ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

「マイナンバー」導入、19年までに全国で

2018/02/05 15:17 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 行政手続き簡素化・国民関連書類・国民データベース指導部(第896指導部)が報告した2017年の活動結果と2018年の行動計画によると、2017年に行政手続き27種が撤廃、1146種が簡素化されたほか、書類284種の一部が削減された。また、国民関連書類9種も簡素化された。

 特に、16省・市で「個人識別番号(マイナンバー)」により個人を管理するPET樹脂製の新たな身分証明書の交付を展開しており、これまでに800万枚を交付した。同指導部の部長を務めるチュオン・ホア・ビン副首相は、2019年までに全国でマイナンバーを導入するよう促している。

 公安省は、新身分証明書の交付と共に、国民データベースの作成を進めている。2020年末までに新身分証明書の交付と国民データベースの作成を完了する見通しだが、資金不足により同事業は期待通りに進んでいないという。

Clip to Evernote
[Zing, 11:52 26/01/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ドイツ、ベトナムに英アストラゼネカ製ワクチン260万回分を追加供与 (5:02)
 ドイツ政府から供与された英アストラゼネカ(AstraZeneca)製ワクチン計260万回分がホーチミン市に到着し、27日に外務省の事務所で引き渡し式典が催された。  式典には、トー・アイン・ズン外務次官や在ベト...>> 続き
新型コロナ:28日の市中感染4583人、他にホーチミンの3417人が抗原検査陽性 (28日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、34省・市で市中感染者4583人が新たに確認された。海外からの入国者6人も陽性となった。  また、ホーチミン市の感染リスクが「高い...>> 続き
気候変動による水没リスクが高いアジア10都市、ベトナムから2都市がリスト入り (28日)
 米国ニュース専門放送局CNBCはこのほど、2070年までの気候変動による水没・洪水リスクが最も大きいアジア10都市のリストを発表した。この中には、ベトナムの商都ホーチミン市と北部紅河デルタ地方ハイフォン市...>> 続き
ハノイ:28日から屋外スポーツ活動やショッピングセンターの営業を再開 (28日)
 ハノイ市人民委員会は27日午後、直近4日間で市中感染が確認されなかったことを受け、社会的隔離措置の更なる緩和を決定した。同日付で公布された公文書によると、28日以降、屋外でのスポーツ活動やショッピング...>> 続き
ホーチミン:10月1日から社会的隔離措置を大幅緩和、再開可能な事業・活動計画案 (28日)
 ホーチミン市人民委員会のレ・ホア・ビン副主席は、ニューノーマル(新常態)に向けた社会的隔離措置の緩和に関する計画案を発表し、同市直轄トゥードゥック市と各区・郡の自治体の意見聴取を行っている。10月1日...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited