ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

【第49回】再エネ大国ベトナム:屋根置き太陽光発電が急成長【未来を創るベトナムビジネス】

2021/02/13 05:49 JST配信
Clip to Evernote

 ベトナムで屋根置き太陽光発電への投資が進んでいる。太陽光発電の固定価格買取制度(FIT制度)の期限が、2020年12月末と期限が迫っていたが、期限前にベトナム全国で一挙に屋根置き太陽光発電の導入が進んだ。大型石炭火力の開発を進めてきたベトナム政府であるが、近年になり、再エネ開発へ大きく方針を転換。この記事では太陽光発電の開発動向において、最新動向を考察していきたい。


ベトナムは東南アジア域内でも太陽光発電の開発ポテンシャルが高い国の1つ

 ベトナムは東南アジア域内でも特に日射量の条件に恵まれた国である。米国国際開発庁(USAID)・米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の分析資料によれば、ベトナムは太陽光発電に適する土地が79万km2程度存在している。特に、南中部沿岸地方ダナン市より南に位置する南中部から南部は日射量の条件が良好な地域で、太陽光発電の開発ポテンシャルが非常に高い地域である。

 一方で、ベトナム政府は他の東南アジア諸国と比較しても、太陽光発電の開発目標については非常に高い目標値を掲げている。具体的にはベトナム政府は2030年までに太陽光発電の設備容量1万2000MWの導入目標を掲げており、これはタイやインドネシア、フィリピンと比較しても高い目標値であることが分かる。




FIT期限を目前にわずか1か月で7000MWp相当が新規導入

 ベトナム政府が定めた太陽光発電のFIT制度の期限は2020年12月末に迫っていた。ベトナム電力グループ(EVN)による20年間の電力全量買取(8.38セント/kWh)が適用されるには、12月末までに商業運転を開始することが各プロジェクトに求められる。

 期限を目前にベトナム国内では太陽光発電の開発は一挙に進んだ。EVNによれば、12月31日までに10万1029件の屋根置き太陽光発電プロジェクト(最大9296MWp)の総設備容量で電力システムに接続されたという。前月の11月末時点では、7万4281件(2876MWp)が電力システムに接続されていたため、わずか1か月で新たに7000MWpが導入された計算になる。

 現地報道によれば、期限となる12月31日を目前とした数日間に導入が進んだようである。12月28日時点でベトナム全国で合計5289MWpに相当する8万6003プロジェクトが商業運転を開始済みであった。一方、12月31日には全国合計で9296MWpに相当する10万1029プロジェクトが商業運転開始済みとなった。

 現地国営メディアによれば、2021年1月1日時点で、ベトナム全国で商業運転を開始した太陽光発電プロジェクトは1万9400MWpに及んでおり、このうち約47.9%に相当する約9300MWpが屋根置き型プロジェクトである。全国の太陽光発電プロジェクト1万9400MWpは約1万6500MWに相当し、ベトナム全国の総設備容量の約25%を占めている。

 また、2020年の1年間、ベトナムの太陽光発電システムによる総発電量は106億kWhに及び(このうち屋根置き型は11億6000万kWh)、全国の総発電量の約4.3%を占める結果となった。

 

今後の見通し:屋根置き太陽光発電のセカンダリー市場の発展

 太陽光発電の開発が一挙に進んだベトナムであるが、2021年以降のFIT制度の取り扱いについては、ベトナム政府から公式のアナウンスがまだ出ていない状況である。ベトナム政府内では入札制度への移行や直接電力供給契約(Direct Power Purchase Agreement=DPPA)のモデル導入が検討されており、既に試験的な動きも始まっている。

 DPPAにより、国家送電網に接続された太陽光プラントを有する発電事業者を対象に、産業用需要家との間で直接電力供給契約を締結することも可能になる。現時点では正式な決定は出ていないものの、今後のベトナム太陽光発電はFIT制度の延長、または新しいモデルの導入により、発展が続いていくものと考えられる。

 また、屋根置き太陽光発電はセカンダリー市場も発展している。案件の多くが許認可の取得が簡素化される1MW未満の案件であると考えられ、日本企業にとって、屋根置き太陽光発電の買収や出資は、ベトナムでの太陽光発電への投資を考える上で、収益性や許認可の確認、商業運転開始後のオペレーション、現地ネットワークの開発等に関する知見やノウハウを蓄えるための良い機会になると考えている。今後も引き続き、ベトナムの太陽光発電市場の動向を注視していきたい。

著者紹介
ONE-VALUE株式会社
代表:PHI HOA(フィ ホア)
日本本社:東京都江東区亀戸2-28-3 アセッツ亀戸 2階
ハノイ事務所:No. 21, Le Van Luong Street, Thanh Xuan, Hanoi, Vietnam
主要事業:経営コンサルティング、人材育成開発及び人材紹介、日越間のビジネスマッチング支援


■ONE-VALUEはベトナムに特化した経営コンサルティングサービスを主に提供しております。具体的にはベトナム市場参入・事業展開アドバイザリー、ベトナム市場調査、M&Aアドバイザリーを日本企業のお客様向けに提供しており、ベトナム政府・民間企業・業界団体とのネットワーク、ベトナムの各産業に関する深い知見と洞察、ベトナム進出支援の実務経験を強みとしています

■また、ONE-VALUEはエネルギー(再生可能エネルギー等)、ハイテク農業、スマートシティ、教育・人材、消費財の5分野をフォーカス分野として注力していますが、その他の分野でも積極的に日本企業のベトナム進出を支援しています

■ベトナムビジネスにご関心のある方は以下からONE-VALUEの専門家へお問合せください

■ONE-VALUEはベトナム市場動向、業界分析等の深い情報を自社ホームページ、TwitterやFacebook等のSNSに掲載しております。また、日本・ベトナム間のビジネス交流ネットワークのFacebookグループも運営していますので、こちらもお気軽にご覧ください


□HP:https://onevalue.jp/
□Email:contact@onevalue.jp
□Twitter : https://twitter.com/onevalue_vn
□Facebook:https://www.facebook.com/onevalue
□Facebookグループページ「日本・ベトナムビジネス交流会」: https://www.facebook.com/groups/779940089431088/
未来を創るベトナムビジネス
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited