【第82回】解説:ベトナムのDXの現状と今後の見通し【未来を創るベトナムビジネス】

2021/06/12 10:27 JST配信

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生以降、日本国内では急速にデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んでいる。デジタル化が世界と比較して遅れている日本であるが、今後デジタル技術の活用と浸透は不可逆的な時代の変化となるだろう。

 一方で、ベトナムでも近年になり、急速にDXが進んでいる。「リープフロッグ現象」という言葉で表されるように、基礎インフラの整備や法整備、既得権益の関係確立が進んでいない新興国で最先端技術の導入により一気に発展する現象が起きている。基礎インフラが整っていないベトナムでも、最先端技術の導入により、先進国を追い抜いて一気に発展することが今後起きてくるだろう。

 例えば、日本ではいわゆる「白タク」と呼ばれるライドシェアは禁止されているが、ベトナムでは配車アプリのグラブ(Grab)が国民の間で普及し、数年前までそこら中で見かけたバイクタクシーの姿が消えた。料金体系が不透明で時にぼったくり問題が起きるバイクタクシーは過去の遺物になりつつある。

 この記事では、ベトナムで急速に発展し続けるDXの現状と今後の見通しについて見ていきたい。

DXがもたらすベトナム社会の変化:労働生産性の向上

 デジタル技術の活用が進むことで、ベトナムの各業界での労働生産性が飛躍的に向上することが予測される。特に、ベトナムにおいて、伝統的な技術の活用に固執している製造業や農業でこの変化は顕著になるだろう。また、DXが国民1人当たりの所得、1人当たりの国内総生産(GDP)増加につながる。

 DXがソリューションを提供できる分野は多岐にわたる。例えば、行政手続きのデジタル化である。ベトナムでは行政職員の対応が遅い等の問題が生じており、一部では賄賂も横行していると言われている。行政手続きの電子化により、こうした職員に依存する問題はなくなるだろう。

 また、現金支払いが中心であるベトナムでも電子決済の普及が進んでいる。ベトナムの隣国のカンボジアでは、世界に先駆けてカンボジア国立銀行がブロックチェーン技術を活用して、安全・簡単・迅速かつ無料の決済・送金を実現するトークン型デジタル決済「バコン」を開発した。銀行口座を持たない国民の割合が多いカンボジアであったが、農村地域でもスマートフォンは普及している。

 中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)の開発には保守的な姿勢のベトナムであるが、同じ共産党一党独裁の中国では既に実証実験が進められている。人口が比較的少ないカンボジアでは検討開始から正式導入までわずか4年程度で実現した。ベトナム政府の今後の取り組みが注目される。

DXの恩恵を最も受ける業界:卸・小売、製造、金融

出所:Australian Aid "VIETNAM’S FUTURE DIGITAL ECONOMY TOWARDS 2030 AND 2045"

 2030年及び2045年までのベトナム産業全体におけるデジタル技術のGDPへの全体的な影響シナリオを表した図である。これによれば、デジタル技術の恩恵を最も受ける業界として、卸売・小売、製造、金融、建設が挙げられる。

 ベトナムでは人件費が安価であるために、デジタル技術への投資より、大量の労働者による手作業が主流となっていた。今後、人件費削減の効果が高い製造業、卸売・小売、金融を中心にデジタル技術の活用が進んでいくものと考えられる。

2045年までにベトナムが高所得国になるにはDXが必須

 経済協力開発機構(OECD)は、2045年までにベトナムが高所得国になるためには、近代化プロジェクトへの投資、環境汚染の改善、マクロ経済管理と並んで、デジタル化推進が必須項目と指摘している。OECDによれば、現在の成長モデルでは、2058年までにベトナムは高所得国にはなれないとしており、デジタル化による労働生産性の向上がキーポイントになるとしている。

ベトナムのDXの領域

・電子政府(行政のデジタル化)

 ベトナム政府の改革によって近年急速に進んでおり、多くのスタートアップ企業が関与している。この分野は広く、行政手続きの電子化に留まらず、公立病院における患者の管理システム、教育におけるデジタルツールの活用、ドローン活用、スマートシティ、住民登録を対象としたブロックチェーンといった分野も含まれている。

・スタートアップ企業支援とエコシステム

 ベトナム国内でも多くのスタートアップ企業が勃興しており、グローバル規模でのスタートアップ企業への投資は10億USD(約1090億円)に及んでいる。

・ICT部門への海外直接投資

 ベトナム政府の投資優遇措置により、ICT部門への多くの海外直接投資を引き付けている。特にITインフラ及び施設への投資が盛んになっている。

 次回の記事では、ベトナムにおけるデジタル消費に焦点を当てて分析を続けていきたい。

著者紹介
ONE-VALUE株式会社
代表:PHI HOA(フィ ホア)
日本本社:東京都江東区亀戸2-28-3 アセッツ亀戸 2階
ハノイ事務所:No. 21, Le Van Luong Street, Thanh Xuan, Hanoi, Vietnam
主要事業:経営コンサルティング、人材育成開発及び人材紹介、日越間のビジネスマッチング支援


■ONE-VALUEはベトナムに特化した経営コンサルティングサービスを主に提供しております。具体的にはベトナム市場参入・事業展開アドバイザリー、ベトナム市場調査、M&Aアドバイザリーを日本企業のお客様向けに提供しており、ベトナム政府・民間企業・業界団体とのネットワーク、ベトナムの各産業に関する深い知見と洞察、ベトナム進出支援の実務経験を強みとしています

■また、ONE-VALUEはエネルギー(再生可能エネルギー等)、ハイテク農業、スマートシティ、教育・人材、消費財の5分野をフォーカス分野として注力していますが、その他の分野でも積極的に日本企業のベトナム進出を支援しています

■ベトナムビジネスにご関心のある方は以下からONE-VALUEの専門家へお問合せください

■ONE-VALUEはベトナム市場動向、業界分析等の深い情報を自社ホームページ、TwitterやFacebook等のSNSに掲載しております。また、日本・ベトナム間のビジネス交流ネットワークのFacebookグループも運営していますので、こちらもお気軽にご覧ください


□HP:https://onevalue.jp/
□Email:contact@onevalue.jp
□Twitter : https://twitter.com/onevalue_vn
□Facebook:https://www.facebook.com/onevalue
□Facebookグループページ「日本・ベトナムビジネス交流会」: https://www.facebook.com/groups/779940089431088/
未来を創るベトナムビジネス
その他の記事はこちら>
Clip to Evernote

© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
新着ニュース一覧
 年2回主要なベトナム大手企業の業績・情報を更新する「2021年度下半期版 ベトナム上場企業 T...
 新型コロナウイルスワクチンの共同調達に関する国際的な枠組みである「コバックス・ファシリティ(C...
 第54回ASEAN外相会議(AMM-54)が2日、オンライン形式で開催され、ASEAN加盟10か国の外...
 卸売業者で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したこと...
 ベトナム国家銀行(中央銀行)傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)はこのほど、決済サービス料...
 国内最大手の格安航空会社ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2021年4
 ホーチミン市では7月26日以降、配達・宅配サービスについて、1つの区・郡またはトゥードゥック...
 新型コロナの国内第4波の感染が広がっているホーチミン市はこのほど、ワクチン接種の加速を目指し...
 掲示板監視・投稿監視等のアウトソーシングサービスを手掛けるイー・ガーディアン株式会社(東京都...
 保健省の3日午前の発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は前日...
 保健省は2日朝、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として各自治体が独自の判断で...
 ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)によると、7月31日の時点で保健省からホーチミン市に...
 ベトナム政府はこのほど、電気料金値下げ案に関する政府決議第83号/NQ-CPを公布した。値下...
 ハノイ市のドンドー私立大学(Dong Do University)が違法に学生を募集し、多数の大学卒...
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2021年1~7月期に全国で新規設立された企業は...
トップページに戻る
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited