【こんな果物見たことない!】ベトナムで食べたい南国フルーツ8選【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】

2020/11/23 12:00 JST配信

みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知らない】ディープなベトナム案内」 では、ベトナムでの旅行やグルメ・文化・ショッピング・その他おもしろ情報を発信していきます。

南国のベトナムで生活する上で楽しみなことの1つに、鮮やかな色のひんやり冷たい果物を味わうことが挙げられます。真っ赤なスイカに齧りついて、口に広がる爽やかさと甘さを感じたり、様々な果物から作るヘルシーで美味しい シントー (ベトナム版スムージー)を飲んだり…、想像しただけで涼しくなりますね!

ベトナムは東南アジアでも フルーツ王国 として知られており、訪れた誰もが数千にも及ぶ品種やその味、変わった形状などに驚かされます。それらはかつて新しい品種を海外で発見し、ベトナム国内に持ち帰って栽培したことが始まりとされています。その後も、多くの生産者や研究者は現状に留まらず、新しい苗木や果物の研究に余念がありません。そんな訳で、今回はベトナムのちょっと変わった果物について、私と一緒に研究していきましょう。日本では見ることのない珍しい南国フルーツに、びっくりすると思いますよ!

小玉スイカ

最初に紹介するのは、小玉スイカです。 ベビースイカ とも呼ばれており、メキシコや中米諸国に起源があります。ベトナム国内では ラムドン省 のダラット市で多く栽培されています。

種を植えると苗木が育ち、画像のように枝に実が成ります。手のひらサイズで重さは200~300g、 熟すと黄色っぽくなり、紫色の筋が浮かびます 。中身の種が少ないのも普通のスイカとの違いです。ベビースイカは甘みが少ないものの、水分をたくさん含んでいるため、砂糖と混ぜてシントーを作るのに適しています。また、 スイカは縁起物 とされており、テト旧正月)にお供え物として飾られます。

ユニークな色合いの小玉スイカ

引用: Chudu24

紫色の竜眼

メコンデルタの名物といえば 竜眼 (リュウガン/ロンガンとも言う)です。ライチよりも小ぶりで、茶色い皮の中にツルっとした白い果肉が入っています。しかし、今回紹介したいのは竜眼の中でも特別な 紫色の竜眼 です。

この紫竜眼は見た目だけでなく産地も特別で、ベトナム全土でもメコンデルタに住むTran Van Huy(チャン・バン・フイ)さんのもとにのみ生息しています。17年前、普通の竜眼を育てていたフイさんの庭に紫竜眼の枝が突然現れ、驚いたフイさんはその枝を切って植え直し、その後枝が成長して綺麗な紫色の竜眼が実ったそうです。フイさんはこの苗木を近所の人にも分け与え、今では彼の住む ソクチャン省 は紫竜眼の産地として全国に知られています 。ただし、タイ・台湾・中国などの国外から苗を求めて来た人には誰にも売らず、「神様がくださったご縁」として、地元で大切に育てているそうです。

鮮やかな紫色の竜眼

引用: 24h.com

2色のココナッツ

次はちょっと不思議なココナッツを紹介します。Nguyen Chi Cuong(グエン・チ・クオン)さんという農業技術者が6年の歳月を経て研究し、繁殖させたとされる アドナ・ココナッツ です。

通常、ココナッツは背の高い木になっていて黄緑色の見た目をしていますが、アドナ・ココナッツは手を伸ばしただけで取れる背の低い木になり、 黄色とオレンジ2色の鮮やかな色合い となっています。この品種は病気に強く、1本の木に300~350もの実をつけ、1個あたりの重さは最大2kgにも上るという生産効率の良さです。1個5万~15万VND(約225円~675円)で売られています。クオンさんはホーチミン市12区にココナッツ農園を持っており、多くの観光客を受け入れています。来園者は生のココナッツを味わったり、付近で釣りや水上自転車を楽しむことができますよ。

綺麗な色合いの2色ココナッツ

引用: Vietnam net

果肉が赤いりんご

りんごといえば赤い見た目をイメージすると思います。今回紹介するのも一見したところ普通のりんご。ただ、齧ると皮だけでなく、 中から赤い果肉が出てくるりんご です。初めて食べる方はびっくりすると思います。このりんごは、2014年にスイス人がベトナムに輸入したことが始まりです。次第に好んで食べる人が増え、今では多くの農家で栽培されています。2色ココナッツのように低い木(高さ1~2m)になり、病気に強く、外来種ながらベトナムの気候に合う、育てやすい品種です。18~24ヶ月ほどで収穫できます。

いくつかの研究資料によると、この赤いりんごは栄養価が高く、 ビタミンが豊富で抗酸化作用がある など、健康にとても良いそうです。もし私の家に庭があれば、絶対にこのりんごを育てます!鮮やかな赤色が綺麗ですし、育ちやすくて栄養もあって美味しい!メリットしかありません。

切るとびっくり!ぜんぶが真っ赤!

引用: Hat Giong

本文の続きはこちら → VIETJO LIFE「第15回【こんな果物見たことない!】ベトナムで食べたい南国フルーツ8選

コラム「【日本人が知らない】ディープなベトナム案内」の一覧はこちら → 「【日本人が知らない】ディープなベトナム案内

(本記事は、2020年11月16日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。)

著者紹介
ICONICベトナム
ベトナムで転職実績No.1を誇るICONICです。ベトナムでの転職支援・求人紹介を行っています。ベトナムの生活情報をお届けするブログも運営しており、ベトナム旅行、ベトナム料理、文化、ショッピング、その他おもしろ情報を発信中!生活に役立つ情報を現地からお届けします。

>> ベトナムでの転職・求人ならiconicJob

>> 海外転職・アジア生活ブログ
【日本人が知らない】ディープなベトナム案内
その他の記事はこちら>
※VIETJOは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved 免責事項

新着ニュース一覧

 ホーチミン市1区グエンフエ通り68番地で6日、「阮(グエン)朝王宮博物館」と「ベトナム54民族宝飾品博物...
 金融系サイト「InsiderMonkey」がこのほど発表したアジアの美女大国トップ20によると、ベトナムは韓国...
 日刊紙「中央日報」などを擁する韓国のメディア企業である中央グループ(JoongAng Group)傘下のテレビ局...
慣れない海外生活、急病や事故
何かあってからでは遅い!
今すぐ保険加入【保険比較サイト】
 北部紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡ソンホー村に暮らすブー・ミン・ハンさんは、愛車の「ミ...
 財政省は、政府に提出した特別消費税法改正案の中で、ビール・アルコール類の特別消費税(SCT)をロード...
 韓国電力公社(KEPCO)とベトナム電力グループ(EVN)はこのほど、気候変動に対応する新技術、および次世代...
 中国の大手自動車メーカーである奇瑞汽車(Chery Automobile)傘下のオモダ&ジェコ自動車(Omoda & Jaeco...
 11日に行われた米国カリフォルニア州サンフランシスコ市当局の投票の結果、ベトナム語が同市の公用語の...
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、ニャチャン湾内の4区域でのダイビング活動の試行案...
 調査会社スタートアップブリンク(StartupBlink)が発表した「グローバルスタートアップエコシステムイン...
 インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によると、ベトナムと海外を結ぶ光海底ケーブル5本のうち...
 労働傷病兵社会省児童局のダン・ホア・ナム局長は、このほど開かれた児童労働の防止をテーマとしたセミ...
 欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)に輸入されるベトナム製の即席めんを含む輸入食品に対する規制を7月2日...
 英国タイムズ紙(The Times)が発行する高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(The Time...
 デシジョンラボ(Decision Lab)が発表した「2024年のトラベルブランドランキング」によると、
トップページに戻る