ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

生活記事一覧

 11月のベトジョー記事10選:英コンテナ39人遺体、国会閉幕など (2日)
 11月も引き続き、英国で冷凍コンテナ内から39人の遺体が見つかった事件が大きく報じられました。犠牲者らの身元が判明し全員がベトナム人だったことが発表され、月末になってようやく一部の遺体がベトナムへ搬送されました。  また、10月から行われていた第14期(2016~2021年)第8回...
 ホーチミン:12月7日・8日に中心部で交通規制、マラソン開催で (11/29)
 ホーチミン市交通運輸局は、同市で12月7日(土)と8日(日)に「テクコムバンク・ホーチミン市国際マラソン2019(Techcombank Ho Chi Minh City International Marathon 2019)」が開催されることを受けて、両日に同市1区中心部の一部の通...
 ホーチミン:交通事故死者追悼式、レズアン通りで交通規制 (11/14)
 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、15日の午前0時から17日の午後3時までの間、1区レズアン(Le Duan)通りのナムキーコイギア(Nam Ky Khoi Nghia)通り~パスツール(Pasteur)通り区間を通行禁止とすると発表した。  これは、2019年にベ...
 台風6号、勢力強めベトナム南中部沿岸に接近中―10日上陸の見通し (11/8)
 5日に南シナ海で発生した台風6号(アジア名:ナクリー、日本では台風24号)が、勢力を強めながらベトナム南中部沿岸に接近している。  ベトナム国立水文気象予報センターによると、台風6号は10日夜にも南中部沿岸地方クアンガイ省から同カインホア省にかけての地域に上陸する見...
 台風6号発生、ベトナム南中部沿岸に接近中 (11/6)
 ベトナム現地時間5日19時、南シナ海で台風6号(アジア名:ナクリー、日本では台風24号)が発生した。  ベトナム国立水文気象予報センターによると、台風6号は10日にベトナム南中部沿岸に接近し、北中部地方トゥアティエン・フエ省から東南部地方バリア・ブンタウ省にかけての...
 10月のベトジョー記事10選:英コンテナ39人遺体、線路脇カフェ一掃など (11/4)
 英国テムズ川沿いのパーフリート港でベルギー・ゼーブルッヘ港より到着した冷凍コンテナ内から39人の遺体が見つかった事件で、少なくとも30人がベトナム人密航者だった可能性があることが判明しました。英国とベトナムの当局が遺体の身元確認を急いでおり、ベトナム国内では不法出国手配の...
 ホーチミン:生活用水道料金、11月15日から値上げ (10/30)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、生活用水道料金を11月15日から値上げすると発表した。2019年から2022年にかけて段階的に引き上げる予定だ。  11月15日以降の1か月当たりの水道料金は下記の通り(1m3当たりの料金、付加価値税含まず)。 <一般世帯向け>
 台風5号発生、30日夜に南中部へ上陸 (10/30)
 ベトナム現地時間30日午前1時、南シナ海で台風5号(アジア名:マットゥモ、日本では台風22号)が発生した。  ベトナム国立水文気象予報センターによると、台風5号は30日夜にも南中部沿岸地方クアンガイ省から同カインホア省にかけての地域に上陸する見通し。  日本の気象...
 20年のテト休暇は7連休、労働省が正式発表 (10/29)
 労働傷病兵社会省は25日付けの通知で、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇を2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とすることを正式に発表した。  労働法ではテト休暇を5連休と定めているが、2020年は規定の休...
 20年のテト休暇は7連休、首相がスケジュール承認 (10/10)
 グエン・スアン・フック首相は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を承認した。  労働法ではテト休暇を5連休と定めているが、2020年は規定の休暇が...
 ハノイ:10日にW杯2次予選マレーシア戦、一部道路で交通規制 (10/10)
 ハノイ市警察は、同市のミーディン国立競技場で10日20時(ベトナム時間)から行われるFIFAワールドカップ・カタール2022アジア2次予選のマレーシア代表戦に伴い、同日の一部の時間帯に市内の通りを通行止めとすると発表した。  2次予選には40チームが出場。試合はホーム...
 9月のベトジョー記事10選:20年テト休暇7連休案、主要政策金利一斉引き下げなど (10/2)
 労働傷病兵社会省は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を政府に提出するとのこと。同案が承認されれば、2020年のテト休暇は2019年よりも2日短くなります...
 年間祝日の追加を提案、計13日以上に―ベトナム労働総連盟 (9/19)
 ベトナム労働総連盟は、年間の祝日について現行の10日に少なくとも3日追加し、計13日以上とすることを労働法改正案に盛り込むよう国会に提案する方針だ。  ベトナム労働総連盟は、祝日の追加に関して以下の2つの案を提示している。 第1案:建国記念日に伴う祝日を9月2日から5...
 訪日外国人向け災害時情報提供アプリ「Safety tips」、ベトナム語に対応―観光庁監修 (9/16)
 日本の観光庁が監修する外国人旅行者向け災害情報提供アプリ「Safety tips」は13日、対応言語をこれまでの4か国語からベトナム語を含む11か国語に拡大した。アプリは無料で利用できる。  気象庁と消防庁がこのほど防災・気象情報に関する多言語辞書を11か国語に拡大し...
 20年のテト休暇、7連休案を政府に提出―労働省 (9/12)
 労働傷病兵社会省は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を政府に提出する。  同案のほかに1月24日(金)から1月30日(木)までの7連休とする案も...
 8月のベトジョー記事10選:日韓関係悪化の影響、中国海洋調査船のEEZ侵入など (9/3)
 8月は、日本が韓国を貿易管理上の優遇措置の対象となる「ホワイト国」から除外したのを受け、韓国も日本に同様の措置を取るなど両国の摩擦が深まる中、ベトナムでもこの影響を受けるかたちで様々な動きがありました。  また、中国の海洋調査船「海洋地質8号(Hai Yang Di Zhi Ba Hao)...
 9月2日の建国記念日に読みたい記事5選 (9/2)
 9月2日はベトナムの建国記念日(国慶節)です。今から74年前の1945年9月2日、故ホー・チ・ミン主席が「独立宣言(Tuyen ngon doc lap)」を発表し、ベトナム民主共和国(Viet Nam Dan Chu Cong Hoa)が成立。東南アジア初の社会主義国家が...
 ホーチミン:中心部の一部通りで交通規制、9月2日の建国記念日 (8/30)
 ホーチミン市交通運輸局は、9月2日の建国記念日を祝う花火打ち上げに伴い、9月2日の夜に同市1区と4区の複数の通りを通行止めとする。  花火の打ち上げは9月2日の21時から21時15分までの15分間。上空の高い位置から花火が打ち上げられるのは、2区のトゥーティエムトンネ...
 ホーチミン:グエンフエ通りが全車両通行止め、8月30日夜 (8/27)
 ホーチミン市交通運輸局は、8月革命および建国記念日(9月2日)の74周年に合わせた芸術プログラムの開催に伴い、8月30日(金)の18時から22時までの時間帯に、同市1区の歩行者天国グエンフエ(Nguyen Hue)通りを全車両通行止めとする。  通行止めとなるのは、グ...
 20年のテト休暇は7連休、労働省が2案を意見聴取 (8/27)
 労働傷病兵社会省は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇を7連休とする2つの案について、関連機関に意見聴取を行っている。 第1案:1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休 第2案:1月24日(金)から1月30日(木)ま...
 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)