ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

外国人材の生活向上・就職支援に取り組むベトナム人元留学生 -ベトナムに特化した経営コンサル&人材会社の立ち上げ

2021/01/14 JST配信
Clip to Evernote

来日ベトナム人による犯罪増加が深刻な問題に
 近年、日本国内で技能実習生や留学生を中心とした来日ベトナム人による犯罪が増加しており、大手メディアでも大々的に取り上げられるようになりました。2020年10月には、群馬県で家畜・果物窃盗の疑いでベトナム人グループが摘発され、全国でも広く報道されました。この事件が起きる以前から、来日ベトナム人による万引き、窃盗、集団暴行、不正送金、覚せい剤・大麻の売買といった犯罪や事件が増加しており、来日ベトナム人による犯罪の問題が日本国内で明るみになっています。
 実際に警視庁の統計を用いて、国籍別に刑法犯の外国人検挙件数の推移を見てみると、ベトナムが全体の3割を占めており、2019年にはベトナムが2位の中国の2,321件を上回り、検挙数が3,021件までに及んでいます。
 一方で、ベトナム人技能実習生や留学生が犯罪に至るまでには、不当な待遇、日本人コミュニティとの隔絶、正しい情報が取得できないといった、制度やコミュニティに起因する様々な構造上の問題があり、犯罪に走ってしまうような構造があると言います。そうした来日ベトナム人に関する問題解決に日々取り組んでいるのが、ベトナムに特化した経営コンサルティング・人材会社、ONE-VALUE株式会社を創業したホア氏です。今回は来日ベトナム人の生活向上や日本社会での外国人材活用に日々奔走しているホア氏に、そのビジョンと日本・ベトナムの将来の理想の姿について語っていただきました。
 ONE-VALUEはベトナムに特化したビジネスの会社として、経営コンサルティング事業(市場調査、経営戦略立案、日本・ベトナム間の投資・M&Aアドバイザリー)と人材事業(ベトナム人を中心とした人材紹介・派遣、人材育成、研修)を主に展開しています。

日本企業の課題解決として外国人材事業を展開
 ホア氏は2008年に日本政府の国費留学生として来日し、その後、大阪大学経済学部に進学しました。日本留学前はベトナム国家大学の名門校であるハノイ貿易大学で学んでいましたが、日本とベトナムの関係発展に貢献したいという強い想いから、ハノイ貿易大学を辞め、日本への留学を決心しました。不退転の覚悟で、後戻りできない状況を自ら作ったとのことです。
 大阪大学卒業後は大阪大学大学院、経済学研究科経営学系に進学し、経営学の研究に従事しましたが、この頃から日本企業のベトナム進出支援、経営コンサルティングに関する活動を学生ながらも個人で活動していたといいます。
 大阪大学大学院での修士課程を終えたあとも、ベトナム進出に関わる日本企業の課題を解決したいという想いから、デロイトトーマツコンサルティング合同会社に就職し、経営コンサルティング業務に従事しました。同社ではベトナムを軸に、エネルギー、環境、IT、林業、農業、人材、製紙、航空、教育など、多くの分野において、日本企業に対して、ベトナム市場調査、ベトナム進出の戦略策定、ベトナム企業の買収におけるM&Aアドバイザリー業務を提供してきました。また、ベトナム事業拡大のリーダーにも就任し、数々の日本企業のベトナム進出を成功に導いてきました。
 一方で、大手コンサルティングファームとして次のような2つの限界も感じていたといいます。1つ目の限界は、外資系コンサルティング会社はお客様から高額のコンサルフィーを頂いて、短期間で市場調査、戦略立案を行うため、プロジェクト期間が終了すれば、お客様への支援から離れてしまうという限界です。高額なコンサルフィーのために、企業のベトナム進出の実行支援の部分まで関わることができないことは非常に悲しく感じていました。
 また、2つ目の限界は、外資系コンサルティング会社では、お客様とチームになってリスクを共有し、投資を行うといったことができないという、ビジネスモデルとしての限界でした。一般的に、コンサルフィーを頂いて仕事をするというのはコンサル会社としての通常のビジネスモデルであるため、お客様とリスクを分かち合って、機会があれば一緒に投資を行うといった柔軟なビジネスモデルを実行することが非常に難しいと言います。
 こうした大手コンサル会社としての2つの限界を感じ、その限界を克服すべく、より柔軟にお客様のためになる支援を行うコンサル会社として、2018年にONE-VALUEを創業するに至りました。一方で、日本企業のベトナム進出支援活動を日々取り組む中で、経営課題として、多くの日本企業が人手不足・人材不足の課題を抱えており、外国人材の活用を検討している企業が非常に多いことに気づいたといいます。そこから、人材に関する事業をスピンアウトさせ、本格な人材事業の展開を始めました。  


