ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
社会記事一覧
 4月21日は「ベトナム読書の日」、各地でイベント開催 (21日)
 2018年で5回目を迎える4月21日の「ベトナム読書の日」に合わせて、ハノイ市ハイバーチュン区にあるトンニャット公園では4月22日(日)まで、読書に関する情報通信省主催のイベントが開催されている。  今回のイベントには、全国の出版社80社が参加し、政治や法律、経済、科...
 ホーチミン:マイナー言語の法廷通訳人が不足、経費も高額 (20日)
 ホーチミン市人民裁判所で2017年半ば、違法薬物の運搬の罪で起訴された南アフリカ国籍の被告の公判が開かれた。ところが閉廷後にこの被告が突如泣き出し、自身は精神分裂症だとして精神鑑定を要求したという。同市人民裁判所によると、こうした外国人事件の公判は通訳人の招聘に大幅な時間...
 コーヒーを電池で着色、無認可工場を摘発 (20日)
 南中部高原地方ダクノン省警察は16日、同省農業農村開発局と協力し、同省ダクロラップ郡ダクウェル村第13村落にある無認可コーヒー工場の立ち入り検査を実施し、「電池の中身」で着色された大量のコーヒーを発見した。  警察は、証拠物件として電池の中身を溶かした液体で着色され...
 4月こと座流星群、4月22日夜~23日明け方が見ごろ (20日)
 ベトナムでは現地時間4月22日夜から23日明け方にかけて、主要流星群の1つである4月こと座流星群が観察できる。2018年はベトナム現地時間22日19時頃に極大を迎える。  こと座流星群は毎年4月16日~25日にかけて出現する流星群。条件が良ければ1時間に15~20個ほどの...
 ホーチミン:区人民委主席で元同市トップの息子、女性関係で処分 (20日)
 ホーチミン市12区共産党委員会常務部はこのほど、「党員に求められる規律を守らなかった」として、ホーチミン市共産党委員 兼 12区共産党員会委副書記 兼 12区人民委員会主席のレ・チュオン・ハイ・ヒエウ氏(37歳)にけん責処分を科した。  ヒエウ氏は未婚にもかかわらず交際...
 ダナン市元人民委主席ら逮捕、公地の違法販売で (19日)
 南中部沿岸地方ダナン市における公地などの公的資産の違法販売事件で、公安省は17日、同市人民委員会の元主席2人と公安省傘下機密情報総局の元副総局長ら複数の上級幹部を規定違反により容疑者として捜査することを明らかにした。  捜査対象となる同市人民委員会元主席2人は、チャン...
 旧暦3月3日は「餅菓子の日」、チェー専門店に行列 (19日)
 旧暦3月3日は「寒食節(Tet Han thuc、別称「餅菓子の日(Ngay banh troi banh chay)」)。2018年は新暦4月18日がこの日にあたり、多くのベトナム人が「バインチョイ(banh troi)」や「バインチャイ(banh chay)」という餅餃子を買い求め...
 ホーチミン:新庁舎の設計案と模型を展示、市民から意見募集中 (18日)
 ホーチミン市計画建築局は、4月16日から5月1日まで、同市人民委員会と人民評議会の庁舎拡張計画の詳細設計図と模型を展示して、市民から意見を募集している。  敷地は、1区のレタントン通り(Le Thanh Ton)・パスツール通り(Pasteur)・リートゥチョン通り(Ly ...
 韓国人男に終身刑、留学支援・労働斡旋詐欺で (18日)
 ハノイ市人民裁判所は16日、韓国への留学および同国での就労を希望する人々から金銭を騙し取ったとして詐欺・資産横領罪に問われていた韓国人のキム・ヨンワン被告(男)に終身刑の判決を下した。  同被告のベトナム人妻も同罪で禁錮16年を言い渡されたほか、共犯の他の被告3人も同罪...
 ホアビン省:国道で玉突き事故が続発、霧で視界悪く (18日)
 西北部地方ホアビン省マイチャウ郡タンソン村を通過する国道6A号線で15日15時半ごろ、約100m離れた2地点で自動車同士の玉突き事故が相次いで発生した。  この事故により、自動車計19台が損傷し、激しい渋滞が発生した。幸い怪我人はなかった。事故の原因は、厚い霧が立ち...
 首相、ICO詐欺事件で仮想通貨の取り締まり強化を指示 (17日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、ビットコインとその他の仮想通貨であるアルトコインに関する活動に対し、取り締まりを強化するよう求める指示書第10号/CT-TTgを発出した。  首相は同文書で、マネーロンダリング、テロ組織への資金提供、脱税、違法送金、ICO(イニシャ...
 ホーチミン:通学バスに指紋認証を試験導入、生徒の通学管理 (17日)
 ホーチミン市交通運輸局傘下の公共交通管理センターは、4月中にも児童・生徒の通学バスに指紋認証装置を試験的に設置する計画を明らかにした。  指紋認証の導入により、バスを利用する児童・生徒数の把握や、個々の生徒の乗車・下車の時刻・場所を確認して通学を管理することが可能と...
 カオバン省の国立公園、ユネスコ「世界ジオパーク」認定 (17日)
 東北部地方カオバン省の「ノンヌオック・カオバン国立地質公園(ジオパーク)」が12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界ジオパーク」に認定された。  同ジオパークは2015年に誕生し、2016年11月にカオバン省がユネスコへ世界ジオパークへの登録を申請していた。...
 ベトナムで仮想通貨ICO詐欺、被害額700億円超か―警察が捜査開始 (16日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市公安局に対して仮想通貨のICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関する大規模な詐欺事件を捜査するよう求めた。  ICOとは仮想通貨を発行し資金調達を行う手段で、株式などとは異なり実施場所や実施に関する法的な枠組みが整備されて...
 オシウス前在ベトナム米国大使、越僑の追放政策に反対 (16日)
 テッド・オシウス前在ベトナム米国大使は、自分が外交官の職を辞したのはドナルド・トランプ米大統領による越僑に対する政策がきっかけだったと明らかにした。また、2016年11月の大統領選挙でトランプ氏が当選した時、いずれ辞職することになると覚悟したと話した。  オシウス元大使...
 手作りロープウェイで幅100mの川を渡る村 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省には、今もなお住民が生活のため危険を顧みず手作りの簡易的なロープウェイで幅が100m程もあるポコ川を渡っている村があり、自治体による対応の遅さが物議を醸している。  ロープウェイで川を横断しているのはゴックホイ郡プレイカン町第3集落の住民。ロ...
 ベトナム考古学の企画展、ハノイで開催中―ドイツから「帰国」の遺物300点を展示 (13日)
 ハノイ市ホアンキエム区のベトナム国家歴史博物館(Bao tang Lich su Quoc gia:1 Tran Tien St., Hoan Kiem Dist., Ha Noi)で12日、ベトナム考古学の遺物300点を紹介する企画展「ベトナム考古学の宝物」が開幕した。同展は7月末まで...
 貴石で描いた曼荼羅、ベトナム版ギネスに認定 (13日)
 ベトナム版ギネスブックとして知られるベトナム・ブック・オブ・レコードはこのほど、細かく砕いた貴石で描かれた曼荼羅を「ベトナム最大の貴石曼荼羅」として認定した。  この曼荼羅は紅河デルタ地方ビンフック省タムダオ郡ダイディン村のタイティエン大ストゥーパに作られた、直径9m...
 ホーチミン:消防システム未検収のマンション公表 (12日)
 ホーチミン市消防警察は、新築マンションの一斉検査を経て、消防システムが未検収のまま購入者に物件を引き渡したマンション8軒を公表した。  詳細は以下の通り。 ・グエンクエン(Nguyen Quyen、ビンタン区ビンチードン街区) ・バイヒエンタワー(Bay Hien Towe...
 在越外国人労働者の強制社会保険加入、政令草案を提出 (12日)
 労働傷病兵社会省は、ベトナムで就業する外国人労働者の強制社会保険加入の義務化と労働上の安全確保をガイダンスする政令草案を政府に提出した。同政令は2018年6月1日に施行される見通しだ。  草案によると、労働許可証(ワークパーミット)を有し、さらにベトナム国内の雇用者...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
次のページ 
(1/458)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)