ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム天文観光、新しいトレンドとして注目

2018/04/02 14:01 JST配信
Clip to Evernote
(C)Doanh nhan Sai Gon
(C)Doanh nhan Sai Gon 写真の拡大

 ベトナムの観光業界では、国内外の観光客を呼び込む新しいトレンドとして天文観光が注目されている。

 南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市ビンフオック街区のホンチョン観光区で2017年9月末、国内初の天文台であるニャチャン天文台が活動を開始した。

 同天文台には定員60人のプラネタリウムが併設されている。一部の観光業者は、ベトナム人の特に若い世代で科学に対する興味が高まりつつあり、最新の科学情報と娯楽を組み合わせた観光商品に人気が集まる可能性があるとみている。

 ハノイ市では、ニャチャン天文台より規模の大きな天文台がホアラックハイテクパークにある宇宙技術センター内の国家宇宙博物館で建設中で、同博物館と共に今年半ばにオープンする予定だ。

 同博物館は総床面積1675m2で、宇宙モデルや宇宙科学に関する研究・発明、隕石などが紹介・展示される。また、人工衛星をコントロールする技術者らの仕事の様子を直接見ることができるスペースも設けられる。

 ハノイ市ではまた、昨年7月に不動産開発会社のナムクオングループ(Nam Cuong Group)がハドン区ズオンノイ都市区内での野外天文学パーク建設計画を明らかにしている。
 

[Doanh nhan Sai Gon,19/3/2018,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [観光]
南北統一鉄道、2人部屋の新型車両を導入、ハノイ~ダナン間で (21日)
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)はこのほど、ハノイ市と南中部沿岸地方ダナン市を結ぶSE1号およびSE2号の列車にベッド2台コンパートメントの新型車両を導入した。南北統一鉄道で2人部屋の車両を導入...>> 続き
ベトナム航空、機内食でノリタケ食器を導入 (18日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)日本支社(東京都千代田区)は7月15日より、ベトナムと日本国内の5空港(羽田、成田、大阪、名古屋、福岡)を結ぶベトナム航空の新型機ビジネスクラスで洋食器メーカーである株...>> 続き
ハノイを360度体感、アプリとサイトで―ホアンキエム区人民委 (17日)
 ハノイ市ホアンキエム区人民委員会はこのほど、ハノイ市内の観光名所やホテル、レストラン、ツアー、国営機関などに関する観光情報アプリ「Hoankiem360°」を正式に導入し、合わせてウェブサイト「hoankiem360.v...>> 続き
ベトジェットエア、大阪~ホーチミン直行便を12月14日就航―ハノイ線も11月から (16日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、関西国際空港とホーチミン市タンソンニャット国際空港を結ぶ直行便を12月14日から就航する。  ホーチミン線の就航に先立ち、同社は関西国際...>> 続き
ベトナム航空、名古屋~ハノイ線にボーイング新型機を投入 (9日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)日本支社(東京都千代田区)は、2018年冬季スケジュールより名古屋~ハノイ線にボーイング社(Boeing)の最新鋭大型機「B787-9型機ドリームライナー(Dreamliner)」を投入する。...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)