ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

経済記事一覧

 ダナン:公的予算外案件の原則承認 審査期間を最短5日に (2日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会(市役所)は、公的予算以外の資金を原資とする投資案件について、原則承認の審査期間を現行の15 日間から5~7日間に短縮することを決定した。これは同市計画投資局が2月25日に明らかにしたもの。  また同市は、複雑な案件や未解決の問題が存...
 ベトナムの新車自動車販売台数、2020年は東南アジア4位 (2日)
 2020年におけるベトナムの新車自動車販売台数は前年比▲8%減の40万7487台で、タイ、インドネシア、マレーシアに次ぐ東南アジア4位の多さだった。  このうちベトナム自動車工業会(VAMA)の加盟企業による販売台数は28万3983台。この他では、TCモーター(現代車)...
 カインホア省、高級リゾートにリースした海水面を公共ビーチに転換 (2日)
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、地場ソビコ・カインホア(Sovico Khanh Hoa)にリースしていた同省ニャチャン市のズオンビーチ(bai Duong)の海水面1万m2を回収し、公共ビーチに転換することを決定した。  この海水面は、高級リゾート...
 非公式市場で対USDレートが2.4万VNDに迫る 米国の長期国債金利上昇の影響 (1日)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は3月1日、対USD銀行間為替レート(中銀公定レート)を、前回(2月27日)の1USD=2万3130VNDから▲15VNDドン安に調整し、1USD=2万3145VNDとした。  公定レートの許容変動幅はこれまでと同じ±3.0%で変わってい...
 カントー:夜間経済発展計画案を策定、ニンキエウ区で試行へ (1日)
 南部メコンデルタ地方カントー市人民委員会はこのほど、同市の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)発展計画案の承認に関する決定第404号/QD-UBNDを公布した。  同案では、同市ニンキエウ区で夜間経済事業を試行する。ハウ川沿いやニンキエウ・フェリー乗り場、ナイトマーケ...
 ホアファットG、自社ブランドのコンテナ製造を計画 (1日)
 国内最大手の鉄鋼メーカーホアファットグループ[HPG](Hoa Phat Group)は、東南部地方ビンズオン省または同ドンナイ省で自社ブランドのコンテナ製造工場を建設する計画だ。  この背景には、世界での深刻なコンテナ不足により、海上
 航空・関連サービス企業、20年業績と21年見通し (1日)
 航空・航空関連企業11社の2020年業績は、新型コロナ禍で大打撃を受けた多くの会社が大幅な減益や赤字となった一方、航空貨物輸送関連サービスを手掛ける各社は小幅な減益にとどまった。  11社の2020年売上高合計は前年比▲60%減の70兆4290億VND(約3250億円)、親会社株...
 工業団地開発会社13社の20年業績、開発用地拡大計画も (2/26)
 工業団地開発会社13社の2020年業績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、全体の54%にあたる7社が減益となった。一方、大幅な増収増益となり、株価が大きく上昇した会社もある。 ■増収増益だった会社■  
 ベトナム航空、ロンタイン国際空港で航空サービス投資を計画 (2/26)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はこのほど、東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡で建設されているロンタイン国際空港案件の各種航空サービスに投資する計画を明らかにした。  投資総額は9兆9000億VND(約450億円)で、うち30%を
 タンソンニャット空港詳細計画改訂版が承認、気象観測用レーダーなど整備 (2/26)
 交通運輸省はこのほど、「2021~2030年のホーチミン市タンソンニャット国際空港詳細計画」改訂版を承認した。  改訂後の計画によると、同空港の北東側に気象ドップラーレーダーシステム(面積1600m2)を整備する。また、第2旅客ターミナルの南東側に面積300m2の駐車場...
 テト期間中の航空会社定時運航率、バンブー航空96.7%でトップ (2/26)
 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)は、2021年テト(旧正月)期間にあたる1月19日~2月18日における国内航空会社6社の定時運航率に関するデータを発表した。  地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航
 会社の福利厚生に満足の労働者、全体の3割に留まる (2/26)
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(Navigos Group)がこのほど発表した「2021年の人材市場:雇用機会と採用課題、現在の給与」と題したレポートによると、会社の福利厚生に満足している労働者...
 FPT情報通信、9社目の傘下企業「FPTデジタル」を設立 (2/26)
 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)は、9社目の傘下企業となる「FPTデジタル(FPT Digital)」を設立した。  新会社では、デジタルトランスフォーメーション(DX)コンサルティングサービスを提供する。資本金は600億V
 労働者の5割超がベトナム経済成長見通しを楽観視 (2/25)
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(Navigos Group)はこのほど、「2021年の人材市場:雇用機会と採用課題、現在の給与」と題したレポートを発表した。  35業種の労働者6000人を対象に実...
 ノートPCやウェブカメラの需要急増、オンライン授業で (2/25)
 ベトナムでは、テト(旧正月)明けからノート型パソコンやタブレット、ウェブカメラなどの需要が急増している。  この背景には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてテト明けも引き続き休校措置が適用され、教育機関はオンライン授業で対応していることがある。  
 質屋チェーン「T99」、市場に新規参入 芸能人らも出資 (2/25)
 男性歌手のカオ・タイ・ソンさんはこのほど、質屋チェーン「T99」を運営するT99フィナンシャルグループ(T99 Financial Group)との間で投資提携契約を締結した。これにより、ソンさんはT99に200億VND(約9200万円)を投じてT99株を取得する。  ...
 B2C電子商取引指数、ベトナムは152か国・地域中63位 (2/25)
 国連貿易開発会議(UNCTAD)が発表した企業対消費者取引(B2C)の電子商取引(eコマース=EC)の潜在力を指数化した「B2C電子商取引指数(B2C E-commerce Index)」2020年版によると、ベトナムは世界152か国・地域中63位、東アジア・南アジア・東...
 ニンビン省:ケインガー・バンチン観光区を建設へ、投資総額10億USD超 (2/25)
 北部紅河デルタ地方ニンビン省人民委員会はこのほど、2050年までを視野に入れた2030年までのケインガー・バンチン(Kenh Ga – Van Trinh)観光区建設計画案を承認した。  同案件は、同省ザービエン郡ザーラック村(xa Gia Lac, huyen...
 ビングループのLG電子スマホ事業買収計画、合意ならず白紙に (2/25)
 韓国メディアによると、韓国のLG電子(LG Electronics)がベトナムのコングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)にスマートフォン事業を譲渡する計画について、双方で交渉を進めていたが、合意に至らず取引は白紙となった。
 ビンスマート製のスマホ3機種、米国で販売開始 39.9USDから (2/25)
 ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンスマート(VinSmart)が製造した米国の通信大手AT&Tブランドのスマートフォン3機種が、今年初めから米国で販売されている。  3機種は、「マエストロ・プラス(Maestro Plus)」、「モティベート(
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited