ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
コラム記事一覧
 5分で業界まるわかり!人材紹介会社・覆面座談会~後編:日本人の海外就職と人材業界の今後~ (16/8/27)
 日系企業のベトナム進出が相次ぐ中、日系企業のベトナム人と日本人の採用需要も増えている。こうした人材を採用したい企業と企業に勤めたい人材を繋ぐのが、人材紹介会社の役目だ。今回、ベトナムの人材紹介会社に勤める人材コンサルタントの3人にお集まりいただき、第1回VIETJO覆面座談会をホ...
 ベトナムのセキュリティ事情(最終回):ベトナムの警備業と警備員について (16/8/13)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  これまでベトナムのセキュリティ事情について書いて来ましたが、今回が最終回です。最終回は、ベトナムの警備業および警備員について説明します。 ベトナムの警備業および警備会社の数  日本国内では、「警備業法」と...
 5分で業界まるわかり!人材紹介会社・覆面座談会~前編:ここがもったいないよ日系企業~ (16/7/9)
 日系企業のベトナム進出が相次ぐ中、日系企業のベトナム人と日本人の採用需要も増えている。こうした人材を採用したい企業と企業に勤めたい人材を繋ぐのが、人材紹介会社の役目だ。  今回、ベトナムの人材紹介会社に勤める人材コンサルタントの3人にお集まりいただき、第1回VIETJO覆面...
 ベトナムの人材事情(7):ベトナム人従業員の定着率を向上させるには? (16/5/7)
 こんにちは、G.A.コンサルタンツの関です。前回の続編として今回は、リテンション(従業員の定着率向上)についてもう少しお話をしたいと思います。  具体的事例についてお話をする前に、まず1つの考え方をご紹介します。色々なリテンションについての方法論がありますが、この考...
 ベトナムの人材事情(6):ベトナム人の転職動機スイッチと繋ぎ止め策 (16/4/30)
 こんにちは、G.A.コンサルタンツの関です。大分ご無沙汰しております。出だしから個人的なお話で恐縮ですが、実は長年住み慣れていたホーチミン市を昨年末に離れ、今は生活の拠点がハノイ市へ移っています。引き続きホーチミン市には頻繁に出張で顔を出しておりますが。そういった事情もあ...
 ベトナムのセキュリティ事情(11):オフィスや工場で発生する内部トラブル (16/4/23)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  前回までは、オフィスや工場で発生する窃盗への対策として、警備の視点から対策を説明してきました。今回は、オフィスや工場で日々発生する社内トラブル(内部不正など)について説明します。 社内トラブルランキング  下...
 ベトナムのセキュリティ事情(10):テト直前のセキュリティ対策~24のチェック項目~ (16/1/23)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  今回は、内部不正について書く予定でしたが、予定を変更して「テト(旧正月)直前のセキュリティ対策」について説明します。 犯罪が増加するテト前後  統計数字が発表されていないので、多少感覚的な話になります...
 ベトナムのセキュリティ事情(9):センサーの活用事例その2 (15/12/19)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  前回の記事「ベトナムのセキュリティ事情(8):センサーの活用事例その1」の最後に、「赤外線が張り巡らされた金庫室の中を、特殊なメガネを装着して、アクロバティックに潜り抜けるシーンがありますが、実は演出上の話で、現...
 ベトナムのセキュリティ事情(8):センサーの活用事例その1 (15/11/7)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  前回の記事「ベトナムのセキュリティ事情(7):機械警備とは?」で、日本における最新の警備技術について書いたところ、意外?に反響が大きく、ベトナムでもドローンを飛ばして工場の敷地を監視したい、というニーズをいただき...
 ベトナムのセキュリティ事情(7):機械警備とは? (15/10/24)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。今回から数回に分けて、警備業界の中でも技術革新が最も進んでいる「機械警備」を説明します。 機械警備のイメージ  皆さんは「機械警備」と聞いて、何をイメージされるでしょうか?  警備ロボットでしょうか?  そ...
 ベトナムの人材事情(5):その候補者、本当に採用して大丈夫ですか?~職務経歴・給与交渉編~ (15/10/17)
 こんにちは、G.A.コンサルタンツの関です。少し間が空いてしまいましたが、前回に引き続き「その候補者、本当に採用して大丈夫ですか?」の続編ということで、今回はもう少し面談でお話する中身にフォーカスした内容についてお話したいと思います。  なお、繰り返しになりますが、本内...
 ベトナム会計税務事情(3):不正対策、監査だけで十分? (15/10/10)
 皆様、こんにちは。SCS Global Consultingの尾崎と申します。今回は会計税務コラム第3回として、ベトナムでの会計監査と不正事情について少しお話させて頂きます。 ベトナムでの会計監査制度について  まずは堅苦しい話で恐縮ですが、制度の概要から説明...
 ベトナムのセキュリティ事情(6):工場のセキュリティ~対策その3・人の動きをコントロールする~ (15/9/19)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  今回は、「防止」の観点から、工場やオフィスの中で人の動き(「動線」と呼びます)をコントロールしセキュリティを向上させる方法について説明します。 いかにして不正侵入を防止するか  ベトナムでは、昼食時など事...
 ベトナムの法律事情(2):改正住宅法/建設中の不動産に投資するには? (15/9/5)
 皆さん、こんにちは。インドシナ・リーガル(IndochinaLegal)のロマーリョ(Lomaglio)です。  今回は、前回の「外国人向け住宅用不動産」に引き続き、「建設中の不動産に投資するには?」をテーマとして、改正住宅法について解説していきたいと思います。 ...
 ベトナムの人材事情(4):その候補者、本当に採用して大丈夫ですか?~外見・しぐさ編~ (15/8/29)
 こんにちは、G.A.コンサルタンツの関です。今回のタイトル「その候補者、本当に採用して大丈夫ですか?」でおわかりの通り、採用してNGの可能性が高い候補者を面接段階でどう見分けるか、人材会社の立場として内部採用・クライアント向けの面接に携わってきた私なりの考えをまとめたいと...
 ベトナム会計税務事情(2):利益は出ているのに、余裕が無い (15/8/22)
 皆様、こんにちは。SCS Global Consultingの尾崎と申します。今回は会計税務コラム第2回として、利益はあるのに何となく余裕がない、という事態について説明したいと思います。 勘定合って銭足らず  今回のタイトルを読んで、「黒字倒産」を連想された方...
 ベトナムのセキュリティ事情(5):工場のセキュリティ~対策その2~ (15/8/15)
 皆さん、こんにちは。ALSOKベトナムの安立です。  前回(工場のセキュリティ~対策その1~)で、「抑止」および「証拠保存」という観点から監視カメラをご紹介したところ、コラムを読んだ工場経営者の方から質問がありましたので、この場をお借りして回答します。読者の方からの...
 ベトナムの人材事情(3):ベトナム人材を管理職に抜擢する際の注意点 (15/8/8)
 こんにちは、G.A.コンサルタンツの関です。このコラムでは、ベトナム人材に関するお話を筆者の独断と偏見で切り口を変えながら書き綴っていきます。今回は、ベトナム人スタッフを管理職へ抜擢する際に注意すべきことをお話させて頂きます。 メリットがなければ昇格したくない  最初...
 ベトナムの人材事情(2):パラサイトシングルの特徴と見極めポイント (15/7/25)
 皆さん、こんにちは。G.A.コンサルタンツの関です。日頃弊社では、人材を紹介する立場から「どういった人間が一生懸命働くか、事前に見極めるポイントはありますか?」という質問を頂きます。ポイントは多岐に渡り、絞ることがなかなか難しいところですが、逆に失敗する確率が高いパラサイ...
 ベトナムの法律事情(1):改正住宅法/外国人向け住宅用不動産 (15/7/18)
 皆さん、初めまして。インドシナ・リーガル(IndochinaLegal)のロマーリョ(Lomaglio)と申します。弊社はベトナム現地の法律事務所です。20年間にわたり、ベトナムにおいて外国人投資家向けに法律上のアドバイスを提供してきました。  ベトナムの法律は複雑で...
1 | 2 | 
次のページ 
(1/2)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)