...
 統計総局(GSO)の発表によると、2月の外国人訪問者数は前月比▲38.3%減の1万0950人で、...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は3月1日、対USD銀行間為替レート(中銀公定レート)を、前回(2...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited
上に戻る