ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第73回】2024年ベトナムのECトレンド:急成長と変わる消費者行動

2024/06/12 00:00 JST配信

取引量から見るベトナムECトレンドについて

ベトナムの電子商取引(EC)業界は大幅に成長し、metric.vnによると、2023年5月から2024年6月までの取引額は3,798百万USDから5,645百万USDへと48%増加しました。この成長は、2023年の全体的な小売市場のトレンドである9.6%の増加を大きく上回り、オンラインショッピングがオフライン小売に比べて急速に拡大していることを示しています。取引金額から見るECで最も人気のあるカテゴリは、美容とホーム&ライフスタイル製品となっています。一方、最も成長が著しいカテゴリとしては、スポーツ&旅行が73%、家庭用電化製品と電話・タブレットカテゴリがそれぞれ64%の成長率を示しています。

消費者のEC利用方法の変化

一方、オンラインショッピング利用者を対象に行った消費者調査からもいくつかのトレンドが見て取れます。本調査によると54%が毎週オンラインショッピングを利用しており、オンライン購入の頻度が一層高くなっていることがわかります。カテゴリー別で見ると、美容やファッションカテゴリでは、消費者の半数がオンラインを主要な購入チャネルと捉えるなどオンラインショッピングは一層浸透しています。一方で、食品の購入などやはり品質などへの懸念や配送スピードからオフラインチャネルを好む傾向が残っています。

ベトナムの消費者がオンラインショッピングを利用する主な動機は、価格とプロモーションの二つが挙げられます。多くのベトナム人消費者が価格関連の要素をモチベーションとしてオンラインを利用しており、オンラインで販売する事業者にとっては如何に魅力的なプロモーションを準備するかが重要になってきます。

ベトナムにおけるプラットフォーム人気

プラットフォーム別の人気を調べると、Shopeeが依然として圧倒的な人気を誇っており、64%の消費者が最も利用するプラットフォームとして回答しています。TikTokは2番目に人気のあるプラットフォームとして利用の高まりが顕著で、利用度の面ではLazadaやTikiなどの大手プラットフォームを上回る一方で、Facebookなどの他のソーシャルネットワークからもシェアを奪っているようにうかがえます。Shopeeは競争力のある価格、プロモーション、製品の多様性などの特長から支持を集めており、TikTokは、商品情報の充実やレビュー、楽しいショッピング体験などに秀でることから利用者を増やしています。

利用カテゴリーで見ると、ShopeeとLazadaはほとんどの製品カテゴリで広く利用されている一方、The Gioi Di DongやDien May Xanhのような専門ECショップがあるIT製品については専門ECの割合が高く、若者の購買が多い美容分野ではTikTokやFacebookのようなソーシャルコマースの人気が高まっています。

伸びるECと事業者の課題

オフラインの小売成長度よりも高い成長率で成長しているECによって今後もベトナム人のオンラインショッピング利用比率は高まっていくものと考えられます。これらの成長はキャッシュレス決済方法の進化や配送サービス等のオペレーションの一層の改善により、更に促進されると考えられます。一方で、競争が激化する中でECにて商品を販売する事業者にとっては引き続き魅力的な価格とプロモーションを実施していく必要があり、利益の確保という面での課題を抱えることになりそうです。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
卒業式に伝統の「越服」を組み合わせたアカデミックガウンが人気 (20日)

 今年の卒業シーズンには、アカデミックガウンにベトナムの伝統衣装「越服(Viet phuc)」を組み合わせ、個性を出す若者が目立つ。  これは、東南部地方ドンナイ省の女子高生が、卒業式に着用するアカデミック...

世界とアジアの人気の体験、ベトナムから多数選出 (20日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「2024 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト・アクティビティ」を発表した。  部門別ランキングのベトナムのアクティ...

ホイアン:世界文化遺産登録25周年記念イベントを11~12月に実施 (20日)

 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市では、11月23日から12月4日にかけて、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録25周年を記念したイベントを開く。12月4日は、旧市街への入場料を無料とする...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

グエン・フー・チョン書記長が死去、80歳 ベトナム最高指導者 (19日)

 グエン・フー・チョン書記長が、ベトナム現地時間19日13時38分、ハノイ市の第108軍隊中央病院で死去した。80歳だった。  これに先立つ18日、ベトナム共産党中央官房はチョン書記長の健康状態に関する政治局...

ベトナムゴム工業の土地違法販売、ホーチミン市人民委元副主席ら4人を逮捕 (19日)

 企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)傘下の国内最大手の天然ゴム栽培・加工会社ベトナムゴム工業グループ[GVR](Vietnam Rubber Group)と系列企業および資

ベトナム首脳陣、銃撃被害のトランプ前米大統領に見舞いの電報 (19日)

 ドナルド・トランプ前米大統領が東部ペンシルヴェニア州バトラーで開いた支援者集会で演説中に銃撃されて負傷したことを受け、ベトナムの首脳陣が見舞いの電報を送った。外務省のファム・トゥー・ハン報道官が1...

南シナ海の大陸棚境界線を主張、国連大陸棚限界委員会に文書提出 (19日)

 ベトナム外務省は17日、南シナ海(ベトナム語では「東海」と呼称)中部の海域におけるベトナムの200海里を超えて広がる大陸棚の境界線を主張する文書を国連大陸棚限界委員会(CLCS)に提出した。  これは、1982...

中国BYDオート、EV3車種を発売 価格410万円から (19日)

 中国の自動車メーカーである比亜迪汽車(BYDオート=BYD Auto)は18日、ベトナムで小型ハッチバック「ドルフィン(Dolphin)」、スポーツ用多目的車(SUV)「アット3(Atto 3)」 とセダン「シール(Seal)」の電気自動車...

パリ五輪ベトナム選手団が出陣式、出場16選手中12人が女子 (19日)

 ハノイ市で17日夜、2024年パリオリンピックに出場するベトナム選手団の出陣式が行われた。代表団は39人から成り、このうち16人(男子4人・女子12人)が選手。ベトナム代表選手らは今大会で11競技に参加する。出場...

うつ病で自分の頭に5cmのねじを打ち込む、男性一命取り留める (19日)

 北中部地方タインホア省総合病院は17日、5cmのねじを頭に打ち込んだ患者を救う手術を行ったことを発表した。  L・Q・Tさん(男性・63歳)は、ねじが頭蓋骨を貫通し、脳に深く刺さっている状態で病院に運び込...

ハナム省が韓国海外インフラ公社と提携、スマートシティ造成へ (19日)

 韓国海外インフラ都市開発支援公社(KIND)はこのほど、北部紅河デルタ地方ハナム省人民委員会との間で、ハナム省におけるスマートシティ開発の協力で覚書(MOU)を締結した。  覚書の締結を機に双方は、ハナム...

ショッピー配送会社、ビンズオン省で自動仕分けセンターを着工 (19日)

 電子商取引(eコマース=EC)大手ショッピー(Shopee)の配送サービスを提供するSPXエクスプレス(SPX Express、旧名:ショッピーエクスプレス=Shopee Express)は16日、東南部地方ビンズオン省のビンズオン工業団地...

チョン書記長に最高栄誉の金星勲章を授与、政治局決定 (19日)

 ベトナム共産党政治局は18日、グエン・フー・チョン書記長にベトナムの最高栄誉勲章であるサオバン(金星)勲章を授与することを決定した。  これに従い、トー・ラム国家主席は、チョン書記長が党と国に多大...

ハノイ市党委書記にホアイ中央国民運動委員長、初の女性トップ (19日)

 ベトナム共産党政治局は17日、政治局員、書記局員、中央国民運動委員長を務めるブイ・ティ・ミン・ホアイ女史をハノイ市共産党委員会書記に任命した。これにより、首都ハノイ市で初めての女性トップが誕生した...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved