ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

業務改革Webセミナ(生産, IoT/物流/営業管理/IT等業務改革のヒントを紹介)

2020/07/15 JST配信
Clip to Evernote

 日本に本社を置き、ベトナムを含むアジア各国で業務コンサルティングサービスを展開する株式会社クニエ(QUNIE Consulting Vietnam)は、在越日系企業の皆さまにオンラインセミナー(Webinar)を継続的に開催します。

 現在COVID-19による混乱により、経営面・運営面で大変厳しい環境に置かれていることと思います。ベトナム国内では好転の兆しは見えているものの、世界経済の見通しは不透明であることから、よりタイトな経営スタイルが求められる時期に入ります。

 そこで弊社から「After/Withコロナ」を見据えながら、準備すべき業務改革のヒントをご提供したく、下記の通りオンラインセミナー(Webinar/無料)を開催したいと思います。セッションはベトナムに常駐するコンサルタントのみならず、日本の先進事例を紹介するために日本のコンサルタントや、ITソリューションをご提案するビジネスエンジニアリング(株)からのアップデートもご提供していきます。ふるってご参加ください。
                                                                 
   セッション

 1. B2B営業チームの伸ばしかた~実践編:CRMツールの活用~
2020年7月22日(水) ベトナム時間14:00~14:45  (日本時間16:00~16:45)

◇概要:B2B(法人向け)営業では営業スタッフの活動をデータで管理し、適切な指導をしながら育成していくことが望まれます。このための手法としてパイプライン管理をご紹介します。この管理手法では見込み顧客・既存顧客、そして進行中の商談の状況をデータで把握し各営業スタッフを適切に誘導するための示唆を得たりするだけでなく、一定の根拠の元で業績(受注)の見通しを確認したりすることを実現します。
 今回はその実践としてCRMツールの利用イメージと、適切な活用の仕方をご紹介します。

◇対象:
■法人向け(B2B)営業を複数の営業スタッフを伴い統括するマネージャの方
■全社の業績管理を担当する管理部門・役員の方
■ITご担当者

 2. After/With Corona 時代のベトナムサプライチェーン/ロジスティクス
~インドシナ半島、アジアクロスボーダーとしてのベトナム展望と課題
(ロジスティクス業務改善シリーズ2 倉庫業務編)

2020年7月30日(木) ベトナム時間14:00~15:00 (日本時間16:00~17:00)

◇概要:今回の新型コロナウィルス禍を境にグローバルサプライチェーンのリスク分散が始まり、ベトナムの位置づけはますます重要になると予想されます。周辺国に比べてもグローバルロジスティクスの基盤に十分資するサービス品質が要求されるようになるため、そのための準備を行い、『高いサービスレベルの倉庫オペレーション』を実現することが必要と考えます。そのためのアジア諸国・ベトナムならではのアプローチと、その検討ポイント・注意点をどのように理解すべきか、今回は、倉庫オペレーションに焦点を当てて生産性や作業品質向上のポイント、ITツール活用について、事例を交えて解説したいと思います。

◇対象:
■主に製造業・物流業の経営層・経営企画ご担当者
■ロジスティクス、サプライチェーンご担当マネージャ
■IT企画ご担当者 他

 3. 経営・管理に役立てるスマートファクトリーを目指して(全3回) 
2020年7月28日(火) 概要編    ベトナム時間14:00~14:45  (日本時間16:00~16:45)
2020年8月5日(水) 品質管理編 ベトナム時間14:00~14:45  (日本時間16:00~16:45)
2020年8月7日(金) 原価管理編 ベトナム時間14:00~14:45  (日本時間16:00~16:45)

◇概要:スマートファクトリー、Industry4.0、IoT…工場に関わる方なら一度は聞いたことがあるキーワードだと思われます。これらは設備やモノから情報をとって生産効率、品質に役立てようというのがおおよその意図するところで、ひいては効率的な情報収集手段に関心が偏りがちですが、実はより重要な視点は「集めた情報を見て何を判断し、どういう対策をとるか」という点です。
 今回のセミナーでは、ベトナムにおけるスマートファクトリー導入のポイントを、IT側面での実現方法という観点と、管理や経営にいかに役立てるかという管理業務の観点からご紹介させて頂きたいと思います。
 概要編、品質管理編、原価管理編の3回シリーズとします。

◇対象:
■製造業の経営層
■製造部門・財務/経営管理部門の責任者
■IT企画ご担当者 他

 4. ビジネスエンジニアリング株式会社共催
 生産管理・原価管理高度化のための実践的な基盤の構築について
2020年7月29日(水) ベトナム時間14:00~15:00 (日本時間16:00~17:00)

◇概要:海外現地法人が抱える問題には、限られたリソースの中で効果的な打ち手を考える必要があります。
 本セミナーでは、日本国内はもとよりASEAN地域でも広くご採用いただいている「mcframe」の導入経験から生産管理・原価管理の高度化を実現するためのポイントがどこにあるのかをご紹介します。
 また、現地法人の状況に合わせた無理のない業務管理レベル引き上げの方法についても、事例を交えてご紹介します。

◇対象: 
■製造業の経営層
■製造部門・財務/経営管理部門の責任者
■IT企画ご担当者 他

   講演者

セッション1:
水田 吉樹

QUNIE Consulting Vietnam 
責任者

 大手SI会社・外資系コンサルティングファームを経て、クニエ設立当初から参画。現在ベトナムでの滞在は5年近く。現地での課題に寄りそうことを基本姿勢として生産管理・営業管理・ITなどのテーマを幅広く支援をしている。

セッション2:
大室 翔史

株式会社クニエ 
Logisticsチーム マネージャー    

 大手外資系3PL会社にて複数の倉庫の立上げとオペレーション運営管理を担当。その後、大手日系コンサルティングファームにて、サプライチェーン・ロジスティクス領域における業務改革のサービスに従事。
 現職ではロジスティクスを専門とした業務・システムコンサルティングを担当。上流マネージメントから倉庫現場実務まで幅広い経験を持ち、複数のアパレル物流と自動車関連の業務改革プロジェクトを経験。

長屋 知紗
株式会社クニエ
Logisticsチーム シニアコンサルタント

 大手外資系3PL会社にて、庫内業務管理・KPI管理・リソースプランニング等を経験。その後、当社に入社。
 ロジスティクス領域における戦略策定や拠点ネットワーク再構築、ITシステムの展開、業務プロセス最適化等の実績を持つ。

セッション3:
能戸 智恵美

QUNIE Consulting Vietnam
マネージャ ホーチミン市デスク責任者    

 外資系コンサルティングファームおよびクニエにて、財務会計、管理会計、生産管理等のコンサルティングサービスに従事。IT、管理会計、工場実務の知見を活かし、原価計算やスマートファクトリー関連プロジェクトをクニエにて推進。2016年よりベトナム駐在。

セッション4:
迫田 圭

ビジネスエンジニアリング株式会社
mcframeコンサルタント

 ビジネスエンジニアリング(株)入社以来、製造業を中心としたお客様向けに生産管理、原価管理、販売管理、倉庫管理、貿易管理など。
 様々なシステムの提案・導入・保守を経験。近年は、ASEAN地域における生産管理、原価管理を中心とした基幹システムの導入について、日本製造業のノウハウを活かしたプロジェクト推進に従事。

   ご注意

•    すべて参加は無料です。日本語での開催となります。
•    オンラインでの開催となりますので安定したインターネット接続環境と、ラップトップPCやタブレットなどの比較的大きな画面を持つデバイスをご準備ください
•    ご参加者にはお申し込み後に接続方法を別途ご連絡いたします。参加される方は必ずお申し込みをいただき、接続方法を他の方に開示することはお控えください。
•    在ベトナムの日系企業様を対象としておりますが、ご参加される方のロケーションには制限はございませんので、日本からのご参加もお待ちしております。
•    本オンラインセミナーは対象者限定のイベントとなっております。対象にそぐわない方のお申し込みはご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。
                
   申し込み方法

 下記のメールアドレスに情報を記してお申し込みください。
(アドレスにhanoiとありますが、特に場所を限定するものではありません)。
hanoi_seminar@qunie.com
・お名前
・会社名
・役職

 今後も以下のようなオンラインセミナーを企画してまいります。ご要望などあればぜひお聞かせください。
•    ロジスティクス業務改善シリーズ3 輸配送業務編
•    RPAによるワークスタイル改革・BCP対策
•    IT計画の作り方
•    ベトナム人社員向けセッション 等

 QUNIEについて

 日本の企業と社会の発展に寄与するとともに、日本の経験を必要とする世界の国の企業や社会の発展にも貢献するコンサルティングファームでありたい。QUNIE はそのような想いで創立されました。NTTグループのバックボーンと、世界有数のグローバルファームの知を継承し、企業課題の解決に対して最適解をご提案します。ベトナムには、2015年にアジアで4番目となる拠点を設けて以来、当地のお客さまの成長戦略を支えるパートナーとなるべく、生産管理・営業管理・購買/在庫管理・会計業務・ITといった企業の基幹業務についての課題解決の支援をしております。

 ビジネスエンジニアリング株式会社について

 当社は事業開始から30年以上にわたり製造業を中心とするお客様のグローバルサプライチェーン、バリューチェーンのIT化・デジタル化をサポートして参りました。
また自社開発をした「mcframe」は日本のものづくりのノウハウを豊富に組み込み、これまで600社を超える企業様にグローバルでご採用を頂いております。
 今後もERPの領域にとどまらず、新しいテクノロジーを活用してお客様の変革をご支援して参ります。

Clip to Evernote
最新新着PR情報
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited