ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

改正兵役法でベトナムの兵役はどう変わったか

2016/03/03 17:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 2015年6月、国会で改正兵役法が可決され、2016年1月1日に施行された。2月にはこの改正兵役法に基づく初めての徴兵で、全国各地の青年らが人民軍に入隊した。改正兵役法でベトナムの兵役がどう変わったのか、以下にまとめて紹介する。

兵役の概要

◇徴兵回数:年1回
◇入隊時期:2~3月
◇兵役期間:24か月
◇兵役対象:18~25歳の男性(自ら志望し、軍にも需要があれば、18歳以上の女性も可)

兵役義務の一時免除対象

◇教育機関の正規課程に在学中の学生(兵役義務を一時免除し、兵役の対象年齢を27歳までに引き上げる。ただし、入学手続き完了前に入隊令状が届いた場合、兵役義務の一時免除対象とならない)
◇良好な健康状態にないことが認められた者
◇労働能力を有さない、または労働年齢でない家族を1人で養う者
◇事故・天災・疫病により深刻な人的・物的被害を受けた世帯の者
◇労働能力の61~80%を失った枯葉剤被害者または病兵の子供
◇実の兄弟姉妹が人民軍に入隊中の者
◇人民警察の職に就いている者
◇3年以内に国の社会経済開発プロジェクトで経済社会状況が特に困難な地方に移住した者
◇経済社会状況が特に困難な地方に赴任している公的機関の公務員、公的組織の職員、ボランティア

兵役義務の免除対象

◇烈士(戦死した軍人・従軍者など)または1級傷兵の子供
◇烈士の唯一の兄弟
◇2級傷兵の唯一の子供
◇労働能力の81%以上を失った枯葉剤被害者または病兵の子供
◇人民軍・人民警察以外の機密・重要業務執行者
◇経済社会状況が特に困難な地方に24か月以上赴任している公的機関の公務員、公的組織の職員、ボランティア

兵役義務を果たしたと見なされる対象

◇地元警備隊の隊員として活躍し、常任隊員として12か月以上勤務した者
◇村の警察として36か月以上勤務した者
◇予備仕官としてランク付けられた公的機関の公務員、公的組織の職員、大学卒業以上の者
◇短期大学・大学を卒業し、自ら志望し経済国防集団で24か月以上勤務した者
◇漁業巡視船で24か月以上勤務した者

兵役を逃れた者に対する処分

◇健康診断受診の命令状で指定された時刻及び場所に出頭しなかった場合、80万~120万VND(約4080~6120円)の罰金
◇健康診断結果を偽造した場合、200万~400万VND(約1万0200~2万0400円)の罰金
◇入隊令状で指定された時刻及び場所に集合しなかった場合、150万~250万VND(約7650~1万2800円)の罰金
◇罰金処分を受けたにもかかわらず再度兵役を逃れた場合、禁固3か月~5年

[Tuoi Tre 10:40 (GMT+7) 25/02/2016, A ].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [法律]
第14期第7回国会が閉幕、改正教育法やアルコール被害防止法など7法案が可決 (17日)
 第14期(2016~2021年)第7回国会は14 日、5月20日から6月14日までの20日間にわたる会期を終えて閉幕した。  グエン・ティ・キム・ガン国会議長の閉幕の挨拶に先立ち、国会は、◇土地法が施行された2013年~20...>> 続き
国会、改正公共投資法を可決―ずさんな投資防ぐ規定も (17日)
 国会は13日、90.7%の賛成多数で改正公共投資法を可決した。同法は2020年1月1日に施行される。  同法では、公共投資の行政管理、公共投資資金の管理・使用、公共投資事業に携わる機関・組織・個人の権利・...>> 続き
改正刑事判決執行法が可決、受刑者も社会保険加入が可能に (17日)
 国会は14日、91.5%の賛成多数で改正刑事判決執行法を可決した。同法では、受刑者の権利などを規定している。同法は2020年1月1日に施行される。  同法によると、受刑者にも10種類の基本的な権利が与えられ...>> 続き
国会、アルコール被害防止法を可決―酒類飲んだら運転禁止 (17日)
 国会は14日、84.3%の賛成多数でアルコール被害防止法を可決した。同法は7章36条から成り、2020年1月1日に施行される。  同法の注目点は、「血液中または呼気中にアルコール濃度がある状態での交通手段の運...>> 続き
「出国税徴収を」、出入国法案の意見聴取で議員が提案 (14日)
 第14期(2016~2021年)第7回国会は12日、出入国法案について意見聴取を行った。元観光総局副局長のグエン・クオック・フン議員は、ベトナム国民の出国時に手数料を徴収するよう提案した。  フン議員は、一部...>> 続き
これより過去の記事は、法律記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)