ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本食レストランが急増、ホーチミン市だけで250軒

2013/05/08 16:43 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre,TTD
(C)Tuoi tre,TTD 写真の拡大

 ベトナムで日本食レストランが急増しており、ホーチミン市だけでも250軒以上に上る。以前は日本人が多く住んでいる1区中心部の一部の通りに集中していたが、今ではどこでも見られるようになった。寿司、刺身、天ぷら、ラーメン、焼き鳥など何でもござれだ。4日付トゥオイチェー紙(電子版)が報じた。

 2012年9月に3区ナムキーコイギア通りにオープンした日本式屋台横丁「東京タウン」の管理者ダオ・ミン・トゥン氏によると、1日当たり500~600人の客が訪れるが、その80%以上がベトナム人だという。ベトナム人が好むメニューは、たこ焼き、お好み焼き、寿司、ラーメン、串カツなど。

 1区の広告会社に勤める女性ズオンさんは、昼食や友人らとの会食で日本食レストランを利用しており、薄い味付けがベトナム人の味覚に合うという。「値段は少し高いけれど、同様のサービスを提供するベトナムレストランに行けば同じぐらいかかるから」と話す。

 日本食レストランをよく利用するのは、安定した収入があり進取の気性に富んだ若者が多い。食品の安全性や健康面、サービスの質、店の雰囲気などが、好まれるポイントのようだ。

[Tuoi tre online, 04/05/2013 07:12 (GMT + 7),O].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)