ベトナム遠征の独ドルトムント、封鎖されているはずの「線路沿いカフェ」で写した写真が物議

2022/12/01 14:24 JST配信

 サッカードイツ1部の強豪ボルシア・ドルトムントが東南アジアツアー最終目的地であるベトナム・ハノイ市を29日と30日の両日に訪問した。29日には、ドルトムントの面々がハノイ市内でファンとの交流や市内観光を行ったが、その際に撮影された写真が物議を醸している。

(C)thanhnien
(C)thanhnien

 問題の写真は、観光客に人気を集めていた「線路沿いカフェ」の一帯で29日午後に撮影されたものだ。30日にFacebookに投稿された写真では、選手らが線路の真ん中に椅子を置いてくつろいでいる姿が写されていた。選手たちのすぐ傍には、「危険区域、集合禁止、レール内と両側への座席設置を禁ずる」と書かれたベトナム語の標識があった。

 「線路沿いカフェ」では、写真を撮るために、線路内に立ち入る観光客が非常に多かったことから、ホアンキエム区人民委員会が、鉄道制限区域に面するすべての店舗の営業許可証を取り消し、「線路沿いカフェ」を封鎖していた。

 写真が投稿された直後から、ネット上では、「封鎖されているはずの線路沿いカフェに立ち入って写真が撮れるのはどういう理由?」などの書き込みが相次いだ。

 調べによると、ドルトムントの選手たちが訪れたのは、ホアンキエム区クアナム(Cua Nam)街区にあるトアカフェ(quan ca phe Toa)。今回の騒動を受けて、クアナム街区人民委員会は、写真撮影が行われた喫茶店に行政処分を下して営業停止とする方針を示している。

 30日には当局が問題の喫茶店を訪れて、店の横側の線路沿いスペースに敷いてあったタイルを粉々に砕いたほか、バリケードを設置して線路に立ち入りできないように封鎖した。

 地元当局の調査によると、ドルトムント側の広報がベトナムを象徴する写真を撮影したいとし線路沿いカフェでの撮影に臨んだ。選手たちはコーヒーを飲まず、ただ言われたとおりに線路沿いに座って写真を撮影して、数分でその場を去った。

 問題の喫茶店は、以前に営業許可証を取り消した「線路沿いカフェ」30軒に含まれていなかったため、その後も営業を続けていたという。

 なお、ドルトムントは30日、同市にあるミーディン国立競技場でベトナム代表と親善試合を実施。ドルトムントは先制したものの、前半のうちに同点とされると、試合終了間際にベトナム代表にPKを決められて1-2で逆転負けを喫している。

タイトルとURLをコピー
[Thanh Nien 10:16 30/11/2022, 14:20 30/11/2022 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 19日正午ごろ、ハノイ市バーディン区ディエンビエンフー街区にあるチャンフー(Tran Phu)通りとリーナム...
 交通運輸省傘下のベトナム鉄道総公社(Vietnam Railway=VNR)は12日、ハノイ市人民委員会宛てに公文書を...
 交通運輸省の要請を受けて、ハノイ市当局は2019年10月10日、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)...

新着ニュース一覧

 監督作品の興行収入の合計がベトナム人として初めて1兆VND(約61億円)を超えた映画監督としても知られる...
 フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は3月2日(土)から、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタ...
 ホーチミン市は、2024年の市人民委員会・人民評議会庁舎(1区レタントン=Le Thanh Tong通り86番地)の一...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 ベトナムで最大規模の刑務所として知られる南中部沿岸地方ビントゥアン省のトゥードゥック(Thu Duc)刑...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビ
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、少なくとも2024年1~6月期は現在の政策金利を維持する方針だ。国内経済...
 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)が、世界的なウェルスインテリジェンス...
 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)は、世界199か国・地域のパスポートおよ...
 化学品やエレクトロニクス、建設資材などの事業を手掛ける株式会社トクヤマ(山口県周南市)は、半導体用...
 三谷産業株式会社(石川県金沢市)のベトナム子会社で、主に日本企業向けのオフショア開発や現地日系企業...
 ホーチミン市は今夏、「第2回リバーフェスティバル2024」を開催する。開催場所は、サイゴン港やヒエッ...
 東北部地方クアンニン省人民委員会は、中国・上海の民間航空機製造会社である中国商用飛機(COMAC)が26...
 20日に開催された地場不動産デベロッパーFLCグループ[FLC](FLC Group)の
 労働傷病兵社会省は、2024年にベトナムから海外に派遣する労働者数の目標を計12万5000人に設定した。こ...
トップページに戻る