来日ベトナム人が犯罪に走ってしまう構造的な要因を指摘
 来日ベトナム人の犯罪増加について、ホア氏は犯罪を行った本人に主な責任はあるものの、来日ベトナム人が犯罪に走ってしまう背景には、来日ベトナム人が日本社会で生活をしていく上での困難や境遇が関係していると言います。一部では、働き先や実習先となる日本企業での不当な待遇や給料未払い、日本人上司による暴言、外国人に対して無関心な日本人、人とのコミュニケーションや距離感に関する文化の違いが実態としてあると見ています。
 またホア氏は、来日ベトナム人が犯罪に走ってしまう構造的な要因として、主に2つの要因があると考察しています。1つ目は、多くの技能実習生や留学生が日本での就労にあたり、中間業者へ多額の手数料な支払うために、日本での収入レベルを超えた莫大な借金を背負っているという問題です。借金返済、ベトナムへの仕送りから経済的に困窮する場合もあり、今回の新型コロナ感染拡大により、働き先を失ってしまった人たちも大勢いると言います。
 また、2つ目の要因としては、多くのベトナム人技能実習生や留学生が来日直後は特に日本語が上手でなく、日本語による正しい情報取得ができず、SNSやインターネットにある情報の評価もできないという問題です。来日ベトナム人同士は先輩や友人のコミュニティが強く、先輩や知人に誘われて、正しくない情報を信じ込み、犯罪をそそのかされることが頻繫にあると言います。
 ホア氏は、人手不足が深刻化する日本社会では外国人技能実習生、留学生は社会を根幹から支える存在であるものの、最近は台湾や韓国といった日本以外の行先もあり、日本が働き先として選択されない可能性もあると指摘しています。特に技術や国際業務に関する高度人材にとっては、日本は魅力的な働き先でなくなりつつあると言います。それは、ベトナム国内でも給料が高い仕事ができる環境になりつつある上に、シンガポールやアメリカ、韓国等、外国人が働く上で環境が整備されている国がほかにも存在するからであり、日本社会、日本企業による外国人材の受入れ体制の整備、強化が必須であると指摘しています。
 

日本政府機関の活動にも積極的に参加。SNSを通じた情報発信も
 こうした経緯を踏まえて、ホア氏はベトナムを中心とした外国人の生活の質向上、日本企業による外国人材活用の推進を目的として、様々な活動を展開してきました。
 主な活動の1つとして、日本政府機関の活動にも積極的に参加しており、直近では国際協力機構(JICA)らが設立した「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」に参加しました。2020年10月には、トヨタ自動車株式会社、日本貿易振興機構(JETRO)、群馬県太田市らがモデレーター、パネラーとして参加した設立フォーラムでは、「ベトナムから見た日本と外国人労働者問題」というテーマで講演を行い、日本政府や日本企業に対して、来日ベトナム人の現状と外国人材受入れに関する日本社会のあるべき姿について広く情報発信を行っています。
 また、他の活動として、来日ベトナム人コミュニティ向けに自身の経験に基づいた日本語の学習法や仕事上でのスキルアップ、キャリア形成に関する情報をベトナム語と日本語の両言語でYouTubeやFacebookといったSNS、ウェブサイトを通じて情報発信活動に取り組んでいます。現在、SNSでは約9万人のフォロワーがおり、来日ベトナム人の生活向上につながることをミッションに掲げ、来日ベトナム人が日本で生活を送る上での有益な情報や役に立つ情報を毎週発信しています。
 

今後の日本・ベトナム関係の活性化に向けて
 ホア氏が設立したONE-VALUEでは、日本とベトナムの経済・ビジネス関係の活性化、日本在住の外国人材の生活向上という2つのビジョンを掲げています。創業から一年半で一人の会社から正社員15名、パート70名の会社に成長しました。また、ONE-VALUEはベトナム人を中心とした外国人材の人材紹介・派遣、人材育成事業に注力しており、介護、エンジニア、ドライバー、といった専門職に加え、ホテル、スーパー、林業、農業、エネルギー、飲食店、医療施設といった幅広い業界や職種に対応した人材事業を展開しています。更に、日本語教育やビジネスマナー研修といった育成を通じて人材の価値を高める活動にも取り組んでいます。日本・ベトナムの関係発展に関するONE-VALUEの今後の活動に注目が集まります。

著者紹介


ONE-VALUE株式会社
代表:PHI HOA(フィ ホア)
日本本社:東京都江東区亀戸2-28-3 アセッツ亀戸 2階
ハノイ事務所:No. 21, Le Van Luong Street, Thanh Xuan, Hanoi, Vietnam
主要事業:経営コンサルティング、人材育成開発及び人材紹介、日越間のビジネスマッチング支援

■ONE-VALUEはベトナムに特化した経営コンサルティングサービスを主に提供しております。具体的にはベトナム市場参入・事業展開アドバイザリー、ベトナム市場調査、M&Aアドバイザリーを日本企業のお客様向けに提供しており、ベトナム政府・民間企業・業界団体とのネットワーク、ベトナムの各産業に関する深い知見と洞察、ベトナム進出支援の実務経験を強みとしています

■また、ONE-VALUEはエネルギー(再生可能エネルギー等)、ハイテク農業、スマートシティ、教育・人材、消費財の5分野をフォーカス分野として注力していますが、その他の分野でも積極的に日本企業のベトナム進出を支援しています

■ベトナムビジネスにご関心のある方は以下からONE-VALUEの専門家へお問合せください

■ONE-VALUEはベトナム市場動向、業界分析等の深い情報を自社ホームページ、TwitterやFacebook等のSNSに掲載しております。また、日本・ベトナム間のビジネス交流ネットワークのFacebookグループも運営していますので、こちらもお気軽にご覧ください

□HP:https://onevalue.jp/
□Email:contact@onevalue.jp
□Twitter : https://twitter.com/onevalue_vn
□Facebook:https://www.facebook.com/onevalue
□Facebookグループページ「日本・ベトナムビジネス交流会」: https://www.facebook.com/groups/779940089431088/ 

Clip to Evernote
最新新着PR情報
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited