ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

台湾、ベトナムなど東南アジア7か国のビザ免除措置を緩和

2016/09/12 14:11 JST配信
(C) thesaigontimes, Quang Huy
(C) thesaigontimes, Quang Huy 写真の拡大

 台湾政府は、9月1日よりベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、フィリピン、タイの東南アジア地域7か国及びインドからの観光客に対する入国査証(ビザ)免除措置を緩和した。

 ビザ免除での滞在期間は30日間。ビザ免除の有効期限は90日間で、期限が切れる7日前から延長を申請することができる。有効期限内であれば、何度でも出入国ができる。

 免除対象となるのは、米国やカナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、シェンゲン圏の入国ビザまたは在留カード、永住者カードを有しており、これらが有効期限内または期限の切れた日から10年以内の場合。

 また、◇パスポートの有効期限が6か月以上残っている、◇往復の航空券または乗船券を有している、◇労働者派遣で台湾を訪れたことがないという条件を満たした場合に限られる。ビザ免除は、台湾移民局のウェブサイトで申請できる。

 旧規定によると、ベトナム国民は英国や米国、カナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、シェンゲン圏の有効期限内のビザまたは在留カードを有していなければ、台湾のビザ免除措置を受けることができなかった。

 今回のビザ緩和により、台湾を訪れるベトナム人に有利な条件を整えるほか、台湾の観光発展の後押しにも繋がるものと期待されている。

Clip to Evernote
[Moc Yen, VnExpress, 14:05 (GMT+7) 01/09/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
観光客に対するコロナ検査条件を緩和 観光省ガイダンス (22日)
 文化スポーツ観光省は、新型コロナと安全かつ柔軟に共存していくための臨時措置に関する政府決議第128号/NQ-CPの実現に向けた観光分野ガイダンスを発表した。  ガイダンスによると、十分なワクチン接種を完...>> 続き
ベトナム航空、日本路線の11月運航スケジュールを発表 (22日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は21日、11月1日から11月30日までのベトナム~日本路線の冬季運航スケジュールを発表した。12月1日以降の運航スケジュールについては本社の決定後に通知する。  運航路...>> 続き
ベトジェットエア、11月末までに国内線48路線を運航再開 (22日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は21日、ホーチミン市、ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市の3都市と各省・市を結ぶ国内線の運航を再開した。  このうち、同3都市の間を結ぶ路線...>> 続き
ホーチミン:省・市をまたぐ観光活動、11月再開を計画 (18日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応しながら2022年にかけて市の観光業を回復させていくための計画案を発表した。  計画案によると、市は3期に分けて観光業を段階...>> 続き
アジアベストリゾートトップ25、ベトナムから6か所がランクイン (16日)
 米国の大手旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler=CN Traveller)」が実施した読者投票「リーダーズ・チョイス・アワード2021(Readers Choice Awards 2021)」の>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited