ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

経済記事一覧

サムスン電子、ベトナム工場稼働から10年でスマホ10億台生産 (6:30)
サムスン電子ベトナム・タイグエン(Samsung Electronics Vietnam Thai Nguyen=SEVT)は、工場稼働開始から10年で、スマートフォンの累計生産台数が10億台に達したと明らかにした。 サムスン電子にとって、世界最大のスマー
ECサイト上位5社、Q1売上高が前年同期比+79%増の4300億円 (5:38)
電子商取引(eコマース=EC)データを手掛けるメトリック(Metric)が発表した最新レポートによると、2024年1~3月期におけるECサイト上位5社の売上高(Net Merchandise Value=純商品価値)は前年同期比+79%増の71兆2000億VND(約4300億...
ビンファストの米国EV販売、1~3月期は前年同期8.43倍に (4:31)
2024年1~3月期における地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下ビンファスト(VinFast)の米国での電気自動車(EV)販売台数は、
中央銀行、11年ぶりの金地金の競売を延期 応札数規定未達で (22日)
ベトナム国家銀行(中央銀行)は、22日に行われる予定だった国家備蓄の金地金(1テール=37.5gのゴールドバー)の競売を23日午前9時に延期した。理由は、応札登録業者数が規定を満たさなかったため。 中央銀行は金地金1万6800テ
英マクラーレン、新型「マクラーレン750S」をベトナム市場投入 (22日)
英国の高級スポーツカーメーカーであるマクラーレン(McLaren) は17日、同ブランド史上で最も軽量かつ最もパワフルな新型スポーツカー「マクラーレン750S(McLaren 750S)」のベトナム販売を開始した。 「マクラーレン750S」
出版大手ニャーナム、社長がセクハラ疑惑で停職処分 (22日)
大手出版社のニャーナム(Nha Nam)は18日、女性問題が持ち上がっているグエン・ニャット・アイン社長(男性・50歳)に停職処分を科したと発表した。 同氏には、女性従業員に対するセクハラ疑惑が浮上しており、同氏は女性従業
教育大手のYBMなど韓国2社、ハノイに英語塾を開校 (22日)
語学学校運営や語学書籍出版を手掛ける韓国のYBMは、人工知能(AI)を活用した学習サービスを提供するマースプレッソ(Mathpresso)と提携し、ハノイ市に英語塾「UFO IELTS」を開校した。 YBMの強みである学習コンテンツの企画
社会住宅の購入条件「世帯月収18万円以下」、建設省提案 (22日)
建設省は、社会住宅(政府・地方自治体が建設・購入を支援する工場労働者などの低収入者や公務員向け住宅)の開発に関する政令草案を策定中だ。草案には、社会住宅購入の対象者に求められる収入の条件が盛り込まれている。
日系飲食FC展開の地場ロータス、シンガ系投資ファンドと資本提携 (19日)
食品製造や飲食店経営などを手掛ける地場企業のロータスグループ(Lotus Group)はこのほど、シンガポールを拠点とする東南アジアの女性起業家を対象としたジェンダー投資ファンドであるビーコンファンド(Beacon Fund)との資本提携を発表した
仏高級ジュエラーのショーメ、ハノイにベトナム1号店オープン (19日)
フランス・パリに本拠を置く高級ジュエリーブランドのショーメ(Chaumet)は14日、ハノイ市ホアンキエム区リーダオタイン(Ly Dao Thanh)通り12番地にベトナム1号店をオープンした ショーメは1780年創業のジュエラー。ベトナ
韓国の八道、タイニン省で工場竣工 ラーメンや飲料水など生産 (19日)
韓国の食品大手である八道(Paldo)はこのほど、東南部地方タイニン省で建設していたベトナムの第2工場を竣工した。 タイニン工場の敷地面積は3万3920m2、延べ面積は1万2506m2。インスタント麺をはじめとしたラーメン関連製
サムソナイト、ホーチミンに東南アジア最大規模の旗艦店オープン (19日)
スーツケースやバックパックのサムソナイト(Samsonite)は、ホーチミン市1区ドンコイ通り(Dong Khoi)にある商業施設「ビンコムセンター・ドンコイ(Vincom Center Dong Khoi)」内にフラッグシップ店(旗艦店)をオープンした。
ザロペイとロッテファイナンス、後払いサービスで提携 (19日)
地場総合インターネットメディア運営大手VNGコーポレーション[VNZ](VNG Corporation)の傘下でモバイル決済アプリ「ザロペイ(ZaloPay)」を運営するジオン(
韓国ロッテレンタル、3大都市で運転手付きレンタカーサービス開始 (19日)
韓国のレンタカー大手ロッテレンタルは15日、ハノイ市、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市の3都市でドライバー付きレンタカーサービスを開始した。 3都市における空港とホテル間の移動を、ドライバー付きのレンタカー
米ウォーバーグ・ピンカス、スエンアー病院に出資 (19日)
地場スエンアー病院投資(Trans-Asia Hospital Investment、ホーチミン市)はこのほど、米プライベートエクイティ投資会社ウォーバーグ・ピンカス(Warburg Pincus)との間で提携契約を締結した。 これにより、ウォーバーグ・
情報通信省、ベトテルとVNPTに5Gライセンス付与 (17日)
情報通信省は15日、国防省傘下のベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)と、企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)傘下のベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=V...
ホアファット、超高速鉄道レール用鋼材を製造へ (17日)
鉄鋼最大手ホアファットグループ[HPG](Hoa Phat Group)は11日に開かれた定時株主総会で、最高時速850kmの高速鉄道レール用鋼材を製造する計画を明らかに
チン首相、訪越の米アップルのティム・クックCEOと会見 (17日)
ファム・ミン・チン首相は政府官房で16日、ベトナムに出張中の米アップル社(Apple)のティム・クック最高経営責任者(CEO)と会見した。 チン首相はクックCEOとの再会に喜びを示すとともに、大量の雇用を創出しているアップル
地場ファンディン、病院で後払い決済サービス開始 (17日)
ベトナムで後払い(Buy Now Pay Later=BNPL)決済サービスを手掛けるファンディン(Fundiin)と、診療予約のスケジュールを合理化するプラットフォームを展開するメドプロ(Medpro)は11日、戦略的提携に関する調印式を開催した。
後払い決済市場、24~29年の年平均成長率+27.6% (16日)
アイルランドの調査会社であるリサーチ・アンド・マーケッツ(Research and Markets)によると、ベトナムの後払い(Buy Now Pay Later=BNPL)決済市場は急成長しており、2024年の市場規模は33億USD(約5100億円)に拡大する見込みだ。
 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved