ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第47回】ベトナムの小売は現在どうなっているのか?

2019/06/19 08:40 JST配信

ベトナムの小売市場は、2018年の年間平均成長率が10%を超え順調な成長を見せています。その 成長を牽引しているのが、コンビニやスーパーマーケット、デパートなどのチェーン展開を行なっている店舗 です。パパママショップのような伝統的な小売店舗が未だに大多数を占めるベトナムとはいえ、都市部を中心に多くのチェーン店舗が展開されるようになっています。

そんなベトナムの小売店舗の昨今の特長について、大きく3つを取り上げて見たいと思います。

チェーン店舗の地方展開

1つ目はスーパーやデパートなどの地方展開です。これらの店舗数の変化を見ると、ホーチミン・ハノイの二大都市の伸びよりも、その他の地域の伸びが高くなっています。これは ダナンカントーハイフォン などを含む中級都市にショッピングモールなどが進出 しているためです。これに伴い、フィットネスジムや映画館などの地方展開が促進され、地域の若者の生活が少しずつ変化を見せています。

M&Aなどの小売再編

2つ目は小売店舗ブランドの再編です。近年、多くの小売店がベトナムに進出していますが、その全てが上手く行っているわけではありません。フランス資本の小売大手Auchan(オーシャン)グループはベトナム進出から数年で 先日撤退を決めShop&GoFivimart などの小売店、 Vietnthong A のような家電店も Vingroup(ビングループ) 傘下となりました。また昨年一気に店舗を増やした MINISOMUMUSO などのいわゆる「ミニストア」の新規店舗展開が鈍化しているように見受けられる一方、 資本力のあるローカル企業が勢いを一層つけています

ビングループによる寡占化

3つ目はビングループの成長を挙げたいと思います。スーパーやデパート、ショッピングモールなどの展開で目立つのがビングループの勢いです。 ビンマートビンマートプラス といった 独自ブランドの展開に加え、積極的なM&A によって、近代小売店舗におけるビングループのシェアは一層高まっています。

例えば、すでにスーパーの3割以上、デパートの7割がビングループ配下の店舗となっており、コンビニに関しても、先日買収したShop&Goを加えると半数以上のシェアを保持することになります。

数年前と比較すると、明らかにお金持ちが増え、ベトナム消費者の出費傾向も変わってきているとは言えますが、その成長を小売店が十分享受できているかというとそうとも言い切れません。思いの外不動産などのコストがかかったり、単価が上がらなかったりと潜在性の高いベトナムとはいえ、計画通りにいかないケースも多く見られるようです。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
FPT加盟のAIアライアンス、世界初の半導体産業特化型AIを発表 (4:17)

 オープンで責任ある人工知能(AI)開発を積極的に推進する業界横断的イニシアチブ「AIアライアンス(AI Alliance)」が共同開発した、世界初の半導体産業特化型オープンソース人工知能(AI)大規模言語モデル(LLM)「S...

6月の対日貿易収支、942億円の黒字 前年同月比▲1.5%減 (3:21)

 日本の財務省が発表した2024年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲1.5%減の941億8500万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+14.4%増の2220億2300万...

ホーチミン:「ベトナムスポーツショー2024」、9月26日から (2:24)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、9月26日(木)から28日(土)まで、「ベトナムスポーツショー(Vietnam Sport Show 202...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

チョン書記長、治療に専念 党序列2位のラム国家主席が代行 (18日)

 ベトナム共産党中央官房は18日、グエン・フー・チョン書記長(80歳)の健康状態に関する政治局の発表を公表した。  発表によると、チョン書記長はこれまで公務と並行して治療を受けてきたが、今後は治療に専...

バンコクの越系6人死亡事件、日本への投資関連で金銭トラブル (18日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人の遺体が発見された事件で、ファム・ミン・チン首相は17日、外務省、公安省、駐タイ・ベトナム大使館宛て...

米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (18日)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (18日)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (18日)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (18日)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (18日)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (18日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (18日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (18日)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (18日)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前年...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved