ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:閉院予定の国際病院、債務返済で医療設備売却

2017/04/21 04:50 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, Tran Ngoan
(C) vnexpress, Tran Ngoan 写真の拡大

 ホーチミン市2区で2015年3月に開業し4月28日の閉院を予定しているフックアンカン国際総合病院の投資主であるフックアンカン国際総合病院株式会社はこのほど、債務返済のために同病院と医療設備を売却する計画を発表した。

 同病院は子宮がんや乳がんの検査・治療に利用されるMRI装置やX線診断装置などの最新設備を備えており、価値は総額2000億VND(約9億6000万円)に上る。同社は売却した資金をもとに、3か月間で従業員への未払い分給料の支払いを全て終える見通しだ。

 同病院が抱えている累積赤字額と未払い分給料の合計は約1000億VND(約4億8000万円)に上る。更に、社会保険料や健康保険料、失業保険料も未払いの状態だ。同病院は非効率的な経営が続いたことにより赤字に陥っているため、28日で閉院となる。

 同病院は、同市で初めての試みとして、売れ残った高層マンション群「タイビンプラザ(Thai Binh Plaza)」の5棟を病院に転用したもの。22階建てビル5棟から成り、建築面積3000m2、延べ床面積7万m2、病床数500床。投資総額は2兆5500億VND(約123億円)。

[Tran Ngoan, VnExpress, 10:21 (GMT+7) 20/4/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントをどうぞ
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)