ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第57回】ベトナム人が利用している人気のアプリは?(2023年版)

2023/03/21 10:00 JST配信

ここ数年でベトナム人のスマホアプリの使い方は大きく変化してきました。以前は情報収集がメインだったのですが、コロナ禍を経てその利用方法はショッピングや支払い、勉強、健康管理など多岐に渡るようになりました。今回私たちは、モバイルアプリの使用状況を追跡するiOSの「スクリーンタイム」機能を利用して、どのようなモバイルアプリをどのくらい利用しているのかの調査を行いました。「スクリーンタイム」機能では、モバイルアプリの過去1週間の利用時間を追跡することができます。

1日あたりのスマホ利用時間は6.2時間

ベトナム人は1日に平均6.2時間をスマートフォンに費やしています。当社では本調査を毎年行っているのですが、コロナ禍でリモートワークやオンライン学習などを強いられていた昨年と比較すると利用時間はわずかに減少しています。特に若者の間での利用時間は長めです。一方で、1週間に利用しているアプリの数は平均20.5アプリでした。皆が多く利用しているアプリベスト10は下記の通りで、ソーシャルメディア・メッセージングアプリが中心です。

これだけ様々なアプリを利用している一方で、日常的に利用しているアプリはいくつかのアプリに集中しています。ベトナム人消費者はスマートフォンアプリの利用時間の約2/3をFacebook、Zalo、TikTok、Messenger、そしてYouTubeの5つのモバイルアプリだけに費やしています。特にFacebookは利用時間で最も利用されているアプリとして君臨しており、Facebookが世界的に人気がなくなって久しいことは噂されていますが、ベトナムではこのトレンドは当てはまらないようです。

2023年の3つのトレンド

本調査では多くの面白い発見がありましたが、その中から2023年の3つの主要なトレンドをピックアップしたいと思います。

一つ目のトレンドはTikTokの人気です。動画カテゴリーでは、YouTubeのユーザー利用割合はTikTokよりも多いものの、利用時間で見るとTikTokに費やす時間はYouTubeの倍以上となっています。この結果はTikTokのコンテンツにどれだけ中毒性があり、ベトナムのユーザーを強く引き付けている様子を示唆しています。特にTikTokは10代後半から20代前半の若者に人気があり、多くの企業がTikTokをマーケティングに利用する背景となっています。

2つ目のトレンドは、PC-Covidアプリの利用者がほぼいなくなった点です。Covid-19によって私たちの活動が制限されてからしばらく経ちましたが、現時点ではコロナ関連アプリを利用している人はほぼ0となりました。このアプリの利用状況からもコロナはベトナムでは既に過去の出来事であったことが伺えます。

最後のトレンドは、アプリ利用の多様化です。例えば、57%がオンラインショッピングアプリを、42%がライドシェアやデリバリーのアプリを利用しています。その中でも最も大きな変化は決済やオンラインバンクのアプリで75%の人が何かしらのアプリを利用していました。それぞれのカテゴリーでの競争も激化しており、例えば、ライドシェア・デリバリーのアプリではGrabが独占的なポジションを勝ち取る中、GoJek、ShopeeFood、Be、Baeminなどとのシェア争いも激化しています。また、モバイル決済アプリではMomoの利用度が断トツである一方で、銀行系のオンラインアプリの利用も増えています。以前は現金志向の国として知られていたベトナムですが、最近の数年間でベトナム人が金融を管理する方法は劇的に変化しました。

アプリの多様化によって、ベトナムでの生活の多くがデジタルによって便利になっています。今後もこの傾向は進む一方で、デジタル事業者の淘汰も進むのではないかと予想されます。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チョン書記長の国葬で最高レベルの航空保安対策を適用 (6:51)

 7月19日に死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬に伴い万全な体制を確保すべく、交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は、空港や航空サービス施設、航空会社などに対し、最高レベルに当たる「レベル1...

ベトジェットエア、エアバスからA330neo型機20機を購入 (6:27)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、英国の首都ロンドンで22日に開幕した航空展示会「ファーンボロー国際航空ショー2024」で、仏エアバス(Airbus)との

「ATM」でごみを預けて現金化、セメント会社のユニークな取り組み (5:28)

 クアンニンセメント建設[QNC](Quang Ninh Construction And Cement)は2022年4月、「Vracbank−ごみを預けてお金をもらおう」をキャッチコピーに、ベトナムで初めて「ごみを受け付け

87歳で大学院生に、生涯学び続ける元教師 (21日)

 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと思います」。南部メコンデルタ地方カントー市にあるカントー大学の修士課程の入学式で、新入生のグエン・...

元資源環境次官を逮捕、鉱物違法採掘事件で 中国への密輸も (5:16)

 西北部地方イエンバイ省で発生した鉱物違法採掘事件で、資源環境省の元幹部とイエンバイ省資源環境局の幹部・元幹部ら計7人が起訴、または在宅起訴された。  最高人民検察院が逮捕状などの関連書類を承認し...

プロサッカー選手・スタッフ3人の交通死亡事故、追突トラックの.. (4:02)

 南中部高原地方ザライ省人民裁判所は22日、道路交通法に違反して3人を死亡させたとして、同省在住のトラック運転手であるディン・ティエン・ビン被告(男・37歳)に禁固10年の判決を言い渡した。  ビン被告が...

アジアのベストバー、トップ100にベトナムから3軒ランクイン (3:20)

 英メディア「ウィリアムリード(William Reed)」はこのほど、2024年度版「アジアのベストバー50(Asia’s 50 Best Bars)」を発表した。ベトナムからベスト50に入ったバーはなかったが、ベスト100には3軒がランクイ...

ニップン、ベトナム子会社をドンナイ省に設立へ (2:23)

 製粉事業や食品事業を手掛ける株式会社ニップン(東京都千代田区)は、ASEAN地域における同社グループの業務用商品などの販売拡大を図るため、ベトナム子会社を設立する。同社グループにとって、ベトナムは5か国...

チョン書記長の国葬に菅総理特使が参列へ (23日)

 ベトナム政府は20日、グエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26日に行うと発表した。  日本からは、総理特使として菅義偉前内閣総理大臣(日本ベトナム友好議員連盟最高顧問)が、25日に参列する。  ...

経営支配者逮捕のSCB、2年足らずで100店舗近くが閉鎖 (23日)

 華人系不動産大手VTPグループ(Van Thinh Phat Group)と密接なコネクションがあるサイゴン商業銀行(SCB)は15日と18日の両日に、出張所9か所の閉鎖を発表した。  VTP会長のチュオン・ミー・ラン被告(女・68歳...

1~6月期の国内旅客輸送量、ベトジェットがシェア44%で最多 (23日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)のデータによると、2024年1~6月期の旅客輸送量は前年同期比+3.7%増の3700万人余りで、うち国内旅客が同▲18%減の1700万人余り、外国人旅客が同+38.6%増の約2000万...

ホーチミン:中心部トンドゥックタン通りの地下トンネル化を計画 (23日)

 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、同市人民委員会に2030年までのトンドゥックタン(Ton Duc Thang)通りトンネル建設プロジェクトを優先投資計画に組み込むよう提案した。  トンドゥックタン通りトンネル(...

FPT情報通信、クアラルンプールに2か所目の事務所開設 (23日)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はこのほど、マレーシアのクアラルンプールに新事務所を開設した。同市2か所目の事務所となる。  同オフィスは

ベトナム空港、バックアップシステムでWindows障害の影響回避 (23日)

 世界各地で「ウィンドウズ(Windows)」搭載パソコンでのシステム障害が発生したが、ベトナムの各空港では、バックアップコンピューターシステムへの早期切り替えにより、この障害による影響を回避することができ...

24年の建国記念日は4連休、首相が労働省提案に同意 (23日)

 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の建国記念日(9月2日)に伴う休暇について、2024年8月31日(土)~9月3日(火)の4連休とする労働傷病兵社会省の案に同意した。  チン首相は、関連機関や企業などに建...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved