ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第60回】ベトナムで人気のカフェ・レストランは?

2023/04/11 16:00 JST配信

ベトナムで人気のカフェ・レストランは?

ベトナムには多くのカフェ・レストランがあります。都市部を中心に1600以上のカフェチェーンと1500程度のレストランチェーンがあると言われており、特にカフェの多さはコーヒー大国ベトナムの特長と言えます。カフェで友人・家族と数時間会話を楽しんだり、仕事や勉強に時間を費やすのはベトナムの一般的な風景です。それではベトナムの人々はどういった外食店舗を利用しているのでしょうか?ホーチミン・ハノイの2都市で利用度や人気の店舗について調べてみました。

外食店舗の利用頻度を見てみると、やはりカフェの利用頻度の高さが目立ちます。6割弱の人々が週に1度以上カフェ関連のチェーン店舗を利用しています。一方で食事面となると、朝食の外食比率は高いものの路面店の利用が一般的なこともあり、外食の利用はファーストフードを除いてはそこまで高くはありません。

知名度と豊富なメニューで人気のHighlands Coffee

まず、人気のカフェを見てみると、店舗数の多いHighlands Coffeeがダントツの人気を集めています。ベトナム全土で600店舗もありブランド力も高く、メニューも豊富なことから性別・年齢を問わず多くの人々に親しまれています。続くのがメニューが特長的なPhuc Long、店舗の雰囲気が好評なThe Coffee Houseと続きます。グローバルブランドのStarbucksはブランド力は高いものの価格などの原因からそこまで利用が高くありません。

人気のチキンと浸透し切らないハンバーガー文化

レストランについて見てみると、やはり利用度が高いのがファーストフードです。とはいえ、ベトナムではハンバーガーよりもチキン系のメニューが人気で、人気のチェーン店舗もベトナムでの進出が早かったKFCやLotteriaなどの店舗です(ちなみにベトナムではLotteriaもハンバーガーよりもチキンを積極的に押しています)。マクドナルドについては価格が高めといったイメージが強く世界的なブランドの知名度はあるもののそこまで成功しているとは言えないのが現状です。廉価で手軽なバインミーと比較されてしまうのもハンバーガー中心のマクドナルドが他の国のような人気を集められない原因かもしれません。

家族で楽しむBBQ、Hotpot

ファーストフード以外では、家族や大人数で楽しめるBBQやHotpot(鍋)などの分野が人気で、ショッピングモールなどでは多くのチェーンが店舗を展開しています。その中で人気なのがKichi Kichi、Gogi House、King BBQ、Sumo BBQなどの店舗でいずれも魅力的な価格の食べ放題のメニューで顧客を集めています。そんな中でも、Gogi Houseはメニューの豊富さで、Kichi Kichiは廉価な価格で、King BBQはそのバランスで・・とそれぞれ異なる特長で親しまれています。

2割が日本食レストランを利用。ハレの日の日本料理

それでは日本食はどうでしょうか?「Sushi」などの知名度は非常に高いものの、実際に日本食のレストランを定期的に利用するのは都市部の2割程度の人々に限定されており、比較的収入が高めの20代・30代の利用が高めです。日本食のレストランチェーンはホーチミンを中心に展開している店舗が多く、2023年3月の時点でiSushiが22店舗、Tokyo Deliが15店舗、Sushi Teiが14店舗、Sushi Hokkaido Sachiが10店舗をベトナムで展開しています。他のレストランと比較しても価格が高いことから何かの記念や特別な時に利用する人が多いようです。寿司・刺身などの生魚系にとどまらず、天ぷら、茶碗蒸し、肉類まで幅広い料理が魅力的な見た目で提供されている点が人気を集めています。

ベトナム人は食については非常に保守的だと言われます。新たな食の浸透には時間のかかる国ではありますが、より収入の増加によりいろいろな料理を楽しむ傾向は見てとれます。今後モールなどがさまざまな地域で展開されたり、オンラインなどで手軽に様々な料理が楽しめるようになることでベトナム人の外食習慣も若者を中心に変わっていくのではないでしょうか?

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (14:14)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (13:42)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (13:19)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (6:54)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (6:17)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (5:55)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (5:43)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (4:30)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前年...

神戸製鋼所、ハナム省に銅板条スリット加工・販売拠点を開所 (4:07)

 株式会社神戸製鋼所(兵庫県神戸市)は13日、北部紅河デルタ地方ハナム省の第3ドンバン工業団地に設立した電子材料用銅板材のスリット(条切り)加工・販売および技術サービスを行う「コベルコ・カッパー・アロイ・...

ハイブリッドテクノロジーズ、ドコドアを子会社化 (3:22)

 日本とベトナムのリソースを活用したハイブリッドなシステム開発を行う株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区)は、総合デジタルマーケティング事業などを手掛けるドコドア株式会社(新潟県新潟市)の...

GKI、ダナンに開発センターを開設 (2:35)

 法人向け研修サービスやシステム構築・配信支援サービスなどを手掛ける株式会社GKI(北海道札幌市)は、南中部沿岸地方ダナン市に開発センター(ラボ)を開設した。  同社はテックゼン社(Techzen)とオフショア...

バンコクのベトナム系6人死亡事件、1人が5人を毒殺し自殺 (17日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で16日午後5時半ごろ、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人が死亡しているのが発見された事件で、タイ警察は17日、6人のうちの1人が飲み物にシアン...

財政省、減税政策を終了へ 25年以降は財政引き締め (17日)

 ホー・ドゥック・フォク財政相は15日に開催された1~6月期の国家財政総括会議で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を緩和するための支援策として実施してきた減税政策を終了すべき時が来たとの見解を...

国際協力銀行、オフィスビル開発事業に融資 東急が間接出資 (17日)

 国際協力銀行(JBIC、東京都千代田区)は、東急株式会社(東京都渋谷区)が間接出資するベトナム法人のフオンナム3A-1リアルエステート・ビジネス・アンド・インベストメント(Phuong Nam 3A-1 Real Estate Business...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved