ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

きっかけは1万VNDの誤送金、運命的に出会った夫婦の物語

2023/05/28 10:10 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 今から7年前、ブー・ティ・トゥエットさんは初めて男性からのメッセージを受信した。しかし、それは口説き文句ではなく、返金の申し出だった。

 東南部地方ビンフオック省在住のトゥエットさんは、今でもそのときのことをよく覚えている。トゥエットさんはその日、携帯電話に1万VND(約59円)をチャージしてほしいと妹から頼まれた。「妹の番号に送金したつもりが、番号を1つ打ち間違えたようで、別の人の携帯電話に送金されてしまったんです」とトゥエットさんは語る。その相手こそが、後に夫となるハイさんだった。

 東北部地方ランソンに住んでいたゴ・バン・ハイさんは、送金があったことに気づいたものの、誰からかはわからなかった。そしてその日のうちに、ハイさんは南部と北部のアクセントが混ざった女性からの電話を受けた。「彼女は返金を求めるわけでもなく、ただ間違えて送金したことを確認したかっただけのようでした」とハイさんは振り返る。

 ハイさんは返金の申し出を口実にしてトゥエットさんにメッセージを送ったが、本当の目的は知り合いになることだった。この誤送金は運命に違いないと信じていたのだ。一方、トゥエットさんはというと、そこまで深く考えていなかった。楽しみを見つけようとハイさんとのメッセージのやりとりに同意したが、障がいを持つ自分に男性が好意を寄せてくれるとは期待もしていなかったという。

 トゥエットさんの脚は生まれつき曲がっていて、病院で骨形成不全症だと診断された。少しの衝撃ですぐに骨折してしまうため、トゥエットさんは小学2年生が終わる前に退学して家で過ごすようになり、4人の妹の世話や料理をしたり、両親が営む食堂を手伝ったりしていた。

 トゥエットさんの妹たちは皆、年頃になると男性にモテたが、トゥエットさんだけは毎日家の中で寂しく過ごしていた。しかし、ハイさんと知り合ってからは、携帯電話のメッセージの着信音が鳴ると心臓の鼓動が速まるようになった。苦労が多く、外の人との関わりもほとんどないトゥエットさんにとって、ハイさんからの電話やメッセージは日々の生きがいとなった。

 2人は1年以上、電話とメッセージだけのやりとりを続けた。そして2016年のテト(旧正月)が近づいたころ、ハイさんは1000kmも離れたトゥエットさんの家に遊びに行きたいと話を持ちかけた。

 トゥエットさんは驚くと同時に、ハイさんが障がいを持つ自分の姿を見たらもう友達でいてくれなくなるのではないかと恐くなり、何も言葉を返すことができなかった。しかし、事実を隠しておくこともできず、トゥエットさんは自分の病気についてハイさんに全て話し、ハイさんが静かに自分から離れていくことを受け入れるために心の準備をした。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 06:00 23/04/2023, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
破れた紙幣を買い取る仕事 (24日)
 「破れた紙幣、買い取りますよ」という声を聞くやいなや、近くの個人商店から男性が飛び出てきて、右端が焼けて縮れてしまった10万VND(約610円)紙幣を取り出した。  破損した紙幣を買い取ってこの道20年余...>> 続き
クリントン元大統領に村山元首相…著名政治家らも訪れたホーチミンのフォー店 (17日)
 ホーチミン市1区にあるフォー店「フォー2000(Pho 2000)」は、ビル・クリントン元米大統領や村山富市元内閣総理大臣、ボー・バン・キエット元首相など、多くの著名政治家が訪れた場所として知られている。  ...>> 続き
サイゴン動物園のゾウたちの知られざる物語 (10日)
 ホーチミン市1区のサイゴン動植物園で暮らすゾウたちは、エリア内を自由に歩き回ることができるだけでなく、定期的に筋肉の動きを測定されたり、歯科検診を受けたりもしている。最も高齢のゾウは今年65歳で、最...>> 続き
30年連れ添う女性同士の「夫婦」、墓地でともに暮らす (3日)
 30年間連れ添ってきた2人は、怒ったり愛したり、離れたりくっついたりを繰り返してきた。そんな今、ファム・ミン・ゴックさん(65歳)の最大の願いは、パートナーであるグエン・ティ・トゥイさん(67歳)の世話がで...>> 続き
家族5人が視覚障がい者、「暗い家」を照らす光と希望 (8/27)
 南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡タムティエン村に暮らすグエン・ズイ・フンさん(男性・71歳)の家族は、フンさんと孫以外の5人が視覚障がい者だ。孫のグエン・ゴック・フオックさんは、このほど大学に合...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved