SNSでテトのバイク帰省仲間探し、同郷たちと愛する故郷へ

2024/02/04 10:26 JST配信

 旧暦12月の半ば、南中部高原地方ザライ省出身の会社員のビック・ゴックさん(女性)は、昼休みを利用してテト(旧正月)前の旧暦12月27日にバイクで一緒に故郷へ帰るグループへの参加を申し込んだ。

イメージ写真
イメージ写真

 ゴックさんは、バイクでの400kmの旅は決して快適ではないとわかっているが、他に選択肢はなかった。「ホーチミン市からザライ省まで長距離バスで帰るとなると、いつもの2倍の50万~60万VND(約3000~3600円)はかかり、さらにバイクの駐車料金も70万VND(約4200円)以上の出費になってしまいます。これだけで、テトに使うお金の5分の1が飛んで行ってしまうんです」とゴックさんは語る。

 2023年のテトにも、ゴックさんはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でザライ省までバイクで帰省する仲間を探した。こうしたグループでは、旧暦12月の初めごろからお互いを知って詳細な計画を立てるためにオフラインで交流する。

 そして、皆で約束した日に30~50人のグループで、道案内チームとトラブルサポートチームとともに、故郷へ向けて出発する。「私は女性で1人旅でもあるので、グループに参加することで安全に帰省することができます」とゴックさん。2024年のテトは、ゴックさんにとって2回目のバイク帰省となる。

 ザライ省出身の工場労働者であるルオン・バン・トゥさん(男性・26歳)は、この4年間、同郷の仲間とバイクで一緒に帰省している。トゥさんは乗り物に酔いやすく、テトのぎゅうぎゅう詰めのバスに乗るのを避けるため、バイクで帰省しているという。「バイクで帰れば、途中で休憩したり食べたり飲んだり、時間も自由ですから」とトゥさん。

 トゥさんがバイクで帰省するもう1つの理由は、仕事の都合でテト休みが直前までわからないため、休みがわかった時点ですでにバスの運賃が高くなっていたり、もしくは売り切れてしまっていたりするからだ。そのため、2019年末から「バイク帰省」のグループに参加し、同郷の帰省仲間を探している。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 06:30 28/1/2024, A]
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

この記事の関連ニュース

(本記事は、ベトナム現地紙の読者コラムを翻訳・編集したものです。)  皆さんは、テト(旧正月)をどの...

新着ニュース一覧

 世界各地で「ウィンドウズ(Windows)」搭載パソコンでのシステム障害が発生したが、ベトナムの各空港で...
 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の建国記念日(9月2日)に伴う休暇について、2024年8月31日(土...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 情報通信省は19日に開催されたデジタル変革に関する会合で、ベトナムのデジタル経済成長のスピードが東...
 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと...
 バンブーキャピタルグループ[BCG](Bamboo Capital Group)はこのほど、ホ
 米系不動産サービス大手クッシュマン&ウェイクフィールド・ベトナム(Cushman & Wakefield Vietnam=C&...
 7月11日から22日にかけて英国で開催された「第65回国際数学オリンピック(IMO 2024)」で、ベトナム代表...
 ハノイ市カウザイ区人民委員会は19日、マイジック街区ドンサー市場(cho Dong Xa)における「スマート市...
 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市クーラオチャム島の沖合で20日、観光船が沈没する事故が発生した...
 ホーチミン市12区のクアンチュンソフトウェアパークにあるスカイエキスポベトナム(Sky Expo Vietnam:d...
 ベトナムの最高指導者であるベトナム共産党グエン・フー・チョン書記長が19日に死去したことを受け、ジ...
 公安省捜査警察機関は19日、不動産デベロッパーであるクオッククオン・ザライ
 ベトナム共産党の葬儀委員会は、7月19日に80歳で死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26...
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社
トップページに戻る