台頭するベトナムバスケ、NBA史上初のベトナム系選手が誕生

2022/06/27 15:55 JST配信

 NBAドラフト2022が6月23日に行われ、ベトナム系米国人のジェイリン・ウィリアムズ(Jaylin Williams、19歳)が全体34位でオクラホマシティ・サンダーに指名された。NBAドラフトでベトナム系選手が指名されるのは今回が初めてで、同選手は史上初のベトナム系NBAプレーヤーとなった。

(C)VOV
(C)VOV

 ジェイリン・ウィリアムズは、アーカンソー州フォートスミス出身。身長208cm、体重109kgでポジションはセンター(C)。全米大学体育協会(NCAA)のアーカンソー大学でプレーしていたが、2年目にブレイクして今回のNBAドラフトで指名された。同選手は母方がベトナム系移民。母親のリンダさんが熱烈なバスケットファンで、息子をバスケットに誘った。

(C)Tien Phong

 また、同じくベトナム系米国人のジョニー・アイン・ジューザン(Jonathan Anh Juzang、21歳)は今回のドラフトで指名されなかったものの、2ウェイ契約(Two-way contract)でユタ・ジャズへの入団が決まった。

 カリフォルニア州ロサンゼルス出身のジョニー・アイン・ジューザンは、米国人の父とベトナム人の母の間に生まれた。身長198cm、体重95kg。ポジションはシューティングガード(SG)で、NCAAのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でプレーしていた。

(C) Sports5

 兄のクリスチャンも元プロバスケット選手で、ハーバード大学を卒業後、ベトナムプロバスケット(VBA)のサイゴンヒートでプレー。クリスチャンは今年5月にハノイ市で開催された第31回東南アジア競技大会(SEA Games 31)でベトナム代表としてプレーした。

(C) Zing

 2ウェイ契約とは、NBA球団と下部組織のGリーグ球団と2つの契約を結ぶ方式で、2017年のオフシーズンから導入された。NBA球団は各2名まで契約できる。2ウェイ契約選手は、シーズンの大半をGリーグチームでプレーすることになるが、シーズン中45日間だけNBAチームのロスター(公式戦メンバー)に登録可能。

 このところ、ベトナムバスケット界はベトナム系アメリカ人のスターたちの話題で持ちきりだ。先日開催されたSEA Games 31では、テキサス州ヒューストン出身の双子姉妹、チュオン・タオ・ミーとチュオン・タオ・ヴィがベトナム代表として3×3に出場し、ベトナムに銀メダルをもたらした。

(C) Vietnamnet

 バスケットボールのベトナム代表は、混血選手の招集に積極的なため、今後ベトナム系NBAプレーヤーがベトナム代表に招集される可能性も十分にある。東南アジアのバスケットでは、フィリピンやタイなどを中心に多くの混血選手が活躍中。ベトナムもこれに対抗して混血選手でチームを強化して国際大会で結果を残し、まずは国内のバスケ熱を高めることでバスケ人口を増やしていきたい考え。

[Tienphong 12:15 24/06/2022,Zing 14:38 24/6/2022 U]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

 米女子バスケットボールのプロリーグであるWNBAの2024年ドラフト会議がニューヨークで15日に行われ、ゴ...
 B.LEAGUE B2東地区に所属する青森ワッツの運営会社「青森スポーツクリエイション(青森県青森市)」は28...
 90年代の日本でバスケブームを巻き起こした大人気漫画「SLAM DUNK」の劇場版「THE FIRST SLAM DUNK(ベ...
 全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1のウェスト・コースト・カンファレンス(WCC)はこのほど、カンファ...
 ベトナム系米国人のジェイリン・ウィリアムズ(Jaylin Williams、19歳)はこのほど、NBAのオクラホマシテ...

新着ニュース一覧

 ホーチミン市1区グエンフエ通り68番地で6日、「阮(グエン)朝王宮博物館」と「ベトナム54民族宝飾品博物...
 金融系サイト「InsiderMonkey」がこのほど発表したアジアの美女大国トップ20によると、ベトナムは韓国...
 日刊紙「中央日報」などを擁する韓国のメディア企業である中央グループ(JoongAng Group)傘下のテレビ局...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 北部紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡ソンホー村に暮らすブー・ミン・ハンさんは、愛車の「ミ...
 財政省は、政府に提出した特別消費税法改正案の中で、ビール・アルコール類の特別消費税(SCT)をロード...
 韓国電力公社(KEPCO)とベトナム電力グループ(EVN)はこのほど、気候変動に対応する新技術、および次世代...
 中国の大手自動車メーカーである奇瑞汽車(Chery Automobile)傘下のオモダ&ジェコ自動車(Omoda & Jaeco...
 11日に行われた米国カリフォルニア州サンフランシスコ市当局の投票の結果、ベトナム語が同市の公用語の...
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、ニャチャン湾内の4区域でのダイビング活動の試行案...
 調査会社スタートアップブリンク(StartupBlink)が発表した「グローバルスタートアップエコシステムイン...
 インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によると、ベトナムと海外を結ぶ光海底ケーブル5本のうち...
 労働傷病兵社会省児童局のダン・ホア・ナム局長は、このほど開かれた児童労働の防止をテーマとしたセミ...
 欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)に輸入されるベトナム製の即席めんを含む輸入食品に対する規制を7月2日...
 英国タイムズ紙(The Times)が発行する高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(The Time...
 デシジョンラボ(Decision Lab)が発表した「2024年のトラベルブランドランキング」によると、
トップページに戻る