ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
社会記事一覧
 ホーチミン:時間制路上駐車料金、8月1日から適用 (3:21)
 ホーチミン市は、8月1日から市内の35本の通りの路上駐車料金を回数制から時間制に変更すると共に、駐車料金の支払方法を変更する。同市は6月1日からの変更を予定していたが、準備が間に合わないため実施時期を2か月延期した。  対象となるのは、市中心部の1・3・5・10・11の5つ...
 ホーチミン:米国人人気シェフが名付け親の名店「ランチレディー」 (23日)
 ホーチミン市ビンタイン区ホアンサ通り(Hoang Sa)に建つマンションの一角にある屋台「ランチレディー(Lunch Lady)」は、中心部からやや離れているものの、地元の客だけでなく外国人観光客のグループも訪れる、知る人ぞ知る名店だ。  メニューはフーティエウ(南部を...
 ホーチミン:太陽光パネル設置世帯が増加、売電も活発化 (22日)
 ホーチミン市電力総公社(EVNHCMC)のグエン・タン・フン地域社会関係委員長によれば、同市は年間を通して太陽放射が強く、太陽光エネルギー事業の発展と太陽光エネルギーの使用拡大が期待できる市場だという。  実際、2017年9月から2018年5月までに太陽光発電システムを使...
 ベトナム最大の海賊版映画サイト、アクセス数は1日600万回 (21日)
 ベトナムで最大の映画の海賊版サイト「Phimmoi.net(フィムモイドットネット)」には、1日当たり600万回のアクセスがある。こうしたサイトでは、1本の海賊版映画が1か月で数十億VND(10億VND=約481万円)を稼ぎ出す。しかしサイト運営者は、著作権料を払うどころ...
 ハノイ:駐車場検索・料金支払いアプリ、140か所で新たに導入へ (21日)
 ハノイ市交通運輸局はこのほど、同局が市内で試験的に展開している自動車専用駐車場検索・駐車料金支払いアプリ「アイパーキング(iParking)」を、7月までに新たに駐車場140か所で導入することを発表した。  アイパーキングは2017年5月から8月にかけて同市ホアンキエ...
 19年のテト休暇、9連休案を政府に提出―労働省 (21日)
 労働傷病兵社会省は、2019年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2019年2月5日)に伴う休暇について、2019年2月2日(土)から2月10日(日)までの9連休とする案を政府に提出した。  労働法ではテト休暇を5連休と定めているが、2019年は規定の休暇が全て平日...
 経済特区法案への抗議、「冷静な判断を」―首相が呼びかけ (20日)
 今国会で可決が延期された特別行政経済区法(経済特区法)案、および12日に可決されたサイバーセキュリティ法に対する抗議デモ・暴動に関連して、グエン・スアン・フック首相は18日に紅河デルタ地方ハイフォン市で行われた国民対話の場で国民に状況を冷静に判断するよう呼びかけた。  ...
 「世界報道写真展2018」、ハノイでも開催中 (20日)
 世界中の約100会場で開催される世界最大規模の写真展「世界報道写真展」が、ハノイ市のベトナム美術大学(42 Yet Kieu St., Hoan Kiem Dist., Ha Noi)で6月14日(木)から7月4日(水)まで開催されている。開場時間は9時から19時まで、入...
 ベトナム人海外派遣労働者数50万人、母国への送金額は年30億USD (20日)
 労働傷病兵社会省によると、契約を締結し海外で就労しているベトナム人の派遣労働者数は50万人となっており、海外派遣労働者からの送金額は年間30億USD(約3300億円)に上っている。  2017年に送り出したベトナム人海外派遣労働者数は前年比+6.7%増の13万4751人で、派...
 大阪北部地震、ベトナム人の被害情報なし (19日)
 日本時間18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生した。在大阪ベトナム総領事館は地震発生直後から日本の当局を通じて情報収集を行っており、これまでのところ地震によるベトナム国民の死傷者は確認されていないという。  ベトナム外務省は在大阪ベトナム総...
 海外・個人の国土利用面積4.6万ha、国防・治安に影響も (19日)
 政府が国会に提出した土地管理に関する報告書によると、これまでに土地使用者に割り当てられた土地面積は2685万haで、全国の土地面積(3312万ha)の81.1%を占めている。  このうち、海外組織・個人および海外在住ベトナム人が使用している土地の面積は4万6140haで、割...
 外来種の昆虫や爬虫類のペットが人気も大半は輸入許可なし (19日)
 近年、珍しい昆虫や爬虫類をペットとして飼うことを趣味とする人が増えている。販売元に電話で問い合わせてみると、昆虫や動物の殆どは海外から正規ルートで輸入され検疫を受けているとのこと。  インターネット上でも多くの昆虫や爬虫類が販売されている。タランチュラを始めとする珍...
 光海底ケーブルAAG、今年3回目のトラブル―アクセスに影響 (19日)
 ベトナムと香港を結ぶ光海底ケーブル「アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)」に今年3回目となるトラブルが発生し、AAGを通じたベトナムから海外へのインターネットアクセスに影響が出ている。  トラブルの原因はまだ確認できていないが、漏電による可能性が高いと見られてお...
 警察官なりすましの男4人を逮捕、反政府組織メンバーか (19日)
 今国会で可決が延期された特別行政経済区法(経済特区法)案、および12日に可決されたサイバーセキュリティ法に対する抗議デモ・暴動に関連して、ホーチミン市警察は16日と17日の週末2日間に警察官になりすました男4人を逮捕した。  逮捕されたのは、グエン・フン・タイ容疑者(...
 ホーチミン:子供の教育のため…学区外の名門校入学に大金も (18日)
 ホーチミン市では、小学1年生および中学1年生の入学募集が間もなく始まる。こうした中、保護者が子供を学区外の名門校に入れるため、学校関係者に賄賂を渡すといった動きが本格化している。  規定では、街区・村は学区に分けられ、生徒は居住している学区内の学校に通うことになって...
 鉄道スタッフに勤務中のスマホ使用を禁止 (18日)
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)はこのほど、鉄道交通における安全秩序の確保に関わる鉄道スタッフを対象に、勤務時間中のスマートフォン(スマホ)の使用を禁止することを決めた。  それによると、対象となるスタッフは勤務時間中にスマートフォンを...
 ホーチミン:夜な夜な行列のできる黒糖パールミルクティー屋 (16日)
 ホーチミン市5区チャンフンダオ通り(Tran Hung Dao)に、夕方から夜にかけて数百人もの若者が行列を成す黒糖入りパールミルクティー(タピオカミルクティー)の店がある。店周辺の歩道には来店客の自転車やバイクが隙間なく駐輪され、その脇には若者が列に並んでいる。  こ...
 ベトナムのソフトウェアの74%が違法コピー、改善も依然多く (15日)
 米国の非営利団体ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)の調査によると、ベトナムにおける2017年のコンピュータソフトウェアの著作権侵害(違法コピー)率は74%で、前回調査に比べて4ポイント改善したものの、依然として高いままだという。  ベトナムのソフトウェアの違...
 経済特区法案に便乗したデモ・暴動、当局が処分を強化 (15日)
 今国会で可決が延期された特別行政経済区法(経済特区法)案、および12日に可決されたサイバーセキュリティ法に対する抗議デモ・暴動に関連して、全国で複数人が身柄を拘束された。  ホーチミン市ではこれまでに、同市警察が310人を召喚して捜査を行っている。このうち7人が刑事...
 ハノイ:消防安全基準違反の高層ビル108棟のリストを公表 (15日)
 ハノイ市消防警察は、調査を経て、消防安全基準を満たしていない市内の高層ビル108棟のリストを公表した。5月末にも基準違反の高層ビル91棟のリストを公表している。  今回のリストには、国防省傘下住宅都市開発総公社(MHDI)子会社のドゥックダイファット製造貿易(Duc Dai ...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
次のページ 
(1/464)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)