ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第33回】ベトナム人の知っている日本食は?

2016/12/07 08:00 JST配信

ベトナム人は非常に親日で、日本の文化に非常に関心が高い点については、もう言うまでもないかもしれません。今回のテーマは、 ベトナム人と日本食 についてです。ベトナム人はどんな日本食を食べるのか、またその頻度はどのくらいなのか。16歳~49歳のベトナム人男女500人を対象に調査してみました。

日本食は好き?

日本食を食べたことのある人に「日本食は好き?」と聞くと 7割の人が「大好き」もしくは「好き」 と回答しています。外国の料理の中で 日本料理は最も人気のある料理の一つ かもしれません。

日本食を食べる頻度は?

日本食がベトナムで浸透しているかと言うと、必ずしもそうとは言い切れません。日本食を 「月に一度以上食べる」と回答した人はなんと全体の11% 、「6ヶ月以内」であっても2割に留まります。まだまだ日本食はほとんどのベトナム人にとって、非日常なもので、 「日本食を食べたことがない」人も4割に至る のが実情です。

「日本食が好き」というので、日本食レストランに連れて行ったら、「刺身が食べられない」、「実はよく日本料理を知らなかった」というのはよくある話です。様々なイメージやニュースから直感的に「日本料理も好き」と思い込んでしまっている傾向すらあります。

どんな日本食を食べるの?

ベトナム人が知っている、または食べたことのある日本料理はどのようなものでしょうか。圧倒的に知名度及び体験度が高いのは やはり「寿司」 です。 8割強の人が知っており、半分の人が食べたことがある ようです。

最近はベトナム人が経営する廉価な寿司屋も多く営業していることから、食べたことがある人の割合も高まってきています。 寿司に続くのが「抹茶」 で、これは抹茶ラテや抹茶アイスなどのデザートの影響で女性の知名度が高めです。

実はこれ以外の日本食となると、一気に食べたことがある人の割合は下がります。最近は多くの日系チェーンがベトナムに進出していますが、実際にベトナム人の目に留まるにはもう少し時間がかかりそうです。

一方で、 「たこ焼き」 のように急速に店舗展開が広がっているような日本食もあります。ベトナムのレストラン検索サイト Foody によると、ホーチミンだけでも既にたこ焼きを提供するレストランや屋台は67もあるそうです。元々ストリートフードの多いベトナムですので、こういった廉価で気軽に食べられる日本食は浸透しやすいかもしれません。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
バンコクの越系6人死亡事件、日本への投資関連で金銭トラブル (17:44)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人の遺体が発見された事件で、ファム・ミン・チン首相は17日、外務省、公安省、駐タイ・ベトナム大使館宛て...

米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (16:44)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (14:14)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (13:42)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (13:19)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (6:54)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (6:17)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (5:55)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (5:43)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (4:30)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前年...

神戸製鋼所、ハナム省に銅板条スリット加工・販売拠点を開所 (4:07)

 株式会社神戸製鋼所(兵庫県神戸市)は13日、北部紅河デルタ地方ハナム省の第3ドンバン工業団地に設立した電子材料用銅板材のスリット(条切り)加工・販売および技術サービスを行う「コベルコ・カッパー・アロイ・...

ハイブリッドテクノロジーズ、ドコドアを子会社化 (3:22)

 日本とベトナムのリソースを活用したハイブリッドなシステム開発を行う株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区)は、総合デジタルマーケティング事業などを手掛けるドコドア株式会社(新潟県新潟市)の...

GKI、ダナンに開発センターを開設 (2:35)

 法人向け研修サービスやシステム構築・配信支援サービスなどを手掛ける株式会社GKI(北海道札幌市)は、南中部沿岸地方ダナン市に開発センター(ラボ)を開設した。  同社はテックゼン社(Techzen)とオフショア...

バンコクのベトナム系6人死亡事件、1人が5人を毒殺し自殺 (17日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で16日午後5時半ごろ、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人が死亡しているのが発見された事件で、タイ警察は17日、6人のうちの1人が飲み物にシアン...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved