ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

経済記事一覧

 政府、国営・政府系企業141社から出資金回収へ 再編計画で (1日)
 レ・ミン・カイ副首相は11月29日、2022~2025年における国営企業・政府出資企業再編計画に関する決定第1479号/QD-TTgを公布した。  決定第1479号によると、2022~2025年の期間に政府が100%出資を維持する企業は195社となる。また、出資金の...
 ベトナム・ブロックチェーン協会、韓国NFTコンテンツ協会などと協力覚書を締結 (1日)
 ダウトゥー紙(Bao Dau Tu)は28日、ベトナム・ブロックチェーン協会(VBA)、韓国NFTコンテンツ協会(Korea NFT Content Association=KONCA)、韓国NBN TV(内外経済TV)と共に、「ベトナムと韓国のテクノロジー投資をつなぐ」と題したイ...
 食品宅配サービスのクッキー、450万USD調達 (1日)
 食品宅配サービスのスタートアップ企業「クッキー(Cooky)」はこのほど、投資ファンド2社から合わせて450万USD(約6億3000万円)の出資を獲得した。  今回の出資者は、韓国の投資ファンドであるネクストランス(Nextrans)と地場ベンチャーキャピタルファン...
 アハムーブとビンファスト、国内初の電動バイク配車サービス展開 (1日)
 運送・配送会社アハムーブ(Ahamove)と地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)はこのほど、国内初となる電動バイクによる配車サービス「アハライド(AhaRide)」を開始した。
 デンマークの海運大手マースク、ベトナムのEC物流市場を強化 (11/30)
 ベトナムの電子商取引(eコマース=EC)市場規模が急拡大していることを背景に、コンテナ船世界最大手であるデンマークのA.P.モラー・マースク(A.P. Moller - Maersk)は、ベトナムのEC向け物流市場の開拓を強化している。  マースクは3か月前に香港物...
 国際鉄道輸送能力を5倍に増強、交通運輸省が提案 (11/30)
 交通運輸省はこのほど、ファム・ミン・チン首相に「2030年までの国際鉄道輸送能力強化計画案」を提出した。計画案では、国際鉄道輸送能力を2021年の110万tから2030年までにその4~5倍にあたる400万~500万tに増強することを目指す。  このうち、北部ハノイ市と南...
 ハイネケン、ブンタウ工場への追加投資で覚書締結 (11/30)
 オランダ系ビール大手のハイネケン・ベトナム・ブルワリー(Heineken Vietnam Brewery)はこのほど、東南部地方バリア・ブンタウ省人民委員会との間で、ブンタウ工場の拡張に関する覚書(MOU)を締結した。  ブンタウ工場は、同社が2016年にデンマーク系カ...
 ロンソン石油化学コンプレックス、専用港・貯蔵タンク・中央プラントが竣工 (11/30)
 東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市ロンソン村(xa Long Son, TP. Vung Tau)で建設中のロンソン石油化学コンプレックス案件で、専用港・貯蔵タンク・中央プラントがこのほど竣工した。竣工式にはファム・ミン・チン首相が出席した。  同案件は、タイのサイ...
 ビンズオン省とチュオンハイ自動車、機械産業専用の工業団地開発で協力 (11/30)
 東南部地方ビンズオン省人民委員会はこのほど、地場系自動車メーカー大手チュオンハイ自動車[THACO](Truong Hai Automobile)との間で、機械産業専用工業団地の開発に関する協力覚書(MOU)を締結した。  MOUによると、
 メタバース、ベトナムでの経済効果は90億~170億USD (11/29)
 世界大手の会計事務所デロイト(Deloitte)によると、メタバースは今後毎年、国内総生産(GDP)の1.3~2.4%に相当する90億~170億USD(約1兆2500億~2兆3600億円)をベトナム経済にもたらす見通し。  これは、同社による「アジアのメタバース、経...
 水産物輸出、初の100億USD突破 通年は110億USD達成の見通し (11/29)
 ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)のチュオン・ディン・ホエ氏はこのほど、年初来の水産物の輸出額が100億USD(約1兆4000億円)を突破し、通年では110億USD(約1兆5300億円)に達するとの見通しを明らかにした。  年初来の主要品目別の輸出額は、エビが前...
 ベトナムの1人当たりGDP、現USDベースで15年間で4.7倍 (11/29)
 米経済誌フォーブス(Forbes)は最近掲載した記事の中で、ベトナムの国民1人当たり国内総生産(GDP)は世界の全ての国の中で最も印象的な成長を遂げているとし、これはベトナム経済のダイナミズムと目覚ましい発展を反映していると強調した。  世界銀行(WB)の最新データによると...
 テーゾイジードン投資、インドネシアに家電量販店1号店をオープン (11/29)
 携帯電話小売・家電小売最大手でミニスーパーを拡大中のテーゾイジードン投資[MWG](Mobile World Investment Corporation)はこのほど、インドネシアで家電小売店チェーン「エラブルー(Era Blue)」の1号店をオープンした。
 韓国三一製薬のホーチミン点眼薬工場が完成、年産規模3.3億個 (11/29)
 韓国の三一(サミル)製薬(SamilPharmaceutical)はこのほど、ホーチミン市直轄トゥードゥック市にあるサイゴンハイテクパーク(SHTP)で、点眼薬の医薬品受託製造開発機関(CDMO)工場の竣工式を開催したと発表した。  竣工式には、在ベトナム韓国大使館...
 ベトナム産ザボン、米国への輸出開始 (11/29)
 ベトナム産ザボン(ブオイザーサイン=buoi Da Xanh)は6年間にわたる交渉の末、対米輸出が正式に許可された。南部メコンデルタ地方ベンチェ省人民委員会と農業農村開発省は28日、初出荷を祝う記念式典を開催した。  これにより、米国がこれまでに輸入を認めたベトナム...
 主要上場企業30社の7~9月業績、過半数が増益 1社のみ赤字に (11/28)
 VN30インデックスを構成する主要上場企業30社全ての2022年7~9月財務諸表が出揃った。同期の30社の売上高合計は前年同期比+23.9%増の391兆5540億VND(約2兆2000億円)、税引後利益合計は同+7.1%増の63兆8780億VND(約3550億円)の増収増...
 果物価格が急騰、公式ルートによる中国輸出が背景に 農家は3年ぶり黒字化 (11/28)
 マンゴスチンやマンゴー、ランブータンの販売価格が前年同期に比べて2~3倍上昇しており、コロナ禍で苦しんできた果物農家は、3年ぶりに利益を上げることができた。  ホーチミン市ビンタイン区バーチエウ(Ba Chieu)市場では、マンゴスチンが1kg当たり23万~25万VND(約128...
 10月のスマホシェア、iPhone 14人気でアップルが2位に浮上 (11/28)
 ベトナムのスマートフォン市場に関するドイツ系市場調査会社GfKの統計によると、2022年10月における市場シェアは、韓国サムスン(Samsung)が全体の32.6%を占めトップに立った。  以下、◇米アップル(Apple):20.5%、◇中国オッポ(Oppo):19.8%、◇...
 信頼性の高い製薬会社トップ10、製薬部門でハウザン製薬が1位 (11/28)
 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート=Vietnam Report)はこのほど、2022年の信頼性の高い製薬会社トップ10を発表した。  製薬部門では、ハウザン製薬[DHG](Hau Giang Pharmaceutical)が1位となった。
 ホーチミン、23年のGRDP成長率+7.03~8.08% HIDS予想 (11/28)
 ホーチミン市発展研究所(HIDS)はこのほど、2023年における同市の域内総生産(GRDP)成長率予測に関する3つのシナリオを発表した。  ベースラインのシナリオでは、2023年のGRDP成長率が+7.5%となる見込み。  楽観的なシナリオでは、2023年のGRDP成...
 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved