ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
経済記事一覧
 ハノイ:環状2号線ビントゥイ~ガートゥーソー区間を着工―ビンG出資 (3:00)
 ハノイ市人民委員会は22日、環状2号線ビントゥイ~ガートゥーソー区間の建設を着工した。  同区間は、全長5.1kmの高架部分(ビントゥイ橋~ガートゥーソー交差点)と全長3.1kmの地上部分(ビントゥイ橋~ガートゥーボン交差点)から成る。  同案件は官民パートナーシ...
 ダナン:国際花火大会が間もなく開幕、ホテル宿泊料高騰 (23日)
 南中部沿岸地方ダナン市で、4月29日(日)から6月30日(日)までの2か月間にわたり、「ダナン国際花火大会2018(DIFF 2018)」が開催される。これを受けて、開催期間中の同市内のホテル宿泊料が通常時の2~3倍に高騰している。  開催期間中の宿泊料は1泊あたり50...
 ノイバイ空港、輸出入品の自動通関管理システムを正式導入 (23日)
 ハノイ市ノイバイ国際空港で16日、5か月間の試験導入を経て輸出入品の自動通関管理システムが正式に導入された。同システムは輸出入会社、物流会社、税関当局にとって時間短縮や経費削減などのメリットをもたらすと評価されている。  輸出入会社は商品が物流会社に入庫した時間や位置な...
 ビナサンタクシー、配車アプリ普及で18年売上高▲33%減の見通し (23日)
 従来型タクシー大手のビナサンタクシー[VNS](Vinasun)は、2018年経営計画案の中で同年の売上高を前年比▲33%減の2兆1600億VND(約101億円)とした。これにより、2016年から3年連続でのマイナス成長になる見通しだ。  この背景には、グラブ(Grab)...
 ダナン:FPTと協力でスマートシティ構築へ (23日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会は19日、FPT情報通信[FPT](FPT Holdings)との間で、スマートシティの構築に関する提携契約を締結した。  それによると、市民と当局間の情報共有の効果を高めるため、交通や農業農村に関する情報ポータルサイトを開設する。ま...
 ベトナムの18年GDP成長率予想+6.6%、国際通貨基金 (23日)
 国際通貨基金(IMF)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+6.6%で、アジア開発銀行(ADB)の予想値+7.1%を下回るとの見通しを示した。世界銀行(WB)は+6.5%と予想しており、国会は+6.5~6.7%を目標としている。  IM
 ビンG子会社のビンホームズ、シンガポール政府系ファンドが出資へ (20日)
 ビングループ[VIC](Vingroup)によると、シンガポール政府投資公社(The Government of Singapore Investment Corporation=GIC)は子会社の不動産会社ビンホームズ(Vinhomes)に出資と貸付合わせて13億USD(約1400億円)を投じる。提携契...
 金融機関に仮想通貨関連取引を禁止、中銀が指示 (20日)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)はこのほど、仮想通貨に関連する取引や活動の取り締まり強化策に関する指示文書02号/CT-NHNNを公布した。  指示文書によると、中央銀行総裁は金融機関と決済代行サービス業者に対し、仮想通貨の取引に関連する決済、カードの取引、カードによる...
 グラブのウーバー買収、ベトナム当局が調査開始 (19日)
 シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)が同業ウーバー(Uber)の東南アジア事業を買収したことに関連して、商工省傘下の消費者保護・競争局(VCA)は13日、競争法2004年版における業界の市場シェアに関する規定に触...
 FPTリテール、4月26日にホーチミン証取上場へ (19日)
 ベトナムIT最大手のFPT情報通信[FPT](FPT Holdings)傘下で携帯電話・IT製品小売事業を手掛けるFPTリテール(FPT Retail)は、4月26日にホーチミン証券取引所(HSX)に上場する。銘柄コードは「FRT」。  同社は携帯電話、タブレット、...
 ハノイ:市内初の無人コンビニを試験展開へ (18日)
 ハノイ市人民委員会が承認した同市における2018年の電子商取引(eコマース=EC)発展計画によると、同市は年内に市内初となる自動販売機スタイルの無人コンビニを試験的に展開する予定だ。  このコンビニは、O2O(Online to Offline)を導入し、商品のQRコー...
 1-3月期の完成車輸入台数4217台、前年同期比▲84%減 (18日)
 税関総局の統計によると、2018年1-3月期の完成車(CBU)輸入台数は前年同期比▲84%減の4217台だった。このうち、ASEAN自由貿易地域(AFTA)の物品貿易に関する協定(ATIGA)に従いASEAN諸国から輸入する完成車輸入関税が撤廃されたことにより、タイやイン...
 ホーチミン:メトロ1号線の2駅、間もなく完成へ (17日)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)管理委員会によると、同市メトロ1号線(ベンタイン~スオイティエン間)のビンタイ駅とサイゴンハイテクパーク駅の線路を覆うドーム部分の工事が急ピッチで行われており、南部解放記念日の4月30日に完成する見通しだ。  同2駅は全長140mの2階建てで、券...
 ベトナムの18年GDP成長率予想+6.5%、世銀 (17日)
 世界銀行(WB)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+6.5%で、アジア開発銀行(ADB)の予想値+7.1%を下回るとの見通しを示した。国会では+6.5~6.7%を目標としている。  WBがGDP成長率を控えめな水準で予測した理由として、ベトナ...
 首相、ICO詐欺事件で仮想通貨の取り締まり強化を指示 (17日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、ビットコインとその他の仮想通貨であるアルトコインに関する活動に対し、取り締まりを強化するよう求める指示書第10号/CT-TTgを発出した。  首相は同文書で、マネーロンダリング、テロ組織への資金提供、脱税、違法送金、ICO(イニシャ...
 地場T&Tグループ、ハノイのメトロ3号線に投資へ―仏企業と提携 (17日)
 金融事業や不動産開発、農産物・飼料の輸出入・販売などを手掛ける地場系コングロマリットのT&Tグループ(T&T Group)は、ハノイ市都市鉄道(メトロ)3号線の建設と同市ハンダイ運動場の改修・拡張の2案件について、仏大手建設会社ブイグ(Bouygues)との間で提携に関する覚書を締...
 不動産FLCグループ、初の商業施設をハノイで開業へ (16日)
 ハノイ市を拠点に急成長中の新興不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)は7月、ハノイ市カウザイ区にある複合施設「FLCツインタワーズ(FLC Twin Towers)」内で、同社初の商業施設「FLCショッピングセンター(FLC Shopping Center)」...
 ベトナムの18年GDP成長率予想+7.1%、アジア開発銀行 (16日)
 アジア開発銀行(ADB)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+7.1%で、国会目標の+6.5~6.7%を上回り、2019年には+6.8%に低下するとの見通しを示した。  ADBによると、製造業と輸出が大幅な成長を続けていること、また内需増加、海...
 「極度乾燥(しなさい)」ブランドがベトナム上陸 (13日)
 斬新な日本語のロゴで知られる英国のファッションブランド「Superdry 極度乾燥(しなさい)」が、ベトナムに初上陸する。ベトナム初の店舗は3月21日にハノイ市ホアンキエム区ハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りのショッピングセンター「チャンティエンプラザ(Trang Ti...
 ビンフオック省のカシューナッツ、地理的表示に登録 (13日)
 東南部地方ビンフオック省のカシューナッツがこのほど、地理的表示(GI)保護制度に登録された。  ビンフオック省のカシューナッツには、実が大きく膨らみがあり、表面が滑らかで光沢があることや、殻付きナッツに占めるナッツ本体の重量が30%以上といった特長がある。加工製品の塩...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
次のページ 
(1/567)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)