ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

生活記事一覧

24年のテト7連休、建国記念日4連休に 労働省が発表 (23/11/23)
労働傷病兵社会省は22日、2024年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2024年2月10日)と9月2日の建国記念日に伴う休暇について、テトを2024年2月8日(木)から2月14日(水)までの7連休、建国記念日を8月31日(土)から9月3日(火)までの4連休とすること
ホーチミン:週末に各区・郡で断水、浄水場メンテナンスで (23/11/17)
サイゴン水道総公社(サワコ=SAWACO)によると、ホーチミン市のホックモン郡にあるタンヒエップ浄水場およびクチ郡にあるホアフー原水ポンプ所のメンテナンスに伴い、11月18日(土)午後9時から翌19日(日)午前5時にかけて、市内の一部の区・郡
ホーチミン:週末に一部の区・郡で断水、メンテナンスで (23/11/10)
サイゴン水道総公社(サワコ=SAWACO)によると、ホーチミン市のトゥードゥックウォーターB.O.O(Thu Duc Water B.O.O)の中・低圧配電盤システムのメンテナンスに伴い、11月11日(土)午後11時から翌12日(日)午前2時にかけて、ホーチミン市内の一
首相、24年のテト7連休の案に同意 建国記念日は4連休 (23/11/6)
ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2024年2月10日)に伴う休暇について、2024年2月8日(木)~2月14日(水)の7連休とする労働傷病兵社会省の案に同意した。 また首相は、2024年9月2日(
10月のベトジョー記事アクセス数ランキング (23/11/6)
VIETJOベトナムニュースが10月に配信した記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:【動画】 ハノイ:ホン川で発見のバラバラ遺体、身元は17歳のミスコン準優勝者と判明
10月のベトジョー記事10選:国会開幕、NICホアラック開業など (23/11/6)
10月は、第15期(2021~2026年)国会第6回会議が開幕しました。今国会は、10月23日から11月10日までと11月20日から11月29日までの2期に分けて開催されます。 また、ハノイ市のホアラックハイテクパーク(HHTP)で、国家イノベ
24年のテト7連休、建国記念日4連休 労働省が政府に提案 (23/10/31)
労働傷病兵社会省は27日、各方面への意見聴取を経て、2024年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2024年2月10日)に伴う休暇について、2024年2月8日(木)から2月14日(水)までの7連休とする案を政府に提出した。 現行規定では、テ
9月のベトジョー記事10選:バイデン米大統領の訪越など (23/10/10)
9月はジョー・バイデン米大統領がベトナムを公式訪問しました。グエン・フー・チョン書記長との会談では、両国関係を包括的パートナーシップから包括的・戦略的パートナーシップに格上げする共同声明が採択されました。 ま
9月のベトジョー記事アクセス数ランキング (23/10/10)
VIETJOベトナムニュースが9月に配信した記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:ゲーム課金で借金、強盗殺人の高3男子に死刑判決
ホーチミン:週末に一部の区・郡とトゥードゥック市で断水 (23/9/28)
サイゴン水道総公社(サワコ=SAWACO)によると、ホーチミン市直轄トゥードゥック市にあるトゥードゥック浄水場の設備メンテナンスに伴い、9月30日(土)午後9時から10月1日(日)午前5時にかけて、市内の一部の区・郡とトゥードゥック市が断水と
8月のベトジョー記事アクセス数ランキング (23/9/4)
VIETJOベトナムニュースが8月に配信した記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:高級売春ルート摘発、元客室乗務員の女を逮捕客室乗務員やモデルなど仲介
8月のベトジョー記事10選:ビンファストのナスダック上場、ビザ緩和など (23/9/4)
8月は、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社である電気自動車(EV)メーカーのビンファストオート(VinFast Auto)がナス
9月2日の建国記念日78周年に読みたい記事8選 (23/9/2)
9月2日はベトナムの建国記念日(国慶節)です。今から78年前の1945年9月2日、故ホー・チ・ミン主席が「独立宣言(Tuyen ngon doc lap)」を発表し、ベトナム民主共和国(Viet Nam Dan Chu Cong Hoa)が成立。東南アジア初の社会主義国家が...
ハノイ:オーシャンパーク~空港間の電気バス路線を開設へ (23/8/15)
交通運輸省はこのほど、ハノイ市人民委員会が提案した新たな電気バス路線の開設計画に合意する文書を発出した。 計画によると、新たに開設する「E10番」は、ザーラム郡の都市区「ビンホームズ・オーシャンパーク(Vinhomes
7月のベトジョー記事アクセス数ランキング (23/8/9)
VIETJOベトナムニュースが7月に配信した記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:ベトナム外務省、福島第一原発の処理水放出について立場表明
7月のベトジョー記事10選:コロナ禍特別便汚職事件の裁判、BLACKPINKベトナム公演など (23/8/9)
7月は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を背景に運航された帰国者など向けの特別便の認可を巡る汚職事件の裁判が行われました。前駐日ベトナム特命全権大使のブー・ホン・ナム被告は禁固2年6か月、前外務次官のトー・アイン・ズン被告(
ダナン:補助金付き路線バス5路線を運行開始 (23/7/19)
大手長距離バスのフタバスラインズ(FUTA Bus Lines、Phuong Trang=フオンチャン)は17日、南中部沿岸地方ダナン市交通運輸局と協力し、補助金が支給される路線バス5路線の運行を開始した。 5路線は以下の通り。
ハノイ:生活用水道料金の値上げ決定、2段階で引き上げ (23/7/12)
ハノイ市人民委員会はこのほど、生活用水道料金の値上げを承認する決定第3541号/QD-UBNDを発出した。 1m3当たりの生活用水道料金は以下の通り。
ハノイ:ノイバイ空港のターミナル間で電気シャトルバス運行開始 (23/7/5)
ハノイ市のノイバイ国際空港は1日、第1ターミナル(T1)と第2ターミナル(T2)を結ぶ電気シャトルバス「NIA」の運行を開始した。 乗り継ぎでT1とT2の間を移動する乗客を対象とし、無料で利用できる。1日156便を運行し、運行時
6月のベトジョー記事アクセス数ランキング (23/7/5)
VIETJOベトナムニュースが6月に配信した記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:南北高速道路の工事現場で橋桁落下事故、クレーン操作ミスで
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved