ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
経済記事一覧
 バイオエタノール工場が3年ぶり稼働再開、19年に3万5000m3生産へ (19日)
 ビンソン製油石化[BSR](Binh Son Refining & Petrochemical)の子会社、中部バイオエタノール(BSR-BF)は14日、南中部沿岸地方クアンガイ省のズンクアット経済区でズンクアット・バイオエタノール工場の稼働を再開した。  14日から
 ハノイ:土地使用料の過小評価で1兆4800億VNDの損失 (19日)
 政府調査機関は、2003年から2016年までの間に公有地から使用目的が変更された土地で展開されている不動産案件38件の調査結果を発表した。  公的機関・組織と国営企業が、割り当てられた土地の土地使用権を提供する形で不動産案件に出資するにあたっては、当該の土地の使用目...
 香港発の物流版配車サービス「Lalamove」、ハノイに進出 (19日)
 香港に本拠地を置き「物流版Uber」などと称されるオンデマンド物流スタートアップ企業の「Lalamove」はこのほど、ハノイ市でサービスの提供を開始した。  同社は2017年9月にベトナムへの進出を果たし、ホーチミン市でサービスを開始している。ホーチミン市での実績を...
 コカ・コーラ・ベトナム、「マックスコーヒー」発売―国産コーヒー使用 (19日)
 コカ・コーラ・ベトナム(Coca-Cola Vietnam)はハノイ市で17日、新製品の練乳入りコーヒー飲料「ジョージア・マックスコーヒー(ベトナムではGeorgia Coffee Max)」を発表した。  「ジョージア・マックスコーヒー」では、乳分として練乳を使用...
 ハノイ証取、時間外取引を導入へ―流動性向上に期待 (19日)
 ハノイ証券取引所(HNX)は11月5日より時間外取引を導入する。取引時間は午後2時45分から午後3時まで。時間外取引の導入により、株式市場の流動性の向上が期待される。  注文方法は時間外取引注文(PLO)で反対注文があれば即時約定する。注文可能時間は午後2時45分から...
 EC大手センドー、グラブと協力で3時間以内に配達 (19日)
 オンラインマーケットプレイス「Sendo」<http://www.sendo.vn/>を運営するセンドー・テクノロジー(Sen Do Technology、ホーチミン市)はこのほど、シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)...
 米中貿易戦争でベトナムの天然ゴム産業に打撃 (18日)
 米中貿易戦争が深刻化する中、トランプ米政権が9月に自動車用タイヤなど中国からの輸入品に対する制裁措置の適用を決定した。これを背景に、ベトナムの天然ゴム産業は大きな打撃を受けるものと見込まれている。  ベトナムゴム協会(VRA)によると、2017年におけるベトナムの天然ゴム輸...
 私立病院運営のホアンミー、社債発行で2.3兆VND調達―国内初 (18日)
 私立病院の運営で国内最大規模のホアンミー医療株式会社(Hoan My Medical)はこのほど、総額2兆3300億VND(約114億円)の固定利付債を発行した。病院運営会社が国内で社債発行を成功させたのは今回が初めて。  表面利率は5年物の金利が年6.64%、7年物が6...
 ノイバイ国際空港、2050年に旅客処理能力1億人へ (18日)
 チン・ディン・ズン副首相はこのほど開かれたハノイ市ノイバイ国際空港の拡張に関する会議で、交通運輸省に対して2050年までに同空港の旅客処理能力を8000万~1億人に引き上げる目標に向け、専門家に調査を依頼して計画案を策定することを指導した。  会議での報告によると、2017...
 2大都市でAirbnb民泊がブーム、ホテルと競争も (17日)
 ハノイ市とホーチミン市の2大都市では、民泊仲介プラットフォーム「エアビーアンドビー(Airbnb)」を通じて部屋を賃貸する民泊物件登録数が2018年8月時点で2万1994か所に達した。利益率が高いため、2大都市ではAirbnbがブームとなっている。  Airbnbの民泊は、既...
 商工省、仮想通貨マイニングマシン輸入停止措置に反対 (17日)
 商工省はこのほど、仮想通貨のマイニングマシンの輸入停止措置を講じないよう政府に上申した。具体的には、輸入統計品目表の統計番号「8471.80.90」に該当する自動データ処理機械ユニットの管理について、一律の輸入禁止ではなく、財政省を中心とした関連省庁が協議し、この統計番号...
 TPバンク、指紋認証で現金引き出しが可能に (17日)
 TPバンク[TPB](TPBank)は9日、同行の365日24時間の無人銀行サービス「ライブバンク(LiveBank)」のセルフ窓口端末で、指紋認証による現金引き出しサービスを開始した。無人店舗で同サービスを行う銀行は国内でTPBが初めて。  利用者は、ライブバンク
 ホーチミン:駐車料金の基準上限を導入 (17日)
 ホーチミン市人民委員会は、同市における駐車料金の基準上限を発表した。公的機関の駐車場や駐車場に特化した投資プロジェクトを除く駐車場に対して10月1日から適用されている。  詳細は以下の通り。 ◇自転車・電動自転車:2000VND(約9.8円)/回(昼間)・4000VND(約19.6円)/...
 ゲアン省:ビン国際空港の整備・拡張に3兆VND投資 (17日)
 交通運輸省はこのほど、北中部地方ゲアン省にあるビン国際空港の整備・拡張計画案を承認した。投資総額は3兆VND(約147億円)の予定。  計画には、◇年間旅客処理能力500万人の第2ターミナル(T2)建設(投資額1兆6810億VND=約82億4000万円)、◇第2ターミナ...
 グラブ、3大都市でレンタカーサービスを試験展開 (16日)
 シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)は、ハノイ市とホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市の3大都市でレンタカーサービスを試験的に展開している。  レンタカーの料金(通行料金や駐車料金を含まず)は以下の通り。 ...
 ベトナム産ランブータン、ニュージーランドへ初輸出 (15日)
 ベトナム産ランブータンがこのほど、ニュージーランドへ初めて輸出された。  これにより、ベトナムはニュージーランドへのランブータン輸出が許可された最初の国となった。ニュージーランドは品質に極めて厳しい市場として世界各国に果物を輸出しているが、輸入は制限されている。 ...
 ビングループ、自動車生産で9.5億USDを借入 (15日)
 地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)子会社のビンファスト(VinFast)はこのほど、クレディ・スイス(Credit Suisse AG)および香港上海銀行(HSBC)との間で、融資契約を締結した。  これにより、ビンファ
 ベトジェット、三菱UFJリースほかと計12.4億USDの融資契約 (15日)
 格安航空(LCC)最大手のベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は10日、日本を公式訪問していたグエン・スアン・フック首相の立会いのもと、合わせて12億3900万USD(約1380億円)の融資に関する覚書(MOU)を締結した。  これにより、三菱U
 フック首相、東京講演で日本企業に投資呼びかけ―総額100億USDの越日企業間契約も (12日)
 日本貿易振興機構(ジェトロ)とベトナム計画投資省が10日に東京で開催した「ベトナム投資カンファレンス」で、訪日していたグエン・スアン・フック首相がベトナムのビジネス環境について講演し、日本企業に投資を呼びかけた。  フック首相は、「第4次産業革命を背景に、ベトナム経済...
 ホーチミン:「パークソン」また閉店、経営不振で (12日)
 マレーシア系百貨店パークソン(Parkson=百盛)が運営するホーチミン市2区ハノイ大通り沿いのショッピングセンター(SC)「パークソンカンタビル(Parkson Cantavil)」が10月上旬に閉店した。パークソンがベトナム店舗を閉店するのはこれが5店舗目。  パーク...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
次のページ 
(1/587)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)