ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

【第2回】まさか私まで・・・日本人が陥りやすい「ベトナムマジック」とは?【VIETJO LIFEコラム:[ロジ・ポジ]】

2018/03/26 12:00 JST配信
Clip to Evernote

(本記事は、2018年3月23日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。)

皆さん、こんにちは。 廣済堂HRベトナム の堀岡(ほりおか)です。
コラム[ロジ・ポジ]では、ベトナムで暮らす日本人と日本が好きなベトナム人が、少しでも気持ち良い生活を送ってもらえるように、ベトナムをロジカル(ちょっと辛口)に分析し、ポジティブに解説しています。

第2回は日本人が陥りやすい ベトナムマジック についてです。

日本人がベトナムに来たら思うこと

ベトナムが初めての海外という人も、何ヶ国か滞在した後の人でも、 ベトナムって日本に似ているなぁ と思いますよね?

外見が似ている → 目鼻立ち、ファッション、体格
食生活が似ている → 食器、食材、調理方法、調味料
家族観が似ている → 親を敬い、家族を大切にする
宗教観が似ている → 基本は仏教系。クリスマスなど他宗教のイベントも祝う
上下関係が似ている → 年上に対する言葉遣い


その上、親日国で、日本語が溢れ、夜中に歩いても安全となると、感覚的には70%以上似ていると言って良いかも知れません。

前回 解説したとおり、日本人は常に行間を読み、1・3・5を聞いたら10まで理解するのが当然という奇妙な社会で生活します。そこで養われるのが、50%を理解すると残り50%を自動的に補完する能力です。しかし、ベトナムのあれこれが70%も日本に似ていると、その 優れた補完能力が裏目に出て しまい、「残り30%も日本と同じだろう」と誤解するのです。これが、いわゆる「ベトナムマジック」です。

実際の生活ではどうなる?

例えば、夜中に一人で歩いても大丈夫という体験を重ねると、ベトナムは 日本並みの治安だ と錯覚し、当初あったはずの警戒心が低下していきます。つい路上で、かかって来た電話に出てスマホを盗まれたり、ほろ酔い気分で歩いていてひったくりに遭ったりと、治安の良さが日本に似ているからこそ起きる現象は、まさにマジックのようです。


テト旧正月)の直前、当社ホーチミンオフィスの社員がひったくりに遭いました。金曜の夜、日本食レストランで飲食した後、タクシーに乗る際、後ろから来た二人乗りのバイクに、車道側に持っていた手提げ鞄を盗られたそうです。彼は身長185?、体重100kgの巨漢で、しかも香港に8年、カンボジアに2年、ベトナムに1年と海外生活には慣れているはずなのに、です。こんな、絵にかいたように典型的なひったくり被害に遭うほど 日本人は油断してしまうことがある と認識する必要があります。

そこで、折角なのでベトナムの治安について考察してみたいと思います。


本文の続きはこちら → VIETJO LIFE「【第2回】まさか私まで・・・日本人が陥りやすい「ベトナムマジック」とは?
コラム「[ロジ・ポジ]」の一覧はこちら → 「[ロジ・ポジ]

著者紹介
堀岡宏至(ほりおかこうじ)
石川県金沢市出身。早稲田大学卒。ベルリンに4年、ホーチミンに2年、ハノイに1年(現在)。新しいことへのチャレンジと海外旅行(北半球51ヶ国)を趣味とし、特技は、超ポジティブ思考とパソコンの分解修理。

現在、廣済堂HRベトナムの副社長 & ZEN日本語・ベトナム語センターの社長 & YUKI日本語センターの顧問。「ロジカルシンキング」「グローバル人材」等の研修講師を務め、時間があれば大学生にも講義を行う。

基本はシャイで無口だが、話し始めると止まらない、と言われる。
[ロジ・ポジ]
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)