ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本特許庁とベトナム知的財産局、特許審査ハイウェイの対象件数倍増へ

2019/02/26 12:52 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 日本の特許庁とベトナムの知的財産局は、両機関の間で実施されている特許審査ハイウェイ(PPH)について、4月1日より知的財産局が受け付ける申請の上限を年間100件から200件に倍増するとともに、PPHの試行をさらに3年間実施することに合意した。

 PPHは、第一庁(出願人が先に特許出願をした庁)で特許可能と判断された出願について、出願人の申請により、同庁とこの取り組みを実施している第二庁において簡易な手続きで早期審査が受けられるようにする枠組みのこと。

 近年ベトナムでは、ビジネス環境の整備が進み、自動車・電子・電気関連をはじめとする企業が多く進出している。こうした企業が円滑にビジネスを行うには特許権を活用することが必要だが、ベトナムの特許審査には長い時間がかかり、知的財産局が出願を受け付けてから最初に審査結果を出すまで平均3年以上を要している。

 このような状況を踏まえて、日本の特許庁は、2016年4月1日から知的財産局との間でPPHの試行を開始した。これにより、日本で特許審査を受けた者がベトナムで早期に特許権を取得することが可能となった。知的財産局に対してPPHの申請がなされた出願については、平均して約10か月で審査結果が出ている。

 しかし、これまで知的財産局が受け付けるPPH申請の件数は年間100件に限られていた。過去3年間、日本からベトナムへのPPH申請はいずれも早期(2018年度はPPH申請受付開始から2日)にこの上限に達しており、上限の引き上げがユーザーから強く求められていた。

[2019年2月19日 経済産業省ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
大正製薬、ハウザン製薬を連結子会社化 (6:08)
 大正製薬ホールディングス株式会社(東京都豊島区)の連結子会社である大正製薬株式会社(東京都豊島区)は、地場製薬最大手ハウザン製薬[DHG](Hau Giang Pharmaceutical)を連結子会社化した。  これに先立ち、...>> 続き
ハローキティのテーマパーク、ハノイに21年開業―サンリオと地場BRG (20日)
 ベトナムでゴルフ・リゾートを運営する地場BRGグループ(BRG Group)は19日、ハノイ市で建設を計画している屋内型テーマパーク「サンリオ・ハローキティワールド・ハノイby BRG(Sanrio Hello Kitty World Hanoi b...>> 続き
店舗流通ネット、ベトナムに特定技能1号のトレーニングセンター開設 (20日)
 レストランプロデュース事業やビルソリューション事業などを手掛ける店舗流通ネット株式会社(東京都港区)は、日本の新在留資格である特定技能1号の取得を目指す「TRN外食業トレーニングセンター」をベトナム国...>> 続き
山田コンサルティンググループ、ハノイ支店を開設 (17日)
 経営コンサルティング事業や不動産コンサルティング事業などを手掛ける山田コンサルティンググループ株式会社(東京都千代田区)は6月3日、ベトナム連結子会社である山田コンサルティング&スパイア・ベトナム(YA...>> 続き
北九州市とDEEP C工業団地、企業進出支援でMOU締結 (17日)
 福岡県北九州市と紅河デルタ地方ハイフォン市のDEEP C(ディープシー)工業団地は11日、ディープシー工業団地に進出する北九州市の企業に対して投資優遇などにより企業の進出支援を行う覚書(MOU)を締結した。 ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)