ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

観光記事一覧

アジアのベストビーチ、ベトナムから2か所選出 トリップアドバイザー (24日)
世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「2024 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト ビーチ」を発表した。 これは、2022年10月から2023年9月までの1年間に世界中の旅行者か
ブンタウ~コンダオ島間の双胴高速船、3月から運航再開 (23日)
フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は3月2日(土)から、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市と同省コンダオ島を結ぶ双胴高速船「コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)」の運航を再開すると発表した。同高速船は、悪
ホーチミン市人民委員会庁舎の一般公開、24年は12回実施 (23日)
ホーチミン市は、2024年の市人民委員会・人民評議会庁舎(1区レタントン=Le Thanh Tong通り86番地)の一般公開計画を発表した。 毎月の最終土曜日・日曜日に合計12回実施する。具体的な日程は以下の通り。
ホーチミン:第2回リバーフェスティバルを開催、5月末から (23日)
ホーチミン市は今夏、「第2回リバーフェスティバル2024」を開催する。開催場所は、サイゴン港やヒエップフオック港など。イベントの目玉は、昨年のアートプログラム「サイゴン-川が物語る」の続編となる「伝説の舟」。 同
タンソンニャット空港、テトUターンラッシュで旅客数の新記録樹立 (20日)
ホーチミン市のタンソンニャット国際空港では、テト(旧正月)のUターンラッシュとなった2月16日(金)から18日(日)にかけて、1日当たりの旅客数が約15万~15万4000人に達し、テト期間中の旅客輸送数の新記録を3日連続で更新した。
ダナン:辰年モニュメントを集めて「ドラゴンパーク」造成へ (20日)
南中部沿岸地方ダナン市建設局は、辰年の2024年を祝う市内各地のフラワーロードで設置された竜のモニュメントを一か所に集めて、「ドラゴンパーク」を造成することを同市人民委員会に提案した。 「ドラゴンパーク」は面積2
ベトジェットエア、運賃0VNDキャンペーン実施 (20日)
格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、新年を祝って2月20日(火)12時00分から2月26日(月)23時59分まで、国内線と国際線のエコク
ホーチミン:テトのフラワーロード終了、ドラゴンの像は3月まで展示 (17日)
ホーチミン市でテト(旧正月)の名物となっている1区歩行者天国グエンフエ(Nguyen Hue)通りの「フラワーロード」が、8日間の会期を経て14日に終了した。 14日21時から各種モニュメントの解体作業が始まったが、フラワーロー
テトの観光客数、各地で前年比+5~50%増 (15日)
2月8日から14日(旧暦12月29日から1月5日)までの7日間のテト(旧正月)休暇における国内観光客の数は前年比+16.6%増の1050万人となった。このうち、宿泊を伴う観光者数が同+75.0%増の350万人へと急増した。 テト期間中の平
ハノイ:タンロン遺跡と旧市街を結ぶ観光用電気自動車が運行開始 (9日)
ハノイ市のタンロン遺産保存センターとホアンキエム区人民委員会傘下のドンスアン(Dong Xuan)は5日、バーディン区にある世界遺産タンロン城王宮跡(タンロン遺跡)と旧市街を結ぶ観光用電気自動車(EV)の運行を開始した。 ホ
韓国LCCエアロK、清州~ダナン線を就航 (7日)
韓国の格安航空会社(LCC)のエアロK(Aero K)は5日、韓国の清州(チョンジュ)と南中部沿岸地方ダナン市を結ぶ新路線を就航した。 清州~ダナン線は1日1便の運航。出発時刻はいずれも現地時間で、清州発便が22時05分、ダナン発
ハノイ:還剣伝説を再現、ホアンキエム湖で「神秘的な夜」体験プログラムを実施 (5日)
ハノイ観光地・遺跡管理委員会は31日、ハノイ市におけるナイトツアーの一環として、市中心部ホアンキエム区のホアンキエム湖(還剣湖)に浮かぶ島にあるゴックソン寺院(Den Ngoc Son)で「ゴックソン、神秘的な夜」をテーマとした体験プログラ
ダナン:空港とバーナーヒルズを結ぶバスが運行開始 (1/31)
南中部沿岸地方ダナン市交通運輸局は27日、新たな路線バス4本の運行を開始した。 運行を開始したのは、◇03番(ダナン国際空港~サンワールド・バーナーヒルズ)、◇09番(ダナン腫瘍病院~ファムフン通り)、◇13番(ダナン腫
韓国のロッテ免税店とモドゥツアーが提携、ベトナム観光市場活性化へ (1/30)
免税店舗事業を手掛ける韓国のロッテ免税店(Lotte Duty Free)と韓国の大手旅行代理店であるモドゥツアー(Mode Tour)はこのほど、ベトナム観光市場の活性化に向け協力するため、覚書(MOU)を締結した。 韓国人に人気の旅行先
ホーチミン:ファンシックロン飲食街がオープン、改善点指摘も (1/30)
ホーチミン市フーニュアン区のファンシックロン(Phan Xich Long)通りの飲食街(フードストリート)が26日夜、オープンした。 ハノイ市から出張でホーチミン市を訪れたというドゥック・ロンさんは、フードストリートのオープ
旧正月の訪問先、ベトナムがアジア太平洋地域トップ5に (1/27)
デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ(Agoda)」は23日、テト(旧正月)の時期にアジア太平洋地域を訪れる観光客が検索する目的地として、ベトナムがトップ5に入ったと明らかにした。ベトナムは、美しい景色、多様な文化、美味しいグルメのお
ホーチミン:カンゾー郡に新たなナイトマーケットが誕生 (1/26)
ホーチミン市カンゾー郡で1月26日夜、カンタイン・ナイトマーケット(cho dem Can Thanh)がオープンする。これは歩行者天国と屋台を組み合わせたもので、郡当局は週末の新たな観光スポットとなることを期待している。 カン
24年の世界最高の都市トップ50、ハノイが36位 東京は8位 (1/26)
英国タイムアウト誌(Time Out)は、「2024年の世界最高の都市トップ50(The 50 best cities in the world in 2024)」のリストを発表した。ベト
ベトジェットエア、ホーチミン~成都線を2月10日就航 (1/26)
格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は2月10日、ホーチミン市と中国の成都を結ぶ直行便を就航する。 ホーチミ
ホーチミン:観光用電気自動車200台を試験導入へ (1/25)
ホーチミン市交通運輸局はこのほど、同市人民委員会に対して、市内の1区と4区、5区、6区で観光用電気自動車(EV)を試験的に導入する案を提出した。 同案によると、2024年1~3月期から2025年末にかけての期間に、5~14人乗り
 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved