ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

末期の乳がんで出産した女性、治療続け息子の1歳を迎える

2020/06/02 06:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) Tuoi tre
(C) Tuoi tre 写真の拡大

 ハノイ市のがん専門病院であるK病院で29日、奇跡的な生還から1年を迎えたある母子にダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席から6月1日の「国際児童の日」のプレゼントが贈られた。

 2019年5月22日、末期の乳がんだったグエン・ティ・リエンさん(当時28歳)は、K病院で帝王切開により体重1.6kgの男の子を出産した。男の子は平安への願いを込めて「ビン・アン(平安)」と名付けられ、このほど1歳の誕生日を迎えた。

 ビン・アンくんはリエンさん夫妻の第2子。リンさんは妊娠5か月に入った2019年3月20日に末期の乳がんと診断された。夫妻は困難を覚悟の上で出産する決断を下し、胎児に影響が及ぶことのないよう妊娠中は治療を中断した。出産当時、リエンさんのがんは肺に転移しており、横になると呼吸ができなくなってしまうため、帝王切開は座位のまま行われた。出産後は母子それぞれがすぐに専門科で治療を受けた。

 低体重で生まれたビン・アンくんは、同市の中央産婦人科病院で様々な治療を受け、2か月で体重は2.4kgまで増えた。K病院で化学療法を受けていたリエンさんも奇跡的な回復をみせ、同年7月13日に退院。翌々日の15日にはビン・アンくんも退院し、北部紅河デルタ地方ハナム省の自宅に戻った。

 「家に帰ってその日が来るまでビン・アンのそばで過ごしたいとだけ考えていたのが、まさかこうしてビン・アンの1歳の誕生日を迎えることができるなんて思ってもみませんでした」とリエンさん。

 1歳になったビン・アンくんの体重は9kgで、元気に成長している。リンさんはこれまでに抗がん剤の投与15クールを終え、がん細胞は消滅。髪の毛は抜けてウィッグをつけているが、体調は安定しているという。しかし、転移の可能性は否めないため、毎月3日間入院し抗がん剤投与と定期健診を続けている。

 プレゼントの贈与式でティン国家副主席は、リエンさん親子の生還はベトナムのがん治療の伝説になるだろうとコメントした。

[Tuoi Tre 16:51 29/05/2020 / Vnexpress 16:08 29/5/2020, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ、新たに39人陽性で感染者789人に 死者10人 (14:56)
 保健省の7日午後6時と8日午前6時の発表によると、ベトナム国内で新たに計39人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。海外からの入国者4人を除き、いずれも南中部沿岸地方ダナン市から広がった市中...>> 続き
ハノイ:公共の場でのマスク非着用に罰金 8月7日から (7日)
 ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン主席は7日朝に開かれた政府と地方自治体によるビデオ会議で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として、同日より市内の公共の場でマスクを着用しない...>> 続き
熊本の造船所で働くベトナム人実習生47人が新型コロナ感染 (7日)
 在福岡ベトナム総領事館は5日、熊本県玉名郡長洲町有明にある造船所で働くベトナム人実習生47人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと明らかにした。  この造船所では245人のベトナム人実習生が...>> 続き
ホーチミン:記録的豪雨で市内各地に甚大な被害 8日まで続く (7日)
 熱帯低気圧の影響により、ホーチミン市ではこの数日、夕方から深夜にかけての豪雨が続いており、市内各地で道路の陥没や倒木、道路の冠水、民家の浸水など甚大な被害が発生している。  6日夕方には3時間以...>> 続き
ニャチャン・パスツール研究所、新型コロナ検査の新規受け入れ停止 (7日)
 南中部沿岸地方カインホア省のニャチャン・パスツール研究所は6日、中部11省・市の関連機関宛てに新型コロナウイルス検査の新規受け入れを一時停止する旨の公文書を送付したと明らかにした。  同研究所は、...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited