ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

統計記事一覧

 6月日経PMI、5か月ぶり50上回る 回復の兆し (3日)
 日本経済新聞およびマークイット社が発表した2020年6月のベトナム・日経PMI(製造業購買担当者指数)は前月比+8.4ポイント上昇の51.1で、5か月ぶりに50を上回った。新規受注の増加が寄与した。  ベトナムのPMIは、19年8月から3か月連続で低下し、11月は上昇...
 1~6月期の完成車輸入台数3.8万台、前年同期比▲46%減 (3日)
 税関総局が発表したデータによると、1~6月期(年初から6月15日まで)の完成車(CBU)輸入台数は前年同期比▲46%(約▲3万2000台)減の3万8123台で、輸出額は同▲45%減の8億4600万USD(約900億円)だった。  3万8123台のうち、9人乗り以下の...
 1~6月期の都市部失業率、直近10年で最高 新型コロナ禍で (2日)
 統計総局(GSO)によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、2020年1~6月期における都市部の労働力人口の失業率は直近10年間で最高となった。同期の賃金労働者の平均月給は前年同期に比べ減少した。  同期の全国の失業率は2.26%で、うち都市部...
 1~6月期の外国人訪問者数、前年同期比▲55.8%減 (2日)
 統計総局(GSO)の発表によると、6月の外国人訪問者数は前月比▲61.3%減の8784人で、前年同月比で▲99.3%減少した。これにより、1~6月期の外国人訪問者数は374万4476人となり、前年同期比では▲55.8%減少した。
 1~6月期の小売売上高2381兆VND、前年同期比▲0.8%減 (2日)
 統計総局(GSO)の発表によると、6月の小売売上高(推定値)は前月比で+6.2%増、前年同月比では+5.3%増の431兆0260億VND(約2兆円)だった。  これにより、1~6月期の小売売上高は、前年同期比▲0.8%減の2380兆7540億VND(約11兆円)とな...
 6月の鉱工業生産指数、前年同月比+7.0%増 (2日)
 統計総局(GSO)の発表によると、6月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率は前月比で+10.3%増、前年同月比では+7.0%増加した。  また、1~6月期の鉱工業生産指数は前年同期比+2.8%増となっている。  1~6月期製造・加工業の製品のうち、前年同期比で最...
 6月全国CPI、前年同月比+3.17% 前月比は+0.66% (1日)
 統計総局(GSO)の発表によると、2020年6月の全国消費者物価指数(CPI)は前月比で+0.66%、前年同月比では+3.17%上昇した。1~6月期の上昇率は前年同期比+4.19%だった。  6月のCPIが前月比で上昇した要因として、ガソリン・石油価格と豚肉価格が引...
 上半期の交通事故、件数・死傷者数ともに▲14~22%減少 (6/30)
 国家交通安全委員会の発表によると、2020年1~6月期(2019年12月15日~2020年6月14日)に全国で発生した交通事故件数は前年同期比▲19.02%(▲1595件)減の6790件、死亡者数は同▲14.91%(▲568人)減の3242人、負傷者数は同▲22.32%(▲1419...
 1~6月期GDP成長率+1.81%、直近10年間で最低 新型コロナ禍で (6/29)
 統計総局(GSO)の発表によると、2020年1~6月期の国内総生産(GDP)成長率(推定値)は前年同期比+1.81%で、前年同期の+6.76%から大きく減速した。4~6月のGDP成長率は+0.36%だった。  4~6月および1~6月期として共に直近10年間で最低値と...
 工業団地・経済区、20年上半期のFDI認可総額6400億円 (6/26)
 計画投資省によると、2020年1~6月期における全国の工業団地および経済区への海外直接投資(FDI)案件数は約335件で、認可総額(新規と追加投資を含む)は約60億USD(約6400億円)と推定される。  これにより、ベトナムへのFDI案件数は累計で9835件、認可総額...
 20年Q1のオフィス賃貸料、ハノイとホーチミン共に小幅上昇 (6/24)
 米不動産サービス大手クッシュマン&ウェイクフィールド(Cushman & Wakefield=C&W)が発表した2020年1~3月期におけるハノイ市とホーチミン市の賃貸オフィス市場レポートによると、新型コロナ禍の影響があるにも関わらず、両市のオフィス入居率は共に9割を超えて...
 5月の訪日ベトナム人は10人未満、前年同月比▲100%減 コロナ禍の影響続く (6/18)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2020年5月の訪日ベトナム人の数は前年同月比▲100%減のわずか10人未満だった。ベトナムは今年2月まで、2012年1月から8年2か月連続で各月の最高値を更新していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により3月...
 5月の対日貿易収支、466億6900万円の黒字 前年同月比▲36.1%減 (6/18)
 日本の財務省が発表した2020年5月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲36.1%減の466億6900万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比▲13.8%減の1162億3300万円、ベトナムから日本への輸出額は同▲21.6%...
 5月新車販売台数、前年同月比▲30%減 1~5月期▲34%減 (6/15)
 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、5月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーター含まず)は1万9081台で、前月比+62%増、前年同月比では▲30%減少した。このうち、国産車が前月比+50%増、輸入車は同+83%増となった...
 5月の貿易収支、10億USDの黒字 1~5月期は35億USDの黒字 (6/15)
 税関総局が発表した統計データによると、2020年5月の輸出額は前月比+9.1%増の191億8600万USD(約2兆0530億円)、輸入額は同▲1.9%減の181億7600万USD(約1兆9450億円)だった。これにより、5月の貿易収支は10億1000万USD(約1080億円)の...
 駐在員の世界生活費ランキング、ホーチミン111位・ハノイ116位 (6/11)
 米国の組織・人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が発表した「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey)」の都市ランキングによると、ベトナムの2大都市の生活費は、対象となった世界209都市の中でホーチミン市が111位(前年120位)、ハノ...
 19年の即席めん需要、ベトナムは54.3億食に増加 世界5位 (6/5)
 世界ラーメン協会(WINA)によると、2019年におけるベトナムのインスタントラーメン(即席麺)需要は54億3000万食で、前年比+2億3000万食増加し、順位は前年と同じ世界5位だった。  WINAの統計を見ると、ベトナムの年間即席麺需要は、◇2012年:50億6000万食(...
 5月の新設外資企業191件、前年同月比▲37.8%減 (6/4)
 各省・市の計画投資局のデータによると、2020年5月に全国で新規設立された外資企業および支店、営業所、駐在員事務所の数は前月比+5.52%増、前年同月比▲37.79%減の191件で、うち会社が180件、支店が4件、営業所が6件、駐在員事務所が1件だった。  新設外資企業・...
 1~5月期のFDI認可額、前年同期比▲17%減 日本4位 (6/3)
 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2020年1~5月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比▲17%減の138億8575万USD(約1兆5000億円)だった。  また、同期の実行額(推定値)は同▲8.2%減の67億US...
 5月日経PMI、6か月ぶり上昇 (6/3)
 日本経済新聞およびマークイット社が発表した2020年5月のベトナム・日経PMI(製造業購買担当者指数)は前月比で+10ポイント上昇の42.7で、6か月ぶりに上昇した。  ベトナムのPMIは、19年8月から3か月連続で低下し、11月は上昇、12月と20年1月は再び低下し...
 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)