VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[コラム]

【第6回】失敗しないアパート探し[前編]・・・入居後トラブルTOP3【VIETJO LIFEコラム:[ロジ・ポジ]】

2018/06/27 12:00 JST更新

small>(本記事は、2018年6月26日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。)

皆さん、こんにちは。 廣済堂HRベトナム の堀岡(ほりおか)です。

ベトナムをロジカル(ちょっと辛口)に分析し、ポジティブに解説する[ロジ・ポジ]。今回は、ベトナム滞在3年半にして早くも引越8回を数える筆者が、 ベトナムでのアパート探し をロジカルに分析します。日本人がベトナムでポジティブに生活ができるよう、失敗しやすいポイントや入居後のトラブル事例を[前編]と[後編]に分けて解説を行います。これから部屋を探される方や、引っ越しを考えている方には有益な情報になるはずです。

ベトナムの住居

ホーチミンやハノイといったベトナムの都心部では、間口が狭く(5mくらい)奥行きが長い(18mくらい)建物が多く見られます。歩道ギリギリにまでせり出し、左右の隣家とぴったり接しているのが特徴です。敷地面積の割に高さがあるため、まるで薄いマッチ箱を縦にしたような、地震の多い国から来た日本人にとってはハラハラしてしまう光景が並んでいます。

そして、すぐには見つからない狭い共用の隠し通路(?)を通って建物の背面にたどり着けば、別の入り口から1階の店舗を通らずに上の階に行けるようになっています。


実はこのような構造上、部屋の間取りに制約が出てしまい、リビングが暗い住宅が多いです。この点は[後編]で解説します。

まず、アパートを規模で大別すると、?マッチ箱を立てた5階建て前後の個人経営アパートと、?日本でいうマンションのような大型住居に分類でき、ベトナムではこれらをまとめてアパートと呼びます。

さらに、日中不在の時間帯を利用して掃除・洗濯やベッドメーキングといったホテルのようなサービスを提供するアパートがあり、「サービスアパート」と呼ばれています。便利なサービスなので特に単身者には人気が高いようです。

入居後に起きるトラブルTOP3

日本人がベトナムのアパートに住み始めると、どんな問題が起きるでしょうか。ベトナム系の大手不動産会社の経営者に話を伺ったところ、入居後の相談やトラブルで多いのは次の3点だそうです。

1.[設備故障]テレビ・クーラー・冷蔵庫などの家電製品や備え付けの家具が壊れた

筆者自身も冷蔵庫の故障に見舞われ、冷凍していた焼き肉用の食材が全滅になりました。しかも、修理が完了したのは1ヶ月も後でした。

2.[サービス不備]メイドがしっかり掃除してくれない(サービスアパートの場合)

サービス内容はアパートによって異なります。掃除は週何回するのか、洗濯はアイロンがけを含むのかといった、頻度や内容は事前のチェックが必要です。いつの間にか部屋に置いてあったものがなくなったという話もたまに聞きます。掃除は床やトイレだけにして、整理整頓は自分でしておきたいものです。

3.[設備不備]インターネットがつながらない。日本のテレビが映らない

インターネットが切れる理由は様々です。Wi-Fiが広く普及していて、もともと電波が大変込み合っている上に、しばしば 海底ケーブルが切断 されるインフラ系の原因が加わります。Wi-Fiで現在主流となっている2.4GHz帯周波数(IEEE 802.11b/g/n)は電子レンジの干渉を受けて、遅くなったり切れたりします。Wi-Fiルーターの設置場所も確認したいところです。

それでは、筆者の失敗談を元に、日本人が気を付けるべきポイントを解説します。


本文の続きはこちら → VIETJO LIFE「【第6回】失敗しないアパート探し[前編]・・・入居後トラブルTOP3
コラム「[ロジ・ポジ]」の一覧はこちら → 「[ロジ・ポジ] 

[]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